【SBC添削記事】定年後も素敵な女性でいられる趣味の見つけ方〜50代女性は読まないと損!?〜

上記の名前タグをクリックすると、【添削者のスキル】や【執筆メンバーの成長過程】がわかります。女性限定ライティングサロン「Site New Tourism」入会検討時の参考としてご確認ください。

村松さんお疲れ様でした!この記事は添削者yamaが担当いたしました。

このたびはSBC無料添削に参加してくださりありがとうございます。
添削は赤字で記載しています。記事全体が赤く見えるのは、説明が多いためですので気になさらないでくださいね!

今回は次の観点から添削を行いますね。

・web記事であること
・SEOを意識したライティングであること


よいと思った箇所には「◎」を、ご提案には「★」をつけさせていただきましたので、確認してみてください。

【キーワード・構成ついて】

今回の、キーワードは「定年後 趣味 女性」を選ばれてましたね。上位記事をみてみると、趣味がない人にこれから趣味を作っていくことを提案する記事や、今無趣味だとどうなのかという記事が多くみられましたね。

◎タイトルに50代と入れている部分は、とても目を引くので読まれやすいなと思いました♪

★タイトルの文字数ですが28~32文字までとになっています。
理由は、タイトルはgoogleで28文字、Yahoo!で32文字までが表示され、それを超えると「・・・」になってしまうんです。
できるだけ、限られた文字数で情報を入れるようにしましょう。

今回は36文字になってますので、4文字減らしたいです。~を無くし⁉は!にするなど

★上位記事というのは、よく読まれている記事なので、記事を構成する際は、1つの記事で全ての疑問が解決するような記事を意識してみましょう♪
今回の場合は、
「定年後に無趣味で毎日過ごすとどうなってしまうのか」→危機感を感じる→やりがいを見つける(趣味以外の過ごし方)→結果素敵な女性になる ということが書かれていると、より危機感を感じられて、自分の好きなことを探そう!と前向きになる記事になっていくと思います♪

あなたは今一生懸命に働いて、家事や育児に追われていませんか?

これだけ頑張っているんだから、定年後はやはりゆっくりと趣味でもしながら、素敵なセカンドライフを満喫したい!なんて思いますよね。

でも今はこれといった趣味もないし、定年後に何をしたらいいんだろう…と悩んでいませんか?

実はこれ!ヤフー知恵袋などでも定年退職前の女性が結構質問されているお悩みなんです!

この記事では、家族のため会社のために頑張ってきたあなたが、定年後も輝けるステキな趣味を見つけことができるようお手伝いさせていただきます♪

【見出しについて】

◎提出の際に、目次1、2…と書かれていたので、記事に書き起こす際、とても分かりやすかったです。ありがとうございます。

★今回は、Googleドキュメントで提出でしたね♪クライアントによっては見出し設定をして提出する場合もありますので、見出しごとに「見出し2」「見出し3」を設定していただければ、見出しタイトル前には書かなくて大丈夫です♪

◎見出しタイトルにも、しっかりとキーワードが入っていてGOODでした!SEO評価が高くなり上位に表示してくれるので、ぜひ今後もキーワードを意識して見出しを作ってみてくださいね♪

では、本文の添削に入っていきます!

【目次】

1.  自分が何が好きかを知ろう〜定年後の趣味を見つけるために〜

2. 定年後もステキな女性でいられる趣味を見つけよう

3. この記事を読んでも趣味が見つからなかったあなたへ

4. まとめ

目次

自分が何が好きかを知ろう〜定年後の趣味を見つけるために〜

◎テーマに合った魅力的な画像の選定、ありがとうございます!

まず初めに、趣味って何でしょう?

辞書で調べたところ…

趣味=仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄

つまり【好きでやっていること】ですね!

なので、まずは自分が何が好きか・何に興味があるかをしっかり見つめてみましょう♪

◎大切な部分は太字やくくりで目立たせているのが良いですね。しっかり読者の目に留まります!

【あなたの「好き」が見つかる6の質問】

①子供の頃好きだったことや夢中になっていたこと
②特に教えてもらわなくても(独学で)できてしまうこと
③それをやっていてもあまり疲れを感じないこと
④なぜか人に褒められること
⑤やっていて苦痛を感じないこと
⑥こうしてみよう、ああしてみようとどんどんアイデアが湧いてくること

◎具体的な質問を出すのは、「自分だったらどうかな?」と試してみたくなります。
記事の続きが読みたくなる仕掛けですね。

★「事」という言葉は、記事にするときに「こと」とひらがなにした方が堅苦しくなく、読みやすい印象を与えます。
意識してみてくださいね。

どうでしたか?あてはまる部分はありましたか?

「私は学生の頃作文が好きだったから、文章を書くことが好きだな」とか、「習慣になっていて気づかなかったけど、私って結構料理が好きだな」ということが分かったかと思います。

ただ、書くのが好きだからといって、1人で誰も読まない小説をせっせと書いたり…。

★「たり」という表現は「小説を書いたり、料理を作ったり」など2回以上重ねて使うのが基本となります。

料理が好きだからといって、家族に振る舞うけど、みんな無言で食べるだけとなると全然喜びがないですよね。

それではいくら好きでも、全然楽しくないし続きません。

なので、次はあなたの「好き」を生かす方法を考えてみましょう。

◎次の章への誘導がスムーズですね!

定年後もステキな女性でいられる趣味を見つけよう

好きな事は見つかったけど、「具体的にどうしたらいいの?」と思っていませんか?。

では、あなたの好きな事をどんな風にエンジョイすればいいのか見てみましょう♪

例えばこんな方の場合↓ 見出し3の設定により、この文はなくてOKです。

学生時代作文を書くのが好きだった•本が好きで作家に憧れていた

★ここのタイトルは少し短めでもよさそうです。 

例)作文を書くのが好き・作家に憧れていた 

電子書籍の出版はいかがでしょうか?

電子書籍は無料で出版でき、出版するための方法をまとめた書籍やブログ記事も出ています。

電子書籍はハードルが高いと言う方は、ブログを書いてみるというのはいかがでしょう?

日々の思いを綴るエッセイ風のブログであれば、簡単に書けると思いませんか。

もしかすると、出版社から書籍化の依頼があるかもしれませんよ♪

♡素敵ポイント【「作家です」「ブログ運営しています」と言える】

◎素敵ポイントはいいですね!電子書籍は無料なんですね。無料だと気軽な気持ちで取り組みできると思います。
全ての項目に素敵ポイントを設定してくださっていますよね!
素敵ポイントの内容で比較することも可能となるので、目立つようにボックスで装飾してあげるとわかりやすいです。
記事全体にメリハリも出るので、視覚に訴えることも意識してみましょう。

(例)

素敵ポイント
【「作家です」「ブログ運営しています」と言える】

料理が好き・独自のレシピや隠し味をたくさん知っている

クックパッドや楽天レシピに投稿するのはいかがでしょうか?

自分のレシピを誰かが作って喜んでくれるなんて嬉しいですよね?

楽天レシピなら、ポイントも貯めれるので一石二鳥です♪

♡素敵ポイント【「料理が趣味で、レシピをネットで公開したらすごい反響があったの」と自慢できるかも!?】

体を動かすのが好き・自然が好き

登山やハイキングはいかがですか?

ただ女性一人ではなかなか始めづらいですよね。

かといって、一緒にハイキングするような友達もいないし…と言う場合は、ハイキングサークルに参加することをお勧めします。

「シニア ハイキングサークル 〇〇(地名)」で検索するといろんなサークルが出てきますよ。

◎検索ワードは分かりやすく説明ができてて読者目線でいいと思います。

♡素敵ポイント【いくつになっても元気でハツラツとしている女性はステキです】

体を動かすのが好き・心を落ち着つかせたい

体を動かすのが好きが2回出てくるのでなくした方がよさそうです。

ヨガはいかがでしょうか?

こちらも体を動かす趣味ですが、ハイキングよりもっとソフトな運動。

女性にうってつけです♪

初級コースなら体が硬くてもできるポーズがたくさんありますよ。

心も落ち着くので、更年期の方にもお勧めです。

♡素敵ポイント【ヨガをやっていればとりあえずオシャレ】

料理が好き・折り紙や工作が好き・ガーデニングに興味がある・編み物が好き・絵を描くのが好き・カメラが好き・カフェ巡りをしたい

★少し短めのタイトルにしましょう。
例)モノ作りやカフェ巡りが好きなど

何かモノを作るのが好きな方は、作るだけではなくて、それをネットで公開すると良いんじゃないでしょうか?

ハンドメイドの写真やオシャレなカフェでの写真をインスタグラムにアップ♪

ブログよりもインスタグラムの方がいいねやコメントがもらえるので、嬉しくて定年後の生きがいになりますよ。

◎モノを作るだけではなくて、情報として発信するところまで提案するのが「なるほど〜!」と思いました!

★50代女性に読んでほしい記事だということを考えると、「ブログをやっている」「インスタにアップする」というのは決してスタンダードではなくて、やったことがない方も多いと思われます。
始めること自体は簡単ですが、よくわからない・難しそうという理由で踏み出せない方もいるかもしれませんね。
SNSで好きなことを発信することのメリットをいくつか載せてあげると、読者の疑問を解消しながら背中をそっと押すことができるのではないでしょうか。

♡素敵ポイント【「私インスタやってるの」という一言で流行に乗れる】

オシャレが好き・よくいくつになってもキレイねと言われる

このような方はシニアモデルはいかがでしょうか?

今やシニアモデル専門の事務所まであるんですよ^_^

★親しみやすい雰囲気になるのですが、個人ブログ以外では顔文字は入れない方がベターです。

審査もありますので、ハードルは高いですが、挑戦するだけでもわくわくしてきませんか?

ご興味があれば「シニアモデル 募集 〇〇(地名)」で検索してみて下さいね♪

♡素敵ポイント【「私モデルやってるの」】

英語を喋れるようになりたい・海外旅行に行ってみたい

今、英語はブログやYouTubeなどで手軽に学べる時代。

わかりやすい大人向けの参考書もたくさん出ていますよ。

何事も遅すぎると言う事はありませんので、定年後からでも英語を勉強してみませんか?

★自宅時間が増えたこともあり、英語を学びたいという方はとても増えています。
もう少し情報が欲しいな、と感じた部分なので少し膨らましてみると良いですね!
大人になっても学び続けることのメリット・英語を学ぶメリットを箇条書きで見せる、オンライン英会話の便利さにスポットを当てるなど、深掘りすることでさらに魅力的な項目となるはずです。

♡素敵ポイント【定年後も学び続ける女性はステキです】

こんな風に自分の好きな事さえ見つかれば、あなたは色んな可能性を秘めているんですよ♪

この記事を読んでも趣味が見つからなかった場合

「私がやりたい趣味ってなかなか無いわ」と落ち込んでいませんか?

そんな場合は、あなたはこのような状態や気持ちなのかも知れません。

とにかく疲れている•ストレスが溜まっている

とても疲れていたり、ストレスが溜まっていたら、それはもう思考停止状態で趣味の事なんて考えられません。

とにかく今は疲れやストレスを取り除く方法を考えましょう。

★ストレスが溜まっている方は多いはずです。
落ち着くハーブティーのことや、オススメの癒し音楽、ストレッチなど身近なことで良いので、すぐに試せる解決策をいくつか書いてあげましょう。

趣味を見つけるのはその後に♪

思い込み•固定概念に囚われている

「私はこうあるべきだ」や「こんな低レベルな趣味…」などという考えありませんか?

趣味なんですからもっと自由に考えてみましょう。

この場合は、頭で考えずとりあえず行動!⇒!本文では全角になります。

定年後も続けるかどうかは気にせず、気になった趣味をちょっとずつやってみてください。

そのうちこれだ!う趣味がきっと見つかると思います。

◎肩の力を抜いてくれる文で、前向きな気持ちになれますね。

定年後も趣味より仕事を続けたい

趣味だと、何の責任もないし、できてもできなくてもいいですよね。

そんな気楽な感じではなくて、お金と言う対価をもらって、しっかりと与えられた責務を果たす。あなたはそこに張り合いを見出せるんですよね。

定年後でも仕事がしたい場合「シルバー人材センター」に登録してみてはいかがでしょうか?

シニア向けのお仕事を紹介してもらえます。興味のある方はこちらから詳細をご覧ください↓

【全国シルバー人材センター事業協会 ホームページ】

自分のためじゃなく、人や社会のために役に立ちたい

人の役に立ちたいという方は言う方はボランティアがお勧めです。

ネットで検索すれば色んなボランティアグループが見つかりますよ♪

定年後も素敵な女性でいられる趣味の見つけ方〜50代女性は読まないと損!?〜まとめ

★まとめはタイトルを入れてまとめとするといいです。

★SEOライティングでは、最後に記事全体の振り返りをします。
Web記事は流し読みされてしまうので、最後にもう一度要点を書くことで、読者様が短時間で情報を整理して、インプットできるからです。この記事では、、復帰しづらい原因、復帰するための対策について書かれているので、それについて簡単に提示しましょう。

あなたが定年後も素敵な女性でいられるための趣味は見つかりましたか?

例)今回は以下の3つについてご紹介しました。

・自分が何が好きかを知ろう〜定年後の趣味を見つけるために
・定年後もステキな女性でいられる趣味を見つけよう
・この記事を読んでも趣味が見つからなかったあなたへ

例)また、趣味が見つからなかった方は以下の4点もチェックされてはいかかでしょうか。

・とにかく疲れている•ストレスが溜まっている
・思い込み•固定概念に囚われている
・定年後も趣味より仕事を続けたい
・自分のためじゃなく、人や社会のために役に立ちたい

定年後も趣味を持っているのといないのでは、様々な面で違いが出てきます。

やはりシニア世代でも趣味を持っている方は、生き生きとして、若々しく輝いて素敵ですよね。健康面においても、認知症のリスクも低下しますし、寿命も延びると言われています。

逆に、趣味のない女性は同じく定年を迎えた夫とずっと家に2人きりで、大きなストレスを抱えてしまうそうです。その結果、ストレスからさまざまな病気を発症してしまうことも…。

★不安要素を先に書かれてはどうでしょうか?①⇒②

そうならないためにも、定年前の今のうちから自分の好きなこと、心からワクワクすることを見つけておくといいかもしれませんね。

◎前向きになる内容で素晴らしかったです!

あなたがいつまでも女性らしく輝いていることを応援しています!

最後まで読んで下さってありがとうございました。

◎最後に読者への感謝の気持ちを入れられていてとても良いですね!

村松さん、執筆お疲れ様でした!
添削は以上になります。
総評はコメントに書かせていただきますので、そちらもあわせてご覧くださいね。
素晴らしい記事をありがとうございました♪

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

あなたの温かいコメントでサロンメンバーは次も頑張れます♪

コメント一覧 (7件)

  • 村松さん、執筆お疲れ様でした!
    「定年後も輝けるステキな趣味」をと50代の方に向けて掘り下げてあって一緒に探していく内容でスラスラと読み進めていけて素晴らしい記事でした。
    また何が好きかを知ることによって自分自身を知ることができる内容だなとも思いました。

    今回はSEOを意識しながら指摘をさせていただいていますが
    記事を執筆するときにペルソナ(今回でいえば「趣味がない50代女性」)を意識されてて知りたい部分や趣味が見つからなかった方へしっかりと執筆されてる印象でしたので
    あとは、文章が少し詰まっている感じがありましたので読みやすくなるように改行することや装飾をして目立たせたりされるとより一層魅力的な記事になると思います!

    ぜひ、今回の添削を生かし松村さんがライターとして飛躍されることを願っています。
    今回は素敵な記事を読ませてくださりありがとうございました。

  • 村松さん、執筆お疲れさまでした。
    「いつまでも輝いていたい」これは多くの女性が願うことだと思います。
    そういった思いを汲みながら、「素敵ポイント」を伝えることで女心をくすぐる魅力的な記事になっていますね。
    趣味が見つけられないという方に対しても、その心情を推察し寄り添うことで新たな発見に繋げてあげているのはとても上手いなと思いました。
    文章も村松さんの丁寧さと明るさが伝わってくるようなテンポの良さが小気味よく、スラスラと読み進めることができました。
    ぜひ、今回の添削の内容を生かしライターとして一歩二歩と前進してくださいね。
    素敵な記事をありがとうございました。

    yamaさん、添削お疲れさまでした。
    とても勉強になりました。

  • 村松さん、執筆お疲れ様でした!
    そもそも「趣味」って何?から始まって、自分の好きなことを趣味にして「いつまでも素敵に輝こう」という構成がとても良いと思いました。
    さらにそれでも趣味が見つからなかった場合の章を読んでとても納得しました、説得力がありますね。
    タイトルに50代と具体的な年齢を入れてペルソナを意識して記事を書かれている点素晴らしいですね。
    文章もとても読みやすかったです。
    素敵な記事をありがとうございました。

    yamaさん、添削お疲れ様でした!
    とても勉強になりました。

  • 村松さん、執筆お疲れ様でした!
    50代という数字がついていると、タイトルから読み手もグッと惹きつけられて良いですね★
    とても読みやすい文章を書かれている村松さんですので、全体の流れを意識しながら丁寧に書かれたのだと思います。
    興味があることについて具体的にたくさん挙げてくれているのが親切ですね!
    そして「素敵ポイント」をそれぞれ設けているところに、村松さんの他の記事と差別化したいという思いを感じました。
    最後まで気持ちよく読むことができ、私も前向きな気持ちになっています♪
    素晴らしい記事をありがとうございました!
    村松さんのライターとしてのご活躍を心より応援しております。

    yamaさん、添削お疲れ様でした!
    私も勉強させていただきました。

  • 村松さん、執筆お疲れさまでした!
    定年後に何をしたらいか悩む方は、多いと思います。この記事を読んでも趣味が見つからなかった場合のことも書かれていて、読者の気持ちをよく考えてられているなと思いました!
    そして、素敵ポイントとてもいいですね♪
    前向きな気持ちになりました!

    これからライターとしての松村さんの活動を陰ながら応援しております♪
    素敵な記事をありがとうございました。

    yamaさん、添削お疲れさまでした。
    とても勉強になりました。
    ありがとうございました。

  • 村松さん、執筆お疲れ様でした!
    ボリュームのある、素晴らしい記事ですね!
    小声ですけど50代のわたくしとしましては(笑)興味深いタイトルでした!
    年齢をタイトルに入れると、こういう効果がありますよね。

    定年というと、男性を主人公として書く方が多いのですが
    「女性の定年以降」という観点が、働く母私としとても興味深かったです!

    テンポのいい文書で、とても気持ちよく読ませていただきました。

    Yamaさん、添削お疲れ様でした!
    とてもわかりやすかったです!

  • 添削誠にありがとうございました。
    何度も修正し直し、やたらと文章が長くなってしまいました。タイトルが長いというご指摘もありました。
    今後はもう少し端的に書けるよう頑張りたいです。
    ありがとうございました!

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる