【初心者必見】記事作成の6つの手順とコツ5選!読者に伝わる記事をスラスラ書く方法

WEBライターに興味のある方へ

この記事はakimokoさんのSNT入会後6記事目の記事です。試験・添削はしょうが担当しました。ライティングの実力を可視化するために、入会前の添削体験時と同じキーワードで執筆しています。読み比べると成長を確認していただけます。
添削体験時:【オンライン文章添削】記事作成にはコツがある?【初心者必見】これを知るとスラスラ書けてしまう方法
「副業でWEBライターに挑戦してみたい方」「文章力に自信がない方」「ライティングでワクワクする経験をしたい方」には、期間限定で「ライターマニュアル」をプレゼントしています。ぜひこちらをチェックしてください!

読者さま

Webライターの仕事を始めたものの、記事を作成する手順がよくわからないわ……

読者さま

記事を作成するコツがわかればもっと書きやすくなるのだけれど……

記事を作成しようとしても、手順やコツがわからないと、どうやって書いたらいいか悩みますよね。

いままでたくさんの記事を読んできた人でも、読むのと書くのとでは話は別。

いざ書こうとしても最初のうちは手がとまってしまい、なかなか上手に書けないものです。

しかし、いま書けなくて悩んでいたとしても、大丈夫!

手順やコツを知って取り入れて書けば、読者に伝わる記事をスラスラと書けるようになりますよ

記事作成が上手になる6つの手順とコツ5選をお伝えしますので、ぜひ、参考にしてみてください。

目次

記事作成の6つの手順

料理や物を作るときは、ある程度決められたレシピや手順書がありますよね。

最初のうちは自己流で作るよりも、レシピや手順書に従った方が、簡単に作れて完成度が高いものが作れます。

実は、記事作成もそれと同じ。

ある程度決められた手順があるので、手順に従えばスラスラと読みやすい記事を書けるようになります

記事作成の主な手順を紹介していきます。

記事作成の6つの手順
  1. 目的とテーマを決める
  2. 必要な情報をリサーチする
  3. 構成を作成する
  4. 執筆する
  5. 画像の挿入や文字装飾・改行を行う
  6. 推敲・校正をする

1つずつ見ていきましょう。

1.目的とテーマを決める

はじめに、記事を書く目的とテーマを明確にしましょう。

目的とテーマとはキーワードをもとにして「誰に何を伝え、どうなってもらいたい記事なのか」を明確にすることです。

  • 誰に向けた記事を書くのか
  • 何を伝える記事なのか
  • 読んでくれた読者にどうなってもらいたいのか

ほとんどの読者は悩みを解決したくて、キーワードをもとに検索して記事を読み始めます。

目的とテーマを明確にすることで、読者の知りたい情報や解決方法を提示する、満足度が高い記事を作成できます。

2.必要な情報をリサーチする

記事の目的とテーマが決まったら、リサーチを行います。

記事はリサーチ内容で良し悪しが決まるといっても過言ではありません。

良い記事を作成するには、信頼性の高い情報を徹底的にリサーチして集める必要があります。

信頼性の高い情報を集めることによって、その後の記事作成がぐっと楽になります。

3.構成を決める

リサーチで情報を集めたら、記事の中で何をどのような順番で伝えるのか、構成を決めていきましょう。

具体的には、記事の骨組みとなる大見出しと小見出しを作成し、伝える順番を決めていきます。

見出しごとのおおよその文字数も決めておくと、書く量の把握に繋がり、バランスがとれた記事に仕上がります。

4.執筆する

構成が決まれば、リサーチで得た情報を見出しごとにまとめていきます。

読者を意識して、中学生が読んでもスラスラと理解できる簡単な文章で書くことが、記事をわかりやすくするコツです。

5.画像の挿入や文字装飾・改行を行なう

記事を書き終えたら、画像挿入や文字装飾・改行などをして、読みやすい記事に仕上げていきます。

文字ばかりが続く記事は、読者に圧迫感やストレスを与えがちです。

圧迫感やストレスを感じる記事は、いくら良い内容でも、途中で離脱される可能性があります。

離脱を防ぐためにも画像の挿入、文字装飾・改行などを取り入れ、読者にストレスを感じさせない記事を目指しましょう。

6.推敲・校正をする

どんなに誤字や脱字、表現方法などに気を付けて書いていたとしても、あとから読み返すと思わぬミスをしていることがあるものです。

少なくとも2〜3回は声に出して読み直し、さらに一晩寝かせてからもう一度読み直してみましょう。

少し時間を空けることによって、自分の気付きが増え、よりよい記事となる可能性が高まります。

以下のような校正ツールを使ったチェックもおすすめです。

  • 「Microsoft Word」(有料)→文章作成ソフトですが「スペルチェックと文章校正」「表記ゆれのチェック」ができます
  • Enno.jp」(無料)→ユーザー登録不要で使えて、日本語のあからさまなエラーを自動チェックできるWebサービスです

