ウノフリップがアツい!新ルール“ダークサイド”追加で楽しさ倍増!

上記の名前タグをクリックすると、【添削者のスキル】や【執筆メンバーの成長過程】がわかります。女性限定ライティングサロン「Site New Tourism」入会検討時の参考としてご確認ください。

家にいる時間が長いと、たまには皆でワイワイ楽しめるゲームでもしたくなりませんか?

そこでオススメしたいのが、 家族とも友達とも盛り上がれるカードゲーム「UNO(ウノ)」です。

普通のウノも十分楽しいのですが、今回はウノの“新しい楽しみ方”ができる商品をご紹介します。

その名も「UNO FLIP」(ウノフリップ)

一体、普通のウノと何が違うのでしょうか?

この記事では、 「ウノフリップ」の魅力を余すことなくたっぷりとお伝えしていきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

目次

【ウノフリップ】今までのウノと何が違うの?

今までのウノとウノフリップは、次の点が異なります。

  • パッケージ
  • カードのデザイン
  • カードの種類

まずは、パッケージから。

左が普通のウノ、右がウノフリップです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: collage-min-2.png

普通のウノはパッケージが赤色ですが、ウノフリップは紫色に変わりました。

これだけでも、だいぶイメージが違いますよね!

続いて、カードのデザインについて説明します。

パッと見は、普通のウノですね。

しかし、裏返すと…

!!!!!

裏面もカードになってる!?

実はこの「“裏面”をどう使うか?」が、ゲームのポイントなんです!

ウノフリップでは、カードの裏面のことを「ダークサイド」と呼びます。

それに対して、カードの表面は「ライトサイド」と呼びます。

続いて、 カードの種類を詳しく見ていきましょう。

あなたの運命は“2種類のカード”が決める!?

「ウノフリップ」では、今までのウノには無かったカードが登場します。

【ライト/ダーク】 運命を決める2種類のカード

まず、ライトサイド/ダークサイド それぞれのカードのご紹介。

【ライトサイドのカード】

それでは、ライトサイドのカードから説明していきますね。

こちらが基本的なカードの種類です。

ここに新しく加わったのが、こちらの「フリップカード」

このフリップカードが出された瞬間、場のすべてのカードがライトサイドからダークサイドへひっくり返ります。

捨て山も裏返し! 山札も裏返し!! プレイヤーの持ち札も裏返し!!!

そうして場は闇のフィールドに染まっていくのです・・・

※ただし、順番は変わらず、フリップカードを出した次のプレイヤーから再びゲームを始めます。

【ダークサイドのカード】

続いて、ダークサイドのカードを紹介します。

カードの色が「赤・黄・青・緑」から「ピンク・水色・オレンジ・パープル」へと変化。

まず目に入るのが、なんとも恐ろしそうな「ダークドロー5」

こちらは通常のドローカードですが、文字通り5枚カードを引かなければいけません

そして「ダークスキップ」

このカードは、通常のスキップとは効果が変わります。

なんと、1人飛ばすのではなく、全員飛ばすことができるんです!

つまり、ダークスキップを出したプレイヤーがもう一度カードを捨てられるということ。

そして、ダークサイドで特徴的なカードが、“新登場”となる「ダークカラーワイルド」

このカードを出した人はまず、4色の中から好きな色を選びます。

すると次の人は、選んだ色のカードが出るまで山札を引き続けなければいけません。

そして最後に「ダークフリップ」

こちらは、ダークサイドからライトサイドにひっくり返るカードになります。

先ほどと同じように、捨て山も山札もプレイヤーの持ち札もすべて裏返しです!

こうして、場はもとの光のフィールドに戻っていきます。

・・・もうお気づきですか?

そう、ウノフリップの「FLIP(フリップ)」とは「めくる・ひっくり返すこと」

ゲームの中で“フリップ”がどれほど大事な「カギ」となっているかお分かりいただけたことでしょう。

いつフリップするか分からない…

それゆえ、“カードの捨て方”さえ今まで通りでは通用しないんです!

ウノフリップのカードは、ライトサイドとダークサイドでその性能がまるっと変わります。

ライトサイドは「ダメージ少なめ」、ダークサイドは「大どんでん返し可能!」といったイメージですね。

ウノフリップでは、「ウノ」を宣言したプレイヤーがいてもダークサイドにチェンジすれば上がりから遠ざけることが可能です。

「ダークサイドでは苦戦を強いられていたのに、ライトサイドにフリップした途端にとんとん上がれちゃった」なんてことも…!

このように、普通のウノと比べると面白いくらい“戦略の幅”が広がったんです!!

実際に遊んでみた♪ 大人もハマる「ウノフリップ」

何はともあれ、まずは実際にどんなふうに遊べるのか体験してみましょう!

基本的なルールはウノとそこまで変わりません。

違うのは“たった4種類のカード”だけ。

しかしながら、「この4種類をいかに使いこなせるか?」があなたの明暗を分けるカギとなりますので、くれぐれもお忘れなく。

いよいよ、ゲームスタート!

最初は順調にカードを出していきましたが、手札から出せるものがなくなってしまったので、ここで「フリップカード」を投入!

捨て場・山札・手札のすべてがひっくり返り、このように手札が変わります。

むむむ…

自分でフリップカードを出したとはいえ、ほとんど手札が変わったようなものなので、考えを練り直します。

そのあと何ターンかは、ドロー5カードがあるので余裕しゃくしゃくとカードを出していましたが、まさかのダークカラーワイルドを出されてしまいました!!

相手から指定された色は「オレンジ」。

意を決してカードを引きます!!

あわわ…

カードがどんどん増えていく~(泣)

普通のウノであれば、カードを1枚引いて指定の色が出なければそれで終了です。

しかし、ウノフリップではダークサイドモードでダークワイルドを出された場合、指定の色が出るまで引き続けなければいけません・・・

これが、ウノフリップの真の恐ろしさなのです。

このあとドロー5などで応戦してみるものの、結果は惨敗でした!!(つらい・・・)

ゲームの要は「フリップカード」?

「ウノフリップ」で大事なのは“フリップカードの使いどころ”です。

このタイミングが、結果を大きく左右するといっても過言ではありません。

  • 相手の手札が少ない時→ダークサイドにフリップし、ドロー5やダークカラーワイルドでカードを多く取らせることが可能
  • 相手の手札が多い時→ライトサイドにフリップし、カードを取らされるリスクを減らして安定してカードを出すことが可能

そして、実際にウノフリップで遊んでみた私が言えること・・・

「これは、確かにハマる!!」

あなたも、「ウノフリップ」で新たな楽しみを見つけてみてはいかがですか?

ウノフリップがアツい!新ルール“ダークサイド”追加で楽しさ倍増! まとめ

今回は、新しいウノ「UNO FLIP」(ウノフリップ) をご紹介しました。

その特徴は、次の5つ。

  1. カードの両面を使う新スタイルのウノ
  2. ドロー系カードがやさしくなった表面「ライトサイド」
  3. ハイリスクだけど逆転も夢じゃない裏面「ダークサイド」
  4. 裏表をひっくり返すフリップカードが勝負を左右する!
  5. ダークサイドの新カード「ダークカラーワイルド」に気をつけろ!

昔たくさんウノで遊んでいた人であればあるほどハマっちゃう。

それが「ウノフリップ」!

「もう、普通のウノには戻れないかも・・・?」


引用:Amazon

Amazonでも“1000円以下”という安さで購入できるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

家にいる時間が長いと、たまには皆でワイワイ楽しめるゲームでもしたくなりませんか?

そこでオススメしたいのが、 家族とも友達とも盛り上がれるカードゲーム「UNO(ウノ)」です。

普通のウノも十分楽しいのですが、今回はウノの“新しい楽しみ方”ができる商品をご紹介します。

その名も「UNO FLIP」(ウノフリップ)

一体、普通のウノと何が違うのでしょうか?

この記事では、 「ウノフリップ」の魅力を余すことなくたっぷりとお伝えしていきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

【ウノフリップ】今までのウノと何が違うの?

今までのウノとウノフリップは、次の点が異なります。

  • パッケージ
  • カードのデザイン
  • カードの種類

まずは、パッケージから。

左が普通のウノ、右がウノフリップです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: collage-min-2.png

普通のウノはパッケージが赤色ですが、ウノフリップは紫色に変わりました。

これだけでも、だいぶイメージが違いますよね!

続いて、カードのデザインについて説明します。

パッと見は、普通のウノですね。

しかし、裏返すと…

!!!!!

裏面もカードになってる!?

実はこの「“裏面”をどう使うか?」が、ゲームのポイントなんです!

ウノフリップでは、カードの裏面のことを「ダークサイド」と呼びます。

それに対して、カードの表面は「ライトサイド」と呼びます。

続いて、 カードの種類を詳しく見ていきましょう。

あなたの運命は“2種類のカード”が決める!?

「ウノフリップ」では、今までのウノには無かったカードが登場します。

【ライト/ダーク】 運命を決める2種類のカード

まず、ライトサイド/ダークサイド それぞれのカードのご紹介。

【ライトサイドのカード】

それでは、ライトサイドのカードから説明していきますね。

こちらが基本的なカードの種類です。

ここに新しく加わったのが、こちらの「フリップカード」

このフリップカードが出された瞬間、場のすべてのカードがライトサイドからダークサイドへひっくり返ります。

捨て山も裏返し! 山札も裏返し!! プレイヤーの持ち札も裏返し!!!

そうして場は闇のフィールドに染まっていくのです・・・

※ただし、順番は変わらず、フリップカードを出した次のプレイヤーから再びゲームを始めます。

【ダークサイドのカード】

続いて、ダークサイドのカードを紹介します。

カードの色が「赤・黄・青・緑」から「ピンク・水色・オレンジ・パープル」へと変化。

まず目に入るのが、なんとも恐ろしそうな「ダークドロー5」

こちらは通常のドローカードですが、文字通り5枚カードを引かなければいけません

そして「ダークスキップ」

このカードは、通常のスキップとは効果が変わります。

なんと、1人飛ばすのではなく、全員飛ばすことができるんです!

つまり、ダークスキップを出したプレイヤーがもう一度カードを捨てられるということ。

そして、ダークサイドで特徴的なカードが、“新登場”となる「ダークカラーワイルド」

このカードを出した人はまず、4色の中から好きな色を選びます。

すると次の人は、選んだ色のカードが出るまで山札を引き続けなければいけません。

そして最後に「ダークフリップ」

こちらは、ダークサイドからライトサイドにひっくり返るカードになります。

先ほどと同じように、捨て山も山札もプレイヤーの持ち札もすべて裏返しです!

こうして、場はもとの光のフィールドに戻っていきます。

・・・もうお気づきですか?

そう、ウノフリップの「FLIP(フリップ)」とは「めくる・ひっくり返すこと」

ゲームの中で“フリップ”がどれほど大事な「カギ」となっているかお分かりいただけたことでしょう。

いつフリップするか分からない…

それゆえ、“カードの捨て方”さえ今まで通りでは通用しないんです!

ウノフリップのカードは、ライトサイドとダークサイドでその性能がまるっと変わります。

ライトサイドは「ダメージ少なめ」、ダークサイドは「大どんでん返し可能!」といったイメージですね。

ウノフリップでは、「ウノ」を宣言したプレイヤーがいてもダークサイドにチェンジすれば上がりから遠ざけることが可能です。

「ダークサイドでは苦戦を強いられていたのに、ライトサイドにフリップした途端にとんとん上がれちゃった」なんてことも…!

このように、普通のウノと比べると面白いくらい“戦略の幅”が広がったんです!!

実際に遊んでみた♪ 大人もハマる「ウノフリップ」

何はともあれ、まずは実際にどんなふうに遊べるのか体験してみましょう!

基本的なルールはウノとそこまで変わりません。

違うのは“たった4種類のカード”だけ。

しかしながら、「この4種類をいかに使いこなせるか?」があなたの明暗を分けるカギとなりますので、くれぐれもお忘れなく。

いよいよ、ゲームスタート!

最初は順調にカードを出していきましたが、手札から出せるものがなくなってしまったので、ここで「フリップカード」を投入!

捨て場・山札・手札のすべてがひっくり返り、このように手札が変わります。

むむむ…

自分でフリップカードを出したとはいえ、ほとんど手札が変わったようなものなので、考えを練り直します。

そのあと何ターンかは、ドロー5カードがあるので余裕しゃくしゃくとカードを出していましたが、まさかのダークカラーワイルドを出されてしまいました!!

相手から指定された色は「オレンジ」。

意を決してカードを引きます!!

あわわ…

カードがどんどん増えていく~(泣)

普通のウノであれば、カードを1枚引いて指定の色が出なければそれで終了です。

しかし、ウノフリップではダークサイドモードでダークワイルドを出された場合、指定の色が出るまで引き続けなければいけません・・・

これが、ウノフリップの真の恐ろしさなのです。

このあとドロー5などで応戦してみるものの、結果は惨敗でした!!(つらい・・・)

ゲームの要は「フリップカード」?

「ウノフリップ」で大事なのは“フリップカードの使いどころ”です。

このタイミングが、結果を大きく左右するといっても過言ではありません。

  • 相手の手札が少ない時→ダークサイドにフリップし、ドロー5やダークカラーワイルドでカードを多く取らせることが可能
  • 相手の手札が多い時→ライトサイドにフリップし、カードを取らされるリスクを減らして安定してカードを出すことが可能

そして、実際にウノフリップで遊んでみた私が言えること・・・

「これは、確かにハマる!!」

あなたも、「ウノフリップ」で新たな楽しみを見つけてみてはいかがですか?

ウノフリップがアツい!新ルール“ダークサイド”追加で楽しさ倍増! まとめ

今回は、新しいウノ「UNO FLIP」(ウノフリップ) をご紹介しました。

その特徴は、次の5つ。

  1. カードの両面を使う新スタイルのウノ
  2. ドロー系カードがやさしくなった表面「ライトサイド」
  3. ハイリスクだけど逆転も夢じゃない裏面「ダークサイド」
  4. 裏表をひっくり返すフリップカードが勝負を左右する!
  5. ダークサイドの新カード「ダークカラーワイルド」に気をつけろ!

昔たくさんウノで遊んでいた人であればあるほどハマっちゃう。

それが「ウノフリップ」!

「もう、普通のウノには戻れないかも・・・?」


引用:Amazon

Amazonでも“1000円以下”という安さで購入できるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

あなたの温かいコメントでサロンメンバーは次も頑張れます♪

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる