【SBC添削記事】女性必見!!マルチワークで仕事を分ける3つのメリットとは?!

添削記事アイキャッチ

スポンサーリンク



今回の添削は、添削者ぺねが担当しました。

湯川さん、執筆お疲れさまです!

タイトル前半の「女性必見!!」がぐっと目を惹きました!文字数も28文字でばっちりですね!

見出しにもしっかりキーワードも入れて下さり、湯川さんは記事の書き方についてものすごく勉強されているように感じました♪

全体を通して文章の骨格がしっかりしていて、大変読みやすかったです!

お話の展開もスムーズで、記事内でその都度疑問を解消しながら、最後まで楽しく読むことができました♪

実際にマルチワークをされているリアルな声が聞けて、私もすごく勉強になりました!

 

あなたは現在のお仕事にストレスはありますか?

・長い拘束時間

・抱えきれない業務量

・配属勤務先までの通勤苦

・職場の人間関係

・なかなか上がらない給料

 

私は常勤で働いていた頃、このようなストレスを日々感じていました。

これくらいの苦悩は誰にでもあることでしょうが、私はいつも仕事から解放されたいと願っていました。

↑湯川さん自身の経験も織り交ぜてあって、ぜひここからのお話もお聞きしたいなと思いました!

自由を求めて自ら環境を変化させ続け、辿り着いたのは現在のマルチワークという働き方です。

ストレスは少なく、メリットは多く、いわば美味しいとこどりです。

 

「唐揚げ弁当より幕の内弁当の方が飽きないしお得!」

マルチワークは、そんな飽きっぽく欲張りなあなたにぴったりな働き方なのです。

↑例えがユニークでわかりやすく、色とりどりのおかずが並んだお弁当がぱっと浮かびました(笑)

 

今回は私が実感しているマルチワークのメリットとデメリットを正直にお話しします。

あなたもマルチワークを取り入れて、豊かに楽しく働きませんか?

↑湯川さん自身が体感していることを、包み隠さずお伝えするスタンスが素敵です♪

この記事を読んで、取り組んだ方の明るい未来が想像できるような気がしました!

 

マルチワークという働き方

見出しの下にしっかり画像も入れて下さっていましたね♪(画像サイズはサイトによって異なりますが、今回は800pxで設定しています)

マルチワーク(多業)とは1つの仕事のみではなく、複数の仕事を掛け持つ働き方です。

↑マルチワークってなんだろう?という方向けに、簡単な説明があるのはとってもありがたいと思います♪

(表を使うことで内容がひと目でわかりますね!左側にさらに項目を追加してみました♪)

仕事形態

サイドビジネス マルチワーク ダブルワーク
別名 副業 多業・複業 兼業

意味

本業の他に別の仕事をすること。

(本業が収入の柱になる)

本業を持たず、複数(3つ以上)の仕事を掛け持つ働き方。 本業を持たず、2つの仕事を掛け持つ働き方。

 

※一般的には収入を伴わない活動(町内会の仕事やボランティアなど)も「仕事」と定義しますが、この記事では「収入のある仕事を複数する働き方」をマルチワークと呼ばせていただきます。

↑この記事での「定義づけ」がはっきりしていてわかりやすいと思いました♪

日本ではつい最近まで正社員の終身雇用が当たり前でした。

しかし昨今では、多くの企業が多様な働き方を取り入れ始めています。

リモートワークや時短勤務、フレックスタイム制度もその一部です。

「副業禁止」から「兼業・多業推奨」のように、時代と共に私たちの働き方も変化しています。

そんな新しい時代の柔軟な働き方の一つがマルチワークなのです。

↑社会情勢が変化していることに加えて、多様な働き方の紹介など、これからマルチワークの働き方にとっても可能性を感じました♪

マルチワークで仕事を分ける3つのメリット

(縦に長さがありましたので、画像の余白を少しカットしました♪)

納品時、分けてくださっていた見出しを今回、後者(マルチワークで仕事を分ける3つのメリット)に合わせています♪

脳とマルチタスクについて調べてみたのですが、最近はいろんな研究結果が出ているようですね!