ツールも積極的に取り入れ、避けられるミスは減らしていきましょう。

次は、記事を作成するときに知っておきたいコツを5つご紹介します。

記事作成時に知っておきたいコツ5選

記事作成時にぜひ知っておきたいコツを5つご紹介します。

コツを意識して使えば、読みやすい記事を書けるようになります。

記事作成時に知っておきたいコツ5選
  1. 型を意識して文章を書く
  2. 一文一義を意識して、文は短く
  3. 表や箇条書きを活用する
  4. 漢字とひらがなのバランスを意識する
  5. 同じ語尾を繰り返さない

詳しくご説明していきますね。

1.型を意識して文章を書く

文章にはいくつかの型があります。

型に当てはめて書くと、書きやすいばかりではなく、読者に伝わる文章を書くことができます。

なかでも結論を早く伝え、わかりやすい文章に仕上げるのにおすすめの型はPREP法です

PREP法とは、以下の順番で展開される文章の構成方法です。

  1. Point(結論)→最初に結論を伝え、何について書いてあるかを述べる
  2. Reason(理由)→結論に至った理由を述べる
  3. Example(例)→具体的な例やデータを述べ、主張を裏付ける
  4. Point(結論)→最後に結論を述べて、読者の理解を深める

型を意識することで、わかりやすくて読みやすい文章が書けます。

積極的に使って、読者に伝わる記事を目指しましょう。

2.一文一義を意識して、文は短く

一文は、50文字以内程度にしたほうが読みやすいです。

1つの文で言いたいことは1つに絞って、できるだけ一文を短くするように心がけましょう

3.表や箇条書きを活用する

文章を羅列するより、表や箇条書きを使った方が圧迫感なく、頭にも入りやすくなります

読者の理解を助けるためにも、表や箇条書きを効果的に活用しましょう

4.漢字とひらがなのバランスを意識する

漢字とひらがなのバランスは、およそ漢字3割:ひらがな7割が読みやすい比率です

バランスを意識して、読みやすい記事を目指しましょう。

5.同じ語尾を繰り返さない

連続して同じ語尾が3回以上繰り返されると、単調で稚拙な印象を読者に与えてしまいます

例を見てみましょう。

悪い例
良い例
  1. 同じ語尾が3回続いたら、文末表現を変えます。
  2. 変えないと単調で稚拙な印象を読者に与えてしまいます。
  3. 2回までなら続いても大丈夫だと思います。
  1. 同じ語尾が3回続いたら、文末表現を変えたほうが良いでしょう。
  2. 変えないと単調で稚拙な印象を読者に与えてしまいます。
  3. 2回までなら続いても大丈夫です。

読者に飽きずに読んでもらうためにも、文末の語尾を工夫しましょう。

知っておきたい記事作成の6つの手順とコツ5選

今回は、記事作成時に知っておきたい6つの手順と5つのコツをご紹介しました。

決められた手順やコツを取り入れて書けば、読みやすい記事をスラスラ書けます。

以下の順で書くと、キーワードに沿った記事をまとめやすくなります。

記事作成の6つの手順
  1. 目的とテーマを決める
  2. 必要な情報をリサーチする
  3. 構成を作成する
  4. 執筆する
  5. 画像の挿入や文字装飾・改行を行う
  6. 推敲・校正をする

手順を守ることによって、記事作成が楽になり、読みやすい記事に仕上げることができます。

いきなり書き始めるのではなく、まずは手順通りに書いていきましょう。

また、読みやすい記事を書くには、コツを意識すると仕上がりがぐっと良くなります

記事作成時に知っておきたいコツ5選
  1. 型を意識して文章を書く
  2. 一文一義を意識して、文は短く
  3. 表や箇条書きを活用する
  4. 漢字とひらがなのバランスを意識する
  5. 同じ語尾を繰り返さない

ぜひ、意識して取り入れ、読みやすい記事を目指しましょう。

はじめのうちは、上手に書けなくても大丈夫。

文章は、書くことでだんだん上達します。

手順やコツを意識してたくさん書いていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

【あなたに今だけ無料プレゼント】

【副業を検討している女性の方へ】

先着300名様に今だけ無料配布中!

初心者が挫折せずに楽しくWEBライターに挑戦できるコツを教えます。

活躍中の現役女性ライター27人が初めて打ち明ける、今まで秘密にしていた体験談が手に入ります。

「なぜあの人は稼ぎ続けられるのか?」

こちらの電子書籍をクリックすると、無料でお受け取りできます。

 

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらからどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次