仕事のストレス解消法5選!原因を根本から解決する方法も教えます!

上記の名前タグをクリックすると、【添削者のスキル】や【執筆メンバーの成長過程】がわかります。女性限定ライティングサロン「Site New Tourism」入会検討時の参考としてご確認ください。

「あなたは仕事にストレスを感じていますか?」

こう聞かれたら「ありません!」と元気よく答えたいところですが、現実はなかなかそうもいかないですよね。

そこで大切なのが、仕事のストレスを手軽に解消する方法

なぜなら、転職などの大掛かりなストレス解消は、気軽に実践できるものではないからです。

その点、ストレスを感じたときに手軽に解消できる自分だけの方法を知っていたらいかがでしょう?

きっと気持ちを切り替えやすくなり、心が少し軽やかになるはず

この記事では、仕事のストレスを解消したいと思っているあなたへ、手軽に実践できる解消法と、ストレス源を根本から解決する方法をご紹介いたします。

目次

手軽に実践できる仕事のストレス解消法5選

仕事でストレスを感じた時、気持ちを切り替えることができたら少し楽になります。

そこでここでは、気持ちの切り替えをお手伝いするために、手軽に実践できるストレス解消法を5つお伝えします

1.愚痴をこぼす

家族や友人など気心の知れた人に、つらい気持ちを吐き出してみましょう。

愚痴をこぼしてもストレスの原因解決はできませんが、それでも声に出して誰かに話すだけで、気分がスッキリして、心が軽くなります

さらに、一人で抱え込んでいては気づかなかったことが発見できるかも。

愚痴はこぼしたくないと思う気持ちは素敵ですが、必要以上に我慢することはありませんよ。

聞いてくれる人に感謝しながら心のモヤモヤを発散して、心と身体を健康に保ってあげましょう。

2.趣味や娯楽に没頭する

趣味や娯楽は仕事と違い「やらなければならない」というプレッシャーがない気楽なものです。

日常生活から離れ没頭すると、一時的にも仕事のストレスを忘れられますし、前向きな気持ちになれます

ちなみに筆者の没頭する趣味は「休日の昼間に自宅で映画を観ること」。

リラックスできるルームウェアに着替えて、買ってきたお気に入りの紅茶とお茶菓子を用意したら準備完了。

昼間からのんびり映画を観る贅沢な時間は、ストレス解消に繋がっていると感じます。

あなたの趣味はなんですか?

好きなことを頭の中で思い描いてみましょう!

3.軽い運動をおこなう

ストレッチなど軽い運動をおこない、深呼吸をして体内に空気をたくさん取り入れてみてください

体を動かしてみると、すっと頭が冴えてネガティブな気分を解消しやすくなりますよ。

「運動なんてしんどいし、やる気がでないよ!」というあなたも大丈夫!

動画配信サイトやSNSには、手軽に運動を始められるコンテンツがたくさんあるのでおすすめです

椅子に座ったままできるストレッチ動画や、お家の中で音を立てずに運動できるもの。

わざわざトレーニングウェアに着替える必要もありません。

特におすすめなのが、5分ほどの短い時間で運動できるものです。

スキマ時間にさくっと身体をリフレッシュさせてみてくださいね。

その場で立ち上がって大きく背伸びをするだけでも、背筋が伸びて気持ちがスッキリしますよ

4.とにかく寝る

ストレス解消の一番手軽な方法は「寝る」ことかもしれません。

睡眠は、身体や頭を休ませる最大の癒やし行動です

家に帰ったらベッドに直行したい!が実現できる方は、ぜひやってみてくださいね。

私の生活スタイルではそれができない!というあなた。

十分な睡眠時間を取ることができないときは、「睡眠の質」を高めてみてはいかがでしょうか

寝室や枕元に使用するピローミストなど安眠グッズを導入するのもおすすめです。

リラックス空間を作って、とにかく良く寝ましょう!

5.ご機嫌になるご褒美を用意する

あなたがご機嫌になる瞬間はどんなときですか?

「これをやると自分はご機嫌なれる」というご褒美や習慣があれば、気持ちを切り替えやすくなります。

例えば、こんなご褒美はいかがでしょうか。

  • いつもはコンビニで買うスイーツを、思い切ってデパ地下で買う
  • 早起きしてゆっくりとドリップコーヒーを淹れ、朝日を浴びながら飲む
  • いつもより一駅手前で降りて、のんびり家まで歩いてみる
  • お気に入りの音楽をまとめたプレイリストを作り、気分をあげる

ぜひ、自分に合ったご褒美を見つけてみてくださいね。

自分の取り扱い方を知ってさえいれば、きっと心から気分転換ができるでしょう

仕事のストレスがどうしても解消できない場合は?

これまで、手軽に実践できるストレス解消法を5つお伝えしました。

でもストレスの原因によっては、これだけでは心が軽くならないこともありますよね。

その時は、「今なぜわたしはストレスを抱えてしまっているのか」という原因を追求することで、解消への道標が見えてくるかもしれません。

人間関係、仕事の質や量など、ストレスを感じる瞬間は人それぞれです。

ここからは手軽ではないけれど、ストレスの原因を根本から解決するおすすめの方法を3つお伝えいたします。

1.ストレスになっていることを紙に書き出す

あなたが今しんどいと感じていることを、とにかく紙に書き出してみてください。

筆者も経験がありますが、頭の中のことを書き出すだけで、新しい気づきを得られます。

これはすぐ解決できそうだとか、これは自分ではどうしようもできないから誰かに相談するしかないなど、頭の中が整理されますよ。

それだけで、少し気持ちが軽くなるはずです。

書き出すのが難しい方は、簡単に行えるストレスチェックを利用してみてはいかがでしょうか。

厚生労働省が運営している、働く人のメンタルヘルス・サポート「こころの耳」では、3分でセルフストレスチェックができます。

質問に対する選択肢をクリックするだけなので、回答の負担も少ないです。


ストレスの原因となりうる要因についても診断してくれるので、とても便利ですよ♪

参考)厚生労働省.3分でできる職場のストレスセルフチェック

2.ストレスの原因を具体的に理解してくれる人に相談する

手軽に実践できる仕事のストレス解消法5選の一つでは、「愚痴をこぼす」とお伝えしました。

家族や友人に話を聞いてもらうと気持ちが軽くなりますよね。

ただストレスの根本を解決するには、原因をより理解してくれる人に相談してみるのが一番です。

職場の人に相談すると、意外にも「大した悩みではないのかも」と思えることもあるかもしれません。

より原因が掘り下げられて、早期解決に繋がり、気持ちの整理ができることもあります。

悩みは一人で抱えていると、知らず知らずのうちに肥大化しがちです。

あなたのストレスを具体的に理解してくださる方に一度相談してみてはいかがでしょうか。

でも人に相談をするって、ほんとうに手軽ではないですよね。 まだ周りに打ち明ける勇気が出ないという方は、本から勇気をもらうのもおすすめです。 書籍だと、「心配事の9割は起こらない」。漫画だと「メンタル強め美女白川さん」。どちらも物事を前向きに感じられる要素がたくさん散りばめられた内容です。気になったかたはぜひ読んでみてください。

3.転職する

ストレス解消を実践したり、相談もした。だけど改善される傾向が見られない。

そのような場合は、環境を変えるのも一つの手です

これまで頑張り続けてきたあなたはえらいです。

追い込まれる前に、一歩踏み出してみてください。

少しほかの仕事に意識を向けてみると、今の仕事を客観視でき、ストレスを解消法を冷静に考えられるきっかけになるかもしれません。

自分に合った仕事のストレス解消法を見つけて心を豊かにしよう!

ここまで、手軽に実践できるストレス解消法5選とストレスの原因を根本から解決する方法をお伝えしてきました。

手軽に実践できるストレス解消法

  1. 愚痴をこぼす
  2. 趣味や娯楽に没頭する
  3. 軽い運動を行う
  4. とにかく寝る
  5. ご機嫌になれるご褒美を用意する

根本からストレスを解決する方法

  1. ストレスになっていることを紙に書き出す
  2. ストレスの原因を具体的に理解してくれる人に相談する
  3. 転職する

今はしんどくても、過ぎ去ったら必ず過去のことになります。

仕事のストレスを解消し、自分をご機嫌にできる方法を見つけましょう

自分に合ったストレス解消法を見つけておくと、ちょっとくらいつまずいたって平気です。

あなたの時間を大切に、心を豊かにして健康的に働いてくださいね。

仕事のストレスを解消するには、仕事の取り組み方を見直してみるのも大事かもしれません。

こちらの記事で、そのヒントをご紹介しています!

気になった方はぜひ覗いてみてくださいね。

あわせて読みたい
ストレスの原因はわかってもらえない仕事量!試してほしい解消法4選 私だけなんでこんなに忙しいの。 忙しいのに、また仕事を振られて処理できてないのに更に増えてしまった。 他の人の楽しそうな雑談がイライラする。 こんな気持ちになっ...

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

あなたの温かいコメントでサロンメンバーは次も頑張れます♪

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる