【仕事が面白くない20代女子】原因と仕事が楽しくなる4つの方法!

上記の名前タグをクリックすると、【添削者のスキル】や【執筆メンバーの成長過程】がわかります。女性限定ライティングサロン「Site New Tourism」入会検討時の参考としてご確認ください。

WEBライターに興味のある方へ

この記事はKaeさんのSNT入会後6記事目の記事です。試験・添削はがーこが担当しました。ライティングの実力を可視化するために、入会前の無料添削時と同じキーワードで執筆しています。読み比べると成長を確認していただけます。
無料添削時:https://itudemodokodemo.com/shigoto-enjoy-howto

「副業でWEBライターに挑戦してみたい方」「文章力に自信がない方」「ライティングでワクワクする経験をしたい方」は、ぜひこちらのSNTパンフレットをご覧ください。

最近、仕事面白いですか?

面白くなくても、たとえやりがいを感じていなくても「仕事なんだから……」と諦めていませんか?

仕事の時間は人生の大半を占めます。

充実している!という感覚を持って取り組めた方が楽しいに決まってますよね!

しかし、自分の仕事になぜ、楽しさを見出せないかを深く考えたことはありますか?

この記事では、私が20代の頃に経験した実体験をまじえながら、仕事が面白くない原因と今より仕事を楽しめる4つの方法をご紹介します!

目次

仕事が面白くないと感じる原因は?

仕事が面白くないと感じる原因を大きく2つに分けて考えてみます。

  • 自分自身に原因がある場合
  • 職場環境に原因がある場合

では、この2つの原因を詳しくみていきましょう。

仕事が面白くない原因が自分自身にある場合

自分自身に原因があるとはどういうことでしょうか?

自分の力が100%出せていない

自分の能力やパワーを思ったように発揮できていますか?

「頑張っているのに、うまく成果につなげられない」

「なかなかスキルが身に付かないし、仕事をこなすのに時間がかかってしまう」

こんな悩みを抱いているなら、要注意です!

苦手な業務や教えてもらっても覚えられないと感じるような仕事内容は、自分に向いているとはいえないでしょう。

自分の強みや好きなことは何ですか?

今一度、仕事と自分の得意不得意を見つめ直してみましょう。

これ以上の成長が見込めない

初めは覚えることに必死だった業務も、仕事が慣れるにつれ効率よくこなせるようになっていくものです。

しかし、同じことを繰り返すような仕事に退屈さを感じていませんか?

人間は、少し挑戦できるような壁が目の前にある方が「やってみよう!」という意欲が湧く生き物です。

「この仕事を続けて、これ以上の成長が期待できるのだろうか」という不安から、仕事が面白くないと感じているかもしれません。

自分の理想とギャップがある現実

今の会社に入る前に抱いていた理想はありましたか?

もし、今がつまらなかったとしても「大丈夫!これは目標の通過点にしか過ぎない!」と考えられる人は、前向きにがんばれるでしょう。

しかし、誰もがそんな人ばかりではありません。

やりたいことと大幅に異なっている部署であったり、現状がやりたい仕事には程遠いような業務であったりするとモチベーションは下がってしまいます。

職場環境に原因がある場合

今の職場環境に問題がある可能性もあります。

人間関係がうまくいっていない

この世の中は、人間関係で構築されているようなもの。

PR TIMESによると、2019年に株式会社キャリアデザインセンターが実施した職場の人間関係についてのアンケート調査では、57%の女性が「職場の人間関係に悩んでいる」と回答しています。

それくらい女性にとって職場での人間関係は重要なことです。

仕事に対するやりがいも職場が楽しくなるのも、良い人間関係があってこそ。

仕事が面白くないのは「人間関係に問題があるから」なんてことはありませんか?

給料が見合っていない

「どうせ、頑張ってももらえる給料少ないし……」

このように感じてしまったらやる気は出ませんよね。

プライベートを楽しむためには、ある程度のお金が必要です。

筆者の私も20代の頃、前職で「スキルと給料が見合ってない」と、思い切って直談判したことがあります。

結果、少し考慮され給料を上げてくれました。

今までの経験などを踏まえて配慮してくれる会社もあるので、勇気を出して伝えてみてもいいかもしれません。

休みが少ない

プライベートが潤っていれば、自然と仕事にも力が入りますよね。

当たり前ですが、休日が少なければプライベートな時間が取れなくなります。

仕事とプライベートの比重が崩れると悪影響が出ることもあります。

例えば「身体」という点で考えると、日頃溜まっている疲労をとり、身体を休める意味があります。

十分に休むことができなければ、体調も悪くなり、仕事にも支障が出てきてしまうでしょう。

仕事が面白くなる4つの方法

仕事が面白くない原因に当てはまるものはありましたか?

ここからは、どうしたら仕事が楽しくなるのかをご紹介していきます。

具体的には、以下の4つです。

  1. 周りに相談する
  2. しっかり休暇を取る
  3. 副業を始めてみる
  4. 転職先を探してみる

周りに相談する

あなたが仕事に面白さを感じられないことを周囲に話してみましょう。

もしかしたら、自分の中だけに留めておきたい人もいるかもしれませんね。

しかし周りに相談すると、自分とは違う視点や考え方に触れることができます。

そこから、仕事が楽しめるようになる突破口が見つかることもありますよ!

アドバイスを得られなくても、話しているうちに自分の感情が整理されて新たな気づきにつながることも考えられます。

しっかり休暇を取る

自分の時間が取れないことに対する不満があるならば、思い切って休みを取りましょう。

ここで重要なポイントは、会社が休暇を取りづらい場合でも、覚悟を決めて休みを申し出てみること。

実際、私も休みが取りにくい職場にいた頃に、周りの目を気にせずに休みを取得したことがありました。

連日の残業続きで体力の限界だったからです。

休息が取れていない時は、自分を優先させることが最重要です。

意識的に休みをとることで、休みが終わった時に「仕事がしたい」と前向きになれますよ。

副業を始めてみる

興味のあることや好きなことで副業を始めてみることもおすすめです!

副業のメリットは、収入が増えるだけでなく、自分のやりたいことにもチャレンジできること

私も保育士をしていた傍ら、趣味であったヨガを生かしてインストラクターの副業をしていた経験があります。

人前で話すスキルが、結果的に本業の方にも良い作用をもたらしてくれました。

何よりも自分の居場所がもう一つ増えた!という感覚が心地よかったです。

また「副業の経験は本業で役に立った?」というアンケートでは、58.3%の人が「はい」と答えています。

引用:日経メディカルプロキャリア

このように、たとえ本業とは関係のない副業だとしても、そこで培った知識や経験が思わぬところで本業の役に立つことは大いに考えられます。

転職先を探してみる

ポイントは転職先を「探す」ことです。

実際に転職をするかどうかは別として、さまざまな業種を覗いてみる意味でおすすめです

覗いているうちに「やっぱり今の職場の方がいいかも」という気持ちが芽生えることもあるでしょう。

実際、私はこの経験で転職することをやめました。

他に目を向けると意外と今の職場の居心地の良さに気付くことがあります。

もちろん自分に合いそうな場所が見つかれば、転職してもいいですよね!

特に「人間関係がうまくいっていない」という問題は、簡単には解決ができないことも多いと思います。

その場合は、異動願いを出すことや転職をおすすめします。

仕事が面白くない時にやってはいけないこと

仕事がつまらないと感じる時にやってはいけないこともあります。

愚痴をこぼす

「相談する」ことと「愚痴をこぼす」ことは似ているようで異なります。

特に女性は、友達何人かで集まると愚痴大会のようになってしまうことありませんか?

しかし、愚痴をこぼしたところで、根本的な問題は解決しません

それどころか周りには「あの人は会うたびに愚痴ばかりで嫌だな」と、マイナスのイメージを持たれてしまうでしょう。

無理に気持ちを上げようとする

無理に気持ちを上げれば、仕事が楽しくなると考えるかもしれません。

不満から目をそらし自分の気持ちに嘘をついても、心身ともに良い影響はありません

私の友人は、仕事を苦痛を感じているにも関わらず、無理に出社して通勤途中で倒れてしまいました。

以来パニック障害と医師に診断を受け、今は仕事をすることすら難しい状態になっています。

「行きたくない」という気持ちは、素直な心の叫びです。

甘くみずに心の声に耳を傾けてください。

【仕事が面白くない20代女子】今より仕事が楽しくなる4つの方法 まとめ

仕事が面白くない原因に当てはまるものはありましたか?

改めて振り返っておきましょう。

自分自身に問題がある場合

  • 自分の力が100%出せない
  • これ以上の成長が見込めない
  • 自分の理想とギャップのある現実がある 

職場環境に問題がある場合

  • 人間関係がうまくいっていない
  • 給料が働きに見合っていない
  • 休みが少ない

この原因を踏まえ、どのようにすれば仕事が楽しくなるかを、もう1度確認しましょう。

  • 周りに相談する
  • 休暇を取る
  • 副業を始めてみる
  • 転職先を探してみる

大切なことは、現状を見つめ、自分にあった解決方法を探していくことです。

今回の記事があなたの次へのステップに進むための勇気につながりますように。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

あなたの温かいコメントでサロンメンバーは次も頑張れます♪

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる