【SBC添削記事】家にいる時間があなたの強み!今こそ在宅ワークに挑戦しよう!

添削記事アイキャッチ

スポンサーリンク



 

今回の添削は、添削者marieが担当しました。

【タイトルについて】仕事がしたいけど自宅を離れられないと悩む読者様に勇気を与えるタイトルですね。文字数も28文字(「!」は半角で変換し0.5文字カウントとなる為。後程、詳しく解説します)とボリュームも良いです。より強いタイトルにする為に2点だけ、キーワードはなるべく左側にある方が良しとされています。そして、タイトルのマーク(!や?)は文字数節約の為、半角を使用して下さい。
例】「今こそ在宅ワークに挑戦しよう!家にいる時間があなたの強み!」
  「在宅ワークにチャレンジ!家にいる時間があなたの強みになる!?」

 

結婚、出産などを機に今まで勤めていた仕事を辞めてしまった方、自分の使いたいお金が欲しい時どうしていますか?

働く旦那さんに「◯◯が欲しいんだけど買ってよー」と毎回言えないのが現実…

私もやはり毎回言いづらくて、それがすごいストレスになっていき少しイライラしていた時もありました。お恥ずかしい話ですが。

まずは自分の経験を伝えるって大事です。素晴らしい!
「お恥ずかしい話ですが。」の位置について、少し流れが悪くなる感じがするので冒頭に持ってくるか、削除しても良いかもしれません。

・時間はあるけど、子供が小さいから外で働けない

・働ける時間が不規則でなかなか面接に受からない

・自分のペースで仕事がしたい

具体例を出すことによって、読者様の共感を得て興味を引くことが出来ますね。

理由はそれぞれでも「自分で稼ぎたい」という気持ちは一緒ですよね。

そこで、おすすめしたいのが在宅ワークです!在宅ワークと聞いてもあまりピンときませんよね。いったい家でどんな仕事ができるのだろう?怪しい仕事じゃないの?

不安になる方もいると思います。

最近はスマホでブログを読む読者様が多く、PCでは長く感じない文章がスマホ表示だと、何行にもわたって表示されることもあります。なので、なるべく「。」で改行を入れるようにしましょう。
例】
そこで、おすすめしたいのが在宅ワークです!
  在宅ワークと聞いてもあまりピンときませんよね。
  「いったい家でどんな仕事ができるのだろう?」
  「怪しい仕事じゃないの?」
  こういった不安を感じる方もいると思います。

 

そこで在宅ワークとは一体なんなのか?どんなことをするのか?

私が調べた「在宅ワーク」を皆様にご紹介致します!

 

在宅ワークってそもそもどんな仕事?どんな種類があるの?

在宅ワークlaptop

素敵な画像を選んでくださり、ありがとうございます。「見出し2」下の画像は横幅800pxが好ましいです。現在、横幅640pxなのでサイズの大きい同じ画像と差し替えてみましょう。
画像はこの画面左上【メディアを追加】→「画像をアップロード」から登録できます。

在宅ワーク。最近よく聞く言葉ですがそもそも在宅ワークってどんな仕事をするのか分からない方も多いと思います。

私もいまいち在宅ワークの定義が分からないので、天下のWikipedia先生に聞いてみたところ『自宅を拠点にして仕事をすること』とありました。

ここまでの短い文章の中で、在宅ワークという言葉が3回出てきています。冒頭の「在宅ワーク。」という単語を省くか、文章を少し変えても良いかもしれません。「最近よく聞く在宅ワークという言葉、実際にどんな仕事をするのか不思議に思っている方も多いかもしれません。」など

あれ、それだけ?読んで字のごとく、ですね。

家にいながら自分のペースで仕事をすればもうすでに在宅ワークなわけです。

なるほど。とりあえず在宅ワークの定義は分かりましたが、具体的にどういった事をしたらいいのか分かりません。

 

そこでおすすめの在宅ワークを調べてみました。

以下のそれぞれの仕事を「見出し3」で表示すると、より読みやすくなるかと思います。

・データ入力

パソコンにクライアントから指定されたデータを入力していくという、単純な作業ですが正確さが求められるお仕事です。

特に特別なスキルは必要ないので、基本的なパソコンのタイピングが出来れば誰でも挑戦出来る比較的やりやすい在宅ワークです。ただ、やりやすいがために募集が集中するなど倍率が高いものもあります。

 

・ライター

インターネット上に載せるブログ記事や口コミ、商業用の文章を書くのがこのライターという仕事。文章を書くのが好きな方にはおすすめの在宅ワークですが、調べ物をしながら記事を書いたり、最初のうちはとても文字単価が低いので地道に頑張るのが好きな方に向いているお仕事です。

 

・カスタマーサポート

会社でやるイメージが強いカスタマーサポートですが、実は在宅で出来るんです。

電話対応のものなら静かな部屋が必要なのでお子さんがいると難しいかもしれませんが、メールやチャットでの対応だけというケースもあります。会社から直接雇用される仕事なのでマニュアルもありますし、報酬もある程度保証されているのが安心です。

繰り返しになりますが、「。」で改行を入れましょう。

他にも前職でのスキルがあるのなら在宅ワークの種類はもっと広がります!

 

在宅ワークはどこで探せばいいの?安心のクラウドソーシングサービスとは?

在宅ワーク

こちらの画像も横幅800pxへ差し替えお願いします。

いろいろな種類がある在宅ワークですが、どこで探せばいいのか分かりませんよね。

道には落ちていないし、待っていれば勝手に届くものでもない。そう、自ら動かなければ!

そう、自ら動かなければ!」せっかく読者様に発破をかける言葉なのですから、改行をして強調しましょう。

まずクラウドソーシングサービスで探しましょう!クラウドソーシングサービスとは仕事をしたい人と仕事をお願いしたい人をマッチングさせる仲介サイトのようなものです。

クラウドソーシングサービスを使うと、自分のやりたい仕事も簡単に検索出来ますし、金銭のやり取りも間に入ってやり取りしてくれるので安心してお仕事が出来ます。

 

ここでいくつかおすすめのクラウドソーシングサービスをご紹介します。

こちらもそれぞれを「見出し3」で表示されると、より読みやすくなると思います。

・ランサーズ

日本初のクラウドソーシングサービスで、登録数や取引数共に日本最大級です。

仕事の種類もデータ入力、ライター、簡単なアンケートまで幅広い種類から自分にあったものを探す事が出来ます。また、仮払い制度と言って作業前に仮決済をしてくれるので「仕事をしたのにお金が払われない」と言ったトラブルを防ぐ事が出来ます。それ以外にもサービス全体の管理が行き渡っており、カスタマーサポートも充実しているので安心して登録する事が出来ます。

 

・クラウドワークス

ランサーズと同じ程の規模で300万人以上が登録しているクラウドソーシングサービスです。仕事の登録数も多く、自分のスキルや経験にあった仕事を探す事が出来ます。そしてサービス上で安心安全に仕事に取り組んでもらいたいと、悪質案件の撲滅やクライアントとの音信不通になった時のサポートなどに力を入れています。

 

・シュフティ

名前から分かるように主婦層が多いこのクラウドソーシングサービスは隙間時間で出来るお仕事がたくさんあるので、スマートフォンで完結出来るようなアンケートやスキルが不要ですぐに参加出来る仕事などが多いです。

また、主婦の在宅ワーカーさんのインタビューもたくさん掲載されているので、参考になること間違いなしです。

「!」「。」で改行を入れましょう。

 

在宅ワークのメリット・デメリットは?誘惑に弱い人はご用心

在宅ワークgirl

こちらの画像も横幅800pxへ差し替えお願いします。

この在宅ワーク、やはり外に働きに行けない人にはありがたいですよね。

しかし何事にもメリット・デメリットが付きものです。在宅ワークのメリットとデメリットをまとめてみました。

「。」で改行しましょう。

メリット

↑タイトルに「在宅ワーク」を追加した方が、良いかもしれません。

メリットをまず箇条書きで提示し、そこから詳しく解説してみましょう。(リストやボックスを活用)
*ボックスは「Quicktags」内にあります。

・出勤しなくていい&時間の都合がつきやすい

理由があって家から出る事が出来ない。そんな時間に働ける在宅ワークはメリットでしかないです。外に出て働いていると子供が病気になった時や学校からの急な呼び出しなどに対応しづらいですよね、上司の顔色も窺わないといけないし…。

そんな時在宅ワークなら自分の都合でいくらでも対応出来ますし、仕事の時間も決められます。

 

・どこでも仕事ができる

会社や店舗ですと引っ越しの度に辞めたり異動したりしなければなりません。

しかし在宅ワークならPC1つで仕事をする事が出来るので場所を選ばなくていいんです!

家だけではなくたまにはお子さんを連れて公園で仕事をしたり、息抜きがてらにカフェで仕事したりする事だって出来ます。

 

デメリット

↑こちらのタイトルも「在宅ワーク」を追加しましょう。

メリットと同じく、デメリットも箇条書きで提示し、その後解説していきましょう。

・自己管理が難しい

仕事をする場所、する時間を全て自由に決める事が出来る在宅ワークですが、その分自己管理がとても大事になってきます。

外で仕事をすると嫌でも周りの目があるので、サボる事なく仕事を頑張りますが在宅ワークはどうでしょうか?自分以外の人間はおらず、仕事態度を気にする必要もない。

…少しぐらいは、とだらけてしまいませんか?また、好きな時に仕事ができるからと言って朝遅く起きたり、長く昼寝をしてしまったり。

こういう事が起きると仕事の締め切りなどにも影響が出てくるので、クライアントの信用を失い仕事もなくなってしまいます。

ここの文章の中に、タイトルの「誘惑に弱い人はご用心」に関連した言葉をを入れ込みましょう。

・最初から高額な収入はない

始めにいっておきますが、在宅ワークで最初から5万や10万稼げません。

余程のスキル(WEBデザインやシステム開発)があれば別ですが、最初は本当に微々たるものです。最初は単価の低い仕事から始めて、徐々にスキルを身につけましょう。

千里の道も一歩からです。

デメリットも打開策を伝え、マイナスな印象で終わらせていないところが素晴らしいです。

在宅ワークを始めたい人のまとめ

まとめの章ではあるのですが、「まとめ」という言葉を使わないタイトルを考えてみましょう。在宅ワークに挑戦しよう!と読者様に訴える記事ですが、ここが「始めたい人」だと記事に一貫性がありません。
例】「まずは挑戦!在宅ワークを始めてみよう」など

まずは自分に何が出来るのか、何を仕事にしたいのかを考えましょう。
いきなりこの文言から始まると、少し唐突な印象があります。まずは、ワンクッションこの章への導入文を入れましょう。
例】「事情があって家から離れられないけど仕事がしたい‼という方へおすすめの仕事として在宅ワークをご紹介しました。」
せっかくなので、今回の記事で紹介したおすすめの在宅ワークとクラウドソーシングサービスをそれぞれボックスなどでまとめて挿入してみましょう。この記事のおさらいです。 
例】

おすすめの在宅ワーク

  • データ入力
  • ライター
  • カスタマーサポート

 

次にクラウドソーシングサービスをいくつか見てみて、自分にあったサービスを見つけてください。あとは行動あるのみ!

家から出れないから仕事ができない時代はもうありません。家にいる時間がたくさんある事があなたの強みであり武器なのです!

ぜひあなたに合った在宅ワークを見つけてみてくださいね。

ひらがなが続きすぎるとお読みづらさがあるので、「ぜひ、あなたに合った~」など句読点でメリハリをつけてみましょう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

最後に感謝の言葉で締めくくることで、読者様も気持ちよく読み終えることが出来ますね。

 

 

スポンサーリンク


こちらでは当サイト「SBC」の紹介をしています。

\ SBCって何?気になる方はクリック! /

7 件のコメント

  • 【総評】全体的によくまとまっており、読みやすい記事でした。
    特に導入文からまとめ迄、自分の経験を通して読者に寄り添い、時には発破をかける読者ファーストの記事になっている所が素晴らしいと感じました。
    記事の流れも、まず在宅ワークの種類を紹介した後にどこで働けるかという情報に持って行き読者の知りたい情報の流れを考えて構成されていることがわかります。そしてメリット・デメリットの章にだけでなく、仕事内容にも利点だけではないことを組み込みつつ、どういった方向きかを伝えているのもGood。読者に有用な情報であると思ってもらう点で重要です。
    さらに記事の魅力を上げるためには、必要な情報を順に書いていくのも大切ですが、箇条書きで最初に結論を提示することで読者の離脱を防いだり、記事に視覚的なメリハリをつけることも出来ます。
    また、画像選びのセンスも良いですね。優しい色味で女性読者が嫌わない画像だと思います。内容ともマッチしていて、SEO的にも効果があります。
    ぜひ今後も意識して、取り組んでみて下さい。
    素晴らしい記事をありがとうございました。

  • 伊藤です。

    添削ありがとうございました。
    厳しい言葉でぼろぼろに言われたらどうしようかと戦々恐々としておりましたが、そんな事考えるだけ無駄でした。
    優しい言葉で、分かりやすいアドバイス。自分1人で書いていたら決して分からなかった書き方のテクニック。
    「確かに」「なるほど」と頷く事ばかりで大変参考になりました。
    今後も教えて頂いた事を意識して、書いていきたいと思います。
    今回はプロの添削と言う機会を頂き、本当にありがとうございました。

  • 「家にいる時間が強み」という考え方にハッとしました!
    私自身「家にいる」ということをネガティブに捉えていたことに気がつきました。
    家にいる時間を強みに変えることができる、それが「在宅ワーク」なんですね。
    新たな気付きをくださってありがとうございます!
    今はカスタマーサポートも在宅ワークなんですね。
    アマゾンの質問対応や企業のホームページのチャット対応など、もしかしたら在宅ワークかもしれないと想像しました。
    親しみやすい語り口で読者と同じ目線なので、気軽に安心して読めました。
    デメリットの部分で、デメリットだけに終わらずそれを解決する方法がさりげなく書かれているのがいいですね。
    新しい発見のある記事でした。ありがとうございました。

  • 伊藤さん
    初記事、お疲れ様です!

    導入文で、自分の経験を語っているところがいいですね。
    そうなのよ~と私も共感しました。
    “私が調べた”在宅ワークを皆様にご紹介致します!という書き方も独自性が出ていていいなぁと思いました。

    文章もいい意味で砕けていて、最後まで楽しく読むことができました。

    私もカスタマーサポートが在宅でできるとは知りませんでした。

    つじまりさん
    添削お疲れ様です!
    読者の目線に立った添削がとても素晴らしいと思いました。

    具体的に例を出して説明している所も分かりやすく、とても、勉強になりました。
    ありがとうございます!

  • イトウさん
    初記事、読ませていただきました。
    ご自分の経験からの言葉がいいですよね。
    読者も自分のことと置き換えて読むことが出来ると思います。
    それぞれの見出しの下の画像も文章のイメージにピッタリなのがいいですよね。
    なにより、とても読みやすい文章だと思いました。
    クラウドワークスのことを書いてくださっていますが、まさかカスタマーサービスまで在宅でできるとは思ってもいませんでした。
    でも、昨今のコロナ過で企業の問い合わせ窓口もリモート化しているのですし、在宅ということは十分にありえますよね。
    在宅ワークを始めるうえでのデメリットをきちんと書いてあるのがいいですよね。
    雑誌などで在宅ワークを勧める記事はあっても、なかなかここまでデメリットをはっきりとは書いていませんものね。

    marieさん
    添削、お疲れさまでした。
    色々な面を多角的に丁寧にみていらっしゃると思って、こちらも勉強させていただきました。
    どのような部分を改善すればいいのか、なかなかわからない部分ですが丁寧に対応策を書いてくださっているので、わかりやすいですし修正もしやすいですよね。
    いろいろなかたの添削をこうやってみることができるのは、ホントに有益だと感じています。
    今回はありがとうございました。

  • 伊藤さん、初記事お疲れ様でした。
    導入部がとってもいいですね!

    お金の問題は主婦にとってとても大切なことです。
    自分の欲しいものを自分の稼ぎで買いたい!
    主婦なら誰もが思うストレスに、フォーカスしているのが素晴らしいと思います。
    読者の掴み、バッチリですね!

    また、在宅ワークのいいところだけではなく、
    誰もが陥る可能性のあるデメリットもしっかり紹介しているところも、とてもいいと思いました。

    このあと、完成記事も読ませていただきますね!

    marieさん、添削お疲れ様でした!
    時差もある中、大変だったことと思います。
    とても的確で、私もひとつひとつしっかり読ませていただきました。
    ありがとうございました!

  • イトウ様、
    執筆お疲れ様です。

    いきいきとした文章表現で、読んでいてとても楽しかったです。
    また「在宅ワークってそもそもなんじゃい?」という読者向けの説明、その次にどんな在宅ワークがあるのか、そして実際のクラウドソージングサイトを紹介・・・と、記事の構成も素晴らしいと思いました。
    完成記事も読ませていただきますね!

    marieさん、
    添削お疲れ様です。
    ポイントを押さえた内容に、具体例も多くとても勉強になりました。
    これからもたくさん学ばせていただきます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事を添削した人

    marie

    20代の終わり頃、一念発起でオーストラリアへワーホリに行ったらカナダで暮らすことになった酒好きライター。日本時代はアパレル工場職員からラグジュアリーブランド販売員迄経験し、海外に出たら農作業から焼き鳥職人を経てアパレル販売に戻りました。好きなことは、旅・作る・描く・読む・観る・呑む。人当たりの良い人見知り。