それらをふまえて、今回はマルチワークの良さを脳の働きに限定しないスタンスで考えてみますね♪

(↓湯川さんの言葉もちょこちょこ使わせていただいています!)

女性にはマルチワークが向いています。

例えば、女性は複数の家事を同時にこなすことが出来ます。

あなたは「そんなの当たり前」と思うかもしれませんが、男性には意外とこれが難しいのです。

このことから「女性脳はマルチタスク」とも言われています。

そんなマルチタスクを仕事に活かせるのがマルチワークです。

————————————————————————————————-

例:マルチワークという言葉に、あなたはどんな印象を受けますか?

マルチな働き方と聞くと、「すごく大変そう」に思われるかもしれませんね

例えば、女性が複数の家事を同時にこなすような姿を想像してしまいませんか?

 

しかし、マルチワークという働き方だからこそ得られるメリットはたくさんあります。

今回はそんなマルチワークの良さを3つ紹介していきますね。

 

マルチワークはマイペースに働ける

 

マルチワークという言葉に、あなたはどんな印象を受けますか?

 

私は複数の仕事をしていますが、「大変そうだね」とよく言われます。

しかし実際は、フルタイムで勤めていた頃よりのんびり気楽に働けています。

————————————————————————————————-

(マルチワークの印象については見出しの前で取り上げたので、こちらでがっつりマルチワークの良さについてお話していきましょう!)

現在、私は複数の仕事をしていますが、実はフルタイムで勤めていた頃よりものんびり気楽に働けています。

 

マルチワークでは仕事とプライベートのバランスを自分で決めます。

言い換えると、自分の都合に合わせて仕事ができるのです。

 

たしかにスケジュールの管理は少し大変かもしれません。

それでも、お休みや仕事のバランスはあなた自身が決めるので、プライベートも充実させることが可能になるのです。

↑マルチワークのよさとスケジュール管理の大変さを正直に綴ってくださっているところが記事の信頼性に繋がると感じました♪

スケジュールを組むときに湯川さん自身が気をつけていたこと、大変だったことってどんなことだったんだろう?とさらに興味が湧きました!

マルチワークでリスク分散

 

マルチワークでは、収入が分散されます。

そのため、仮に一つの仕事を失っても、全ての収入が一気に途絶えることはありません。

↑接続詞を適度に加えることで、前後の文章との関係性がよりはっきりしますよ♪

他の仕事で収入を補填することもできるので、一時的に収入が減っても大きな問題にはなりにくいのです。

↑私もそのように思っています!収入の柱が1つではないからこそ、他の仕事で補うことができるのもマルチワークの魅力ですよね♪

収入が安定しないというデメリットはありますが、それぞれの仕事そのものが、いざという時の保険になるのです。

 

マルチワークは好循環

 

職種が複数になると、色々な業種の人と出会います。

人との交流が刺激になり、日々新鮮な気持ちで仕事ができるのも、マルチワークの魅力です。

 

また、色々な仕事で得た知識やスキルは他の仕事でも活かせます。

マルチワークをすることで視野が広がり、今までは気付けなかったようなことも、対応できる力が身に付くでしょう。

↑仕事を通して出会う仲間が自分にとって刺激になったり、得られるスキルが多いことはマルチワークならではですよね♪

湯川さんが普段いきいきとお仕事されている雰囲気が伝わってきます♪

女性必見!!マルチワークで仕事を分ける3つのメリットまとめ

↓これまでの内容が簡潔によくまとまっていますね!ここを読むだけで内容が復習できると、前に戻って読み返す手間も省くことができます!今回は、タイトルや見出しに合わせてメリットを3つにしてもいいかもしれません♪

・マルチワークは新しく柔軟な働き方

・マルチワークは女性に向いている

・マルチワークはマイペースに働ける

・マルチワークでリスクを分散できる

・マルチワークは好循環

 

例:ここまでマルチワークで仕事を分けるメリットを紹介しました。

・マイペースに柔軟な働き方ができる

・リスクを分散できる

・それぞれ新鮮な気持ちで仕事ができ、得たスキルを他の仕事でも活かせる

 

マルチワークでは、転職よりも気軽に、色々な仕事に挑戦出来ます。

多数の仕事を経験すれば、あなたが本当にやりたいことや自分に合っている仕事が見つかるかもしれません。

 

その経験は紛れもなくあなたの財産になります。

↑いろんなことを経験して、身についたスキルはまさしく財産ですね♪

女性は、出産や育児のために一時的に仕事を離れることがあります。

しかし、それが原因で社会進出が不利になったり、働きづらさを感じやすいのも事実です。

 

そうなる前に、働き方が多様化している今だからこそ、マルチワークを通してあなたが気になっている仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

↑湯川さんの視野の広いお考えと仕事への前向きな姿勢がひしひしと伝わってきました!

あなたにとって一番素敵な働き方が見つかることを祈ってます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↑最後の感謝の言葉に湯川さんの思いやりを感じますね♪

スポンサードリンク

スポンサーリンク


在宅で自分の力で稼ぎたい女性は今すぐクリック!

\ 今は女性ライターが活躍できる時代! /

5 件のコメント

  • 【総評】
    改めまして。湯川さん、記事の執筆お疲れさまです!
    湯川さんの文章はユーモアを交えて、想像力をかきたてるような素敵な表現がたくさん散りばめられていましたね!
    なので、読んでいてとても楽しさがありました。
    今回は出産や育児で一度仕事を離れた方や、今の仕事が辛いと感じている女性の心に優しく響く記事だと思いました!
    湯川さん自身のご経験も相まって、説得力の強さと記事の内容への信頼感が半端なかったです(笑)
    これからもぜひ読者の気持ちに寄り添った素敵な記事を書いていってください♪

    • ぺねさん、添削ありがとうございました。

      「女性脳はマルチタスク」
      私も検索してみましたが、ちょっと古い話になっていましたね(^^;
      改めて、記事にするためには、都度最新情報の確認が必要だと勉強させていただきました。

      この1週間で皆さんの添削記事をたくさん読ませていただき、とても勉強になりました。
      また、大きな自信にもなりました!
      このような機会を頂き感謝いたしますm(__)m

  • 湯川さん、執筆お疲れ様でした!
    記事を拝見し、ものすごく優秀で素敵な方なのだろうな〜と想像してしまいました。
    幕の内弁当の例えはすごく上手だと思いました!
    マルチワークという働き方に対する肯定的な捉え方、そしてメリットにも説得力があり、私もやってみたいな〜と素直に思える記事でした。
    文章がお上手で、きっと素晴らしいライターになると思いました。
    今回のアドバイスをぜひ生かして、これからもご活躍くださいね!

    ぺねさん添削お疲れ様でした!
    細やかで優しい添削、勉強になりました。

  • 湯川さん、執筆お疲れ様でした。

    先に結論、定義を述べられた上で、なぜマルチワークが女性に向いているのか。
    根拠を端的にまとめられていたところが、非常にわかりやすかったです。
    しかしながら、押しつけ感はなく、読者に寄り添われながら提案するものがあり、親しみやすいと感じました。
    湯川さんの柔らかい文章がそうさせるものなんだなぁと感じます。

    さらにもう一歩、踏み込むなら、「マルチワークが向いてる人はこんな人!」という見出しを入れてみると。
    女性の中でもマルチワークが得意な方に「私ならこれを仕事にしてもできるかも!」と思わせることができると思います。
    良ければお試しください。

    素敵な記事をありがとうございました。

    ぺねさん、添削お疲れさまでした。
    ぺねさんらしい気遣いが溢れる添削ですね。勉強になりました。

  • 湯川さん、記事作成お疲れ様でした!!
    冒頭の「幕の内弁当」で超がっつりつかまれました(笑)
    言葉のチョイスがとってもお上手ですね!

    マルチワークという、もしかしたらあまりなじみのないかもしれない言葉なのに
    しっかり惹きつけて誘導していますね。
    メリットも大変わかりやすくまとめられていました。

    そして画像のチョイスがオシャレですね!
    こればっかりはセンスによるところが大きいので
    湯川さんのセンスかっこいい!!!と思いました!

    とても素晴らしい記事をありがとうございます。

    ぺねさんも添削お疲れ様でした!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください