【音声メディアで稼ぐ!】今始めるメリットと収益可能な6つのアプリ

WEBライターに興味のある方へ

この記事はdoredoremiさんのSNT入会後6記事目の記事です。試験・添削はしょうが担当しました。ライティングの実力を可視化するために、入会前の無料添削時と同じキーワードで執筆しています。読み比べると成長を確認していただけます。
無料添削時:次に来る【音声メディア】で稼ぐ前に確認!メリットと注意点

「副業でWEBライターに挑戦してみたい方」「文章力に自信がない方」「ライティングでワクワクする経験をしたい方」は、ぜひこちらのSNTパンフレットをご覧ください。

読者の皆さまは、ブログやYouTubeをしていますか?

ブログやYouTubeと言えば、個人で配信できて稼げるツールと言われています。

読者様

最初は調子よく続いていたブログだけれど、更新できていない…
わざわざ買ったYouTube用機材は、隅っこでホコリかぶったまま…

「稼ぐ目的で始めたけれど、ほど遠い」「なんとかならないかな」と思っている方に朗報です!

ブログ、YouTubeの次に、「音声メディアの時代」がやって来ます。

筆者

ブログもYouTubeにも乗り遅れたと思っているあなた、最後のチャンスですよ!

「音声メディアの時代」の波に乗って稼ぎたいと興味を持った読者様、今始めるメリットと収益化の仕組みをじっくりご覧ください。

そして、おススメの音声メディアの6つのアプリもご紹介します。

この記事を読まないと今度こそ、時代の波に乗り遅れてしまいますよ。

目次

【音声メディアで稼ぐ】なぜ今なのか?4つのメリット

音声メディアで稼ぐならなぜ今なのか、4つのメリットをご紹介します。

その前に、音声メディアとはどういうものなのか改めて確認しましょう。

音声メディアとは、インターネット上で音声だけを届けるサービス
Podcast Apple/Googleなどが提供
radiko ラジオ局を基盤
音声SNS 音声によってコミュニケーションをとる
などの種類がある

それでは、今すぐ音声メディアを始めるメリットを4つご紹介します。

1.音声メディアの広告市場は急激な上昇傾向 
2.音声メディアは手軽に発信できる  
3.音声メディアと他の媒体でコラボできる
4.音声メディアのながら聴きは超効率的 

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

音声メディアの広告市場は急激な上昇傾向 

まずはデジタル音声広告の市場規模についてのグラフをご覧ください。

  引用:デジタルインファクト

デジタル音声広告とは、インターネットを通して配信される音声を主軸とした広告のことです。

2025年のデジタル音声広告市場は、なんと420億円規模に達すると予測されています。

グラフの急激な上昇は、もうすでに音声メディアで広告収入を得ている人が出ていることを意味しています。

YouTubeを例にすれば、稼げている多くの人たちは、YouTubeが人気になる前から始めています。

筆者

これは市場が伸びてからでは遅いですよ!チャンスです。
自分のコンテンツを作成し、この波に今飛び乗ってください。

音声メディアは手軽に発信できる

こちらのTwitterでも紹介されているように、音声メディアは手軽に始められるツールとして注目されています。

引用:Twitter

YouTubeは配信までに、機材の用意・撮影・編集・初期費用・手間などの労力や時間が必要です。

でも音声メディアであれば、機材はスマホだけです。

録音ボタンをクリックして自分の話したいことを話せば、あなたはすぐに発信者になれます

筆者

YouTubeと比較すると、ハードルはかなり下がりますね。

音声メディアと他の媒体でコラボできる

すでにブログやYouTubeをしている方は、音声メディアと組み合わせて配信するのがおススメです。 

ブログやYouTubeで発信していることの中から、伝えたいポイントを絞って、自分の声で語れば効果大です。

筆者

そこでファンを獲得して自分のブログやYouTubeに来てくれれば、一石二鳥ですね。

音声メディアのながら聴きは超効率的

リスナー側の1番のメリットは、音声メディアのながら聴きができることです。

通勤通学の電車内では、若い人はほぼ全員イヤホンをしてスマホで動画を見ていますよね。

にご紹介するYouTube「音声メディアの将来とは」でブログ界の第一人者のマナブさんも、「すでにスマホとイヤホンは整っているので、リスナーは音声メディアにスムーズに移行できる」と言っています。

そして次に「何かをしながら聴くという効率的な聴き方が、浸透していくでしょう」と力説されています。

引用 YouTube

家事をしながら、通勤途中の景色を見ながら運転しながらなど、他の作業をしながら聞いて情報を得ることは、この忙しい時代に合ってとても効率的ですね。

筆者

私も台所仕事をしながら朗読を聞いて、得した気分です。

リスナーに大きなメリットがあるということは、リスナーが今後もどんどん増えることを意味します。

つまりは、音声メディアの発信者にとっても収益のチャンスが大きく広がります!

【音声メディアで稼ぐ】収益化の仕組みとは?

次に音声メディアでどうやって収益化するのか、その仕組みについて見ていきましょう。

ブログやYouTubeは広告収入ですが、音声メディアは投げ銭システムや月額課金からの収入が基本です。

投げ銭システム
リスナーが直接そのコンテンツに対して料金を払うもの

広告収入や企業によるスポンサーの課金もありますが、今音声メディアで稼いでいる人のほとんどが、投げ銭からの収入を得ています。

筆者

投げ銭システムで稼ぐには、あなたのファンを作ることが一番大切です!

それには、有益なコンテンツを作ることが何よりも重要になります。

【音声メディアで稼ぐ】おすすめの収益可能な6つのアプリ

ここでは数ある音声メディアの中から、比較的収益化しやすいアプリを6つピックアップしました

審査ありのハードルが高い音声メディアもありますが、ぜひ自分にあったものを見つけてください。

音声メディア特徴収益化の仕組み
Spoon
審査なし
韓国発
3000万のダウンロード
SNSのように簡単にライブ配信可能でチャットでリスナーと交流も可能
ライブとラジオの両方配信可能
メインは若い層でエンタメ性の高い配信多い
プロよりも個人の配信者が多い
リスナーからのスプーンという単位の投げ銭機能
チャットで収益化も可能

Radiotalk
審査なし
若い世代に人気 
匿名配信可能
配信時間は12分
効果音などの機能あり
ラジオを配信する機能で手軽に発信
さしいれという投げ銭機能
(さしいれ→ポイント→現金、LINE Pay、Amazonギフト券に換金)
パートナープログラム制
stand.fm
審査なし
本物のラジオ番組に近い形式で配信
簡単にラジオパーソナリティになれる
再生時間に応じて収益(4~6円/時間)
視聴者からの投げ銭機能
月額課金制の有料チャンネル開設
note
審査なし
知名度高い・SEO強い
課金するのに抵抗ないユーザーが多い
無料・有料公開が選択可能
簡単に有料コンテンツを公開できる
himalaya
審査制
中国発
中国で6億人以上にダウンロード
ラジオ・オーディオブック・Podcastに配信
日本でも利用者増加の傾向
ジャンルが細かく分類化
一定のフォロワーがついた配信者のみ、有料コンテンツによる収益化可能
Voicy
審査制
選ばれたパーソナリティが配信可能
声のブログ
専門性高い・学びに関する内容が多い
ビジネス系・雑学・教育関係
企業のスポンサーの課金とリスナーからの投げ銭 無料と有料配信の選択可能
配信者が100円~30000円の範囲で配信を有料化できる(プレミアムリスナー制度) 

興味のある音声メディアをどんどんダウンロードして、聞いてみることから始めてみましょう。

【音声メディアで稼ぐ!】始めるメリットと収益化におすすめ6つのアプリ/まとめ

今回は音声メディアを始めるメリットと、収益化におすすめの6つのアプリをご紹介しました。

音声メディアを今始めるメリット

1.音声メディアの広告市場は急激な上昇傾向 
2.音声メディアは手軽に発信できる 
3.音声メディアと他の媒体でコラボできる
4.音声メディアのながら聴きは超効率的 

そして、音声メディアの収入源はリスナーからの課金がほとんでですので、コンテンツの内容をしっかり作り、あなたのファンを増やしていくことが大切です。

収益化におすすめの6つの音声アプリも、それぞれ特色がありました。

まずは審査なしの音声アプリから始めるのが、すぐ参入できるのでおススメです。

収益化におすすめの音声アプリ

【審査なし】
Spoon  Radiotalk   stand.fm note
【投げ銭のような仕組み有】
Spoon  Radiotalk   stand.fm 
【無料・有料配信選択可能】
note  Voicy
【ブログとコラボしやすい】
note
【若い世代に人気】
Spoon  Radiotalk
【専門性が高い】
Voicy
【ダウンロードの数が多い】
himalaya  Spoon

お伝えしたように音声メディア市場が急速に拡大化していますので、今のこの時期にスタートしましょう。

さあ、あとは自分に合った音声メディアをダウンロードして、あなたの伝えたいことをスマホの録音ボタンでタップするだけですよ。

また昨今は在宅で仕事をする人が増えたのもあって、ラジオアプリの需要が高まっています。

その通信量のかかからない利用法が知りたい方は、是非こちらもお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらからどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる