宇宙旅行に行きませんか!?惑星や衛星の謎を探るミステリーツアー

スポンサーリンク



 

『地球を飛び出して、宇宙旅行したいと思わない?』

 

『いやぁ~、家の中がすでに宇宙だから大丈夫!』

 

『!!』

 

 

宇宙旅行がもしできるとしたら、最初にどこに行きたいですか?

 

私は、天の川銀河の旅をしてみたいですね~!

 

 

そこで、今回、宇宙旅行の企画として、太陽系の惑星をご紹介します!

 

近い将来、宇宙旅行も夢じゃなくなるかもしれませんよ!

 

宇宙旅行(インフォメーション)

2004年、アメリカの民間宇宙船『スペースシップ1』が世界で初めて、高度100kmの宇宙空間に到達する偉業を成し遂げました。

 

 

2005年5月、日本で最初に民間宇宙旅行販売について、クラブツーリズムが、ヴァージンギャラクティック社独占契約

 

一般の人でも行ける、宇宙旅行カウントダウンの幕開けです!

 

 

2014年、6人乗りの『スペースシップ2』が開発され、株式会社クラブツーリズム・スペースツアーズが誕生。

 

 

現在2020年ですが、その準備は着々と進められているようです。

 

さぁ!フライトの準備へと行きましょう!

 

 

フライトまでのスケジュール

 

世界中から申し込みをしたお客様が、4日前から空港に押し寄せます。

 

場所は、アメリカのニューメキシコ州・南部にある、民間宇宙港“スペース・ポート・アメリカ”と呼ばれる空港です。

 

※画像はイメージです。

 

ここで初めて、宇宙を一緒に旅する仲間と、手を取りあって、あいさつを交わします。

 

『こんにちは!』

『Hello!』

『ナマステ!』

『チンギス・ハン!』

 

などなど、いろんな言葉が飛び交ってるのでしょうね!

 

 

フライトまでの準備期間

宇宙に行くにはまず、一定の準備期間が必要です。

 

現地のスペース・ポート・アメリカ”で、3日前からトレーニングと、専門医の健康診断などを受けます。

 

※画像はイメージです。

 

ここでは、6人の仲間たちと一緒に訓練を受けるので、チームとしての一体感が生まれるわけです。

 

いよいよ宇宙へ発射!

さぁ!いよいよ宇宙旅行のはじまりですよ!

 

 

おそろいのスーツに身を包み、家族や友人に見送られながら搭乗します。

 

母船の“ホワイトナイツ2”に運ばれながら、私たちの搭乗する宇宙船、“スペースシップ2”が滑走路を離陸!

 

 

高度1万5000メートルのところでホワイトナイツ2と分離し、スペースシップ2の点火で、速度をマッハ33(33G)まで上げていき、一気に宇宙空間に飛び出します!!

 

※画像は(以下略)

 

マッハ33(33G)に耐えられるのか疑問ですが、きっと宇宙船も技術が進歩して、船内は快適になっているのでしょうね♪

 

体験したことのない無重力の宇宙空間へ

 

大気圏を抜け窓の外をみると、空の色がコバルトブルーから紫、藍色となり漆黒へと変わっていくと、『初めて宇宙に飛び出してきた感動』に包まれることでしょう。

 

窓の外に広がる宇宙の星々はまるで宝石のように煌(きら)めいて、大気のない宇宙では星の瞬(またた)きなど、一切感じられません。

 

※画像は(以下略)

 

無重力の宇宙にようこそ!

 

初めての宇宙観光

 

体が宙に浮くようになったら、シートベルトを外します。

 

窓の外を見ると、青く輝く地球が、暗がりの宇宙でポツンと光り輝(かがや)く光景が。

 

※画像(以下略)

 

ガガーリンの『地球は青かった』の一節を思い浮かべる瞬間ですね♪

 

地球の大気と、そして太陽の輝きが、力強くみえることでしょう。

 

参加の条件

 

クラブツーリズム・スペースツアーズによると、参加条件はこのようになっています。

 

実施年:2019年以降運航開始予定

場所 :アメリカニューメキシコ州 宇宙港『スペースポートアメリカ』

料金 :一人当たり25万アメリカドル
    (宇宙旅行フライト費用、そして3日間の準備訓練費用が含まれます)

条件 :18歳以上の健康な方
    (年齢の上限はありません)

引用:クラブツーリズム・スペースツアーズ

※2020年7月現在、25万ドルは約2,640万円です。

2019年以降ですから、今頃、続々と宇宙旅行の予約が入っているかもしれませんね。

 

一度体験したら、きっと人生観が変わっちゃう!

 

 

 

下記の動画では、スペースシップ2を詳しく解説しております。

 

宇宙旅行に興味のある方は、ぜひご覧になってください!

 

【スペースシップ2宇宙旅行CG映像】

引用:YouTube

 

 

宇宙への旅 ミステリーツアーの始まり

スペースシップ2の概要が分かったところで、ここからは”ちょっとした宇宙の旅”に出たいと思います。

 

今回は、筆者がおススメする惑星や外部惑星などについて、お話していきましょう!

 

 

~時は西暦2055年、新たに開発された宇宙船『ギャラクシーX1』がロマンあふれる旅へと誘います~

 

 

惑星ニビル

 

引用:YouTube

惑星ニビルは、今、(オカルト界隈で)もっとも注目されている天体です。

 

3600年周期で太陽系を周っているとされる巨大惑星で、2005年にハッブル宇宙望遠鏡が惑星ニビルらしいものを捉え、NASAが『10番目の惑星(らしき天体)を発見した』と発表しました。

 

さらに惑星ニビルは、地球の5倍の半径と25倍の質量を持つと言われ、天王星や海王星よりひとまわり大きいようです。

 

ニビル星人アヌンナキ

惑星ニビルには、アヌンナキと呼ばれる生命体が暮らしていました。

 

・・・およそ45万年前・・・

大気が宇宙空間に流出し、絶滅の危機に瀕しますが、『黄金のシールド』を張り、危機から脱しました。

しかし、アヌンナキは、まだまだ不足している『黄金』を求めて地球にやってきます。

 

紀元前3500年前、現在のイラク南部あたりで、非常に高度な文明『シュメール文明』が発達しました。

シュメール文明の発達は、惑星ニビルからやってきた『アヌンナキのおかげ』だとも言われています。

 

惑星ニビルには、”私たちと同じような生命体が、今もなお、息づいているのではないか?”と思うとワクワクしませんか!?

 

 

ニビル星人アヌンナキは、地球に高度な文明をもたらし、様々な知識も与えてくれました。

 

アヌンナキには会えなくても、ニビル星人の現在の姿を、一目見てみたいものですね!

 

 

関連記事:この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます。

地球上にいる宇宙人の種類【性格と特徴】

2020年5月19日

 

オウムアムア

引用:YouTube

オウムアムアは、2017年に太陽系の外から飛来し、地球の近くを通り過ぎていった天体です。

 

ハワイのマウイ島・ハレアカラ山頂に設置された天体望遠鏡で観測されました。

 

オウムアムア

オウ・ムアムアは、ハワイの言葉で『偵察者』を意味しています。

  • 細長い葉巻のような形
  • 数時間ごとに明るさが10倍まで変化する
  • 回転周期は7.34時間
  • 長さは180メートルから400メートル
  • 幅は100メートル

このように、ちょっと変わった天体です。

 

オウムアムアは、極端に長細い“葉巻型”をしているので、惑星や小惑星などの『重力によって引き裂かれた断片』ではないかという説もあります。

 

一方で、オウムアムアは、隕石に擬態したUFOではないかという説も。

 

『昔から耳にする”葉巻型UFO”は、オウムアムアのような”隕石型UFO”のことなんじゃないの?』と想像すると、ワクワクしてしまいますね。

 

 

オウムアムアに到着したら、宇宙人がわんさかいて、帰りはちゃっかり宇宙船に乗っていた!なんてことがあったら一大ニュースです!

この時、船内では乗組員の粋な計らいで、乗客に葉巻を配っていたことは言うまでもありません(笑)

 

 

関連記事:こちらの記事もおススメです。

未確認飛行物体(UFO)とロズウェル事件【主な目撃情報】

2020年5月7日

 

土星

引用:YouTube

土星は太陽系の6番目の惑星で、惑星の中で唯一”環(わ)”をもつ惑星です。

 

土星は中心にだけ固体が存在し、主要成分はガスで覆われた巨大ガス惑星でもあります。

 

 

地球の9.5倍の大きさにも関わらず、一日が10時間という自転速度で、29.5年で太陽のまわりを1周(公転周期)します。

 

 

土星の輪の厚さは、厚いところで1,000メートル、もっとも薄いところで、およそ10メートルしかありません。

 

意外に土星の輪が薄っぺらいことがわかりました(笑)

 

 

この土星の環に侵入すると、多くの氷や岩石などが目につきます。

 

ギャラクシーX1 は、船体を傷つけないように静かに、そして慎重に氷や岩を避けて通ります。

 

 

突然、氷や岩が飛来してくる可能性もあるので、モニターを見ながらの操作になります。

 

土星の輪を通過したところで、次の目的地は地球に昔からあるブラックナイト”を目指し、いよいよ帰還です。

 

 

ブラックナイト(黒騎士衛星)

引用:YouTube

ブラックナイトは、およそ1万3000年前から地球の上空に存在すると言われている、謎の衛星です。

 

ギャラクシーX1は、地球に着陸する前に、ブラックナイトに近づいていきます。

 

 

『ブラックナイトは、宇宙人が地球を監視するために作られたの!?』

 

はたまた『1万2,000年前に滅んだ、ムー大陸の超古代文明が打ち上げた遺物!?』

 

それとも『単なる宇宙ゴミ!?』

 

 

様々な説がありますが、なんと!ブラックナイトは50年以上前から謎の電波を発信しているというではありませんか!!

 

1928年、スコットランドの天文学者ダンカン・ルナンが電波を解析した結果・・・

 

 

電波の発信元は1万3000年前に月の近くに存在していた衛星で、その衛星は『うしかい座のイプシロン星の宇宙人』が送り込んだものだと判明したそうです!

 

 

ならば、イプシロン星の宇宙人と仲良くするために立ち寄って、ご挨拶しなければ!

 

『こんにちは!地球人です!仲良くしましょう!』と、手を差し出してやんわり断られたら、心が折れます(泣)

 

 

このあとギャラクシーX1は、大気圏に突入し、地球に帰還します。

 

宇宙旅行に行きませんか?不思議な惑星や衛星をめぐる旅 まとめ

宇宙の旅はいかがでしたか?

 

 

宇宙にはまだまだ謎の惑星や衛星が、数えきれないほどあります。

 

 

もしかすると、一番身近にあるのに気づかない衛星もあるかもしれません!

 

そして、私たちの地球を静観しながら、静寂の闇の中で息をひそめて見守っている惑星があるかも?!

 

 

いずれにしても、私たちは、地球の謎を解いてからでないと、宇宙の謎を解けないのかもしれませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

この記事がみなさんのお役にたてれば幸いです♪

 

 

カテゴリに戻る

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

rika

本業の宿泊業の傍らフリーランスをしています。小・中学校は本が好きで推理物、ミステリーなど読んでいました。【興味があるもの】宇宙・生命体・銀河・ビッグバン・言語【好きな音楽】POP・R&B・ROCK 【将来の夢】レクサスに乗ること・猫を飼うこと。