【SBC添削記事】あなたは人前で喋れない人?喋れる人?諦める前にできることはある!

添削記事アイキャッチ

この記事は添削者がーこが添削いたしました。

美咲さん、このたびはSBC添削サービスにお申し込みくださりありがとうございます。

SEOライティングのご経験があるだけあって、全体的な完成度が高くて素晴らしいと思いました!

より質の高い記事を目指して、以下の観点から添削させていただきますね。

  1. web記事であること
  2. SEOを意識したライティングであること

すばらしい点を★、ご提案を◇で赤字で書かせていただきます。赤字が多く感じるかもしれませんが、説明が多いためですので落ち込まないようにしてくださいね。
では参ります!

【タイトルについて】
選択キーワード:喋れない人
追加キーワード:コミュニケーション

★タイトルは28文字~32文字が適切と言われていて、今回のタイトルは32文字でちょうどいい長さです。選択キーワードも含まれていてSEO的にはバッチリですね。「あなた」という言葉も人目を引きつけます!

◇タイトルで使う「!」「?」は半角にしましょう。わずかですが文字数が節約できるので情報を多く入れることができます。
◇欲を言えば追加キーワード「コミュニケーション」も含めたいところですね。
例)あなたは人前で喋れない人?コミュニケーションを諦める前にできること(32.5文字。ちょっと長いですね)
  人前で喋れない人でもできる!コミュニケーションを諦めない方法(29.5文字)

【アイキャッチについて】
提出された記事にはアイキャッチが設定されていましたが、SBCの添削では固定のアイキャッチがあるため使用できませんでした。何卒ご了承ください。

【記事中の画像について】
★すべての見出し2の下に、記事内容と合った画像が挿入されていました。文字だけの記事よりもずっと見やすくなりますね。
◇画像サイズがバラバラでした。ライターとしてクライアントワークをする場合は、クライアントの指示に沿うことが求められます。マニュアルや取り決め事項を確認しながら作業を進めると、クライアントからは歓迎されますよ♪

【改行について】
◇納品いただいた記事では、記事全体を通して文章の途中で改行されていました。特別な意図がある場合は別ですが、一般的には文章の途中では改行せず、句点「。」で改行するようにしましょう。デバイスによって1行の表示文字数が変わるので、変なところで改行されて見た目がおかしくなるケースがあるからです。
以下提出時のまま掲載していますが、ご了承ください。

では、本文に参ります!

*****

この記事を読んで下さっている方は
少なくとも人前で喋ることに苦手意識があり、
「自分は人前で喋ることに自信がない…話題がない…」等と
あらゆる場面で悩んでいる人かもしれません。

★読者の気持ちを代弁し、問題を明確にしているところは読者に親切ですね!
◇「等」→「など」。漢字が多くなると見にくくなるので離脱率が高まります。どの言葉をひらがなにするか漢字にするかは難しいのですが、バランスが重要です。漢字と平仮名の割合は3:7と言われています。

または、自分は人前で喋ることに何ら抵抗感はないが、
「喋れない人、あまり喋らない人に対しての接し方や理解に苦しむ…」
と困っている人かもしれません。

★「『喋れない人』本人だけでなく、身近にいる喋れない人の対応に困っている人にも参考になるよ」と読者の幅を広げているところがいいですね。

◇読者の幅を広げるのは「対象が増える」という意味ではいいのですが、一方で「焦点が定まらない」というデメリットもあります。一般的には対象はひとつに絞った方がいいと言われています。

いずれの方であっても、
人とのコミュニケーションを諦めるのはまだ早いです

★読者に希望を与える言葉がいいですね!
◇「‼」が環境依存文字になっています。「!!」とした方がいいですね。環境依存文字はデバイスによって表示されないことがあります。できるだけ避けた方が無難です。

◇欲を言えば、ここに「この記事を読むとどうなるのか」が示されていると読者は続きが読みたくなるでしょう。
例)ちょっとした工夫で苦手意識から解放されるかもしれませんよ。

社会生活のあらゆる場面で少しでもお役立ていただける
コミュニケーションの工夫や解決策についてお話ししていきたいと思います。

★この記事には何が書かれているのか概要が分かるところはすばらしいですね。

まずは人前で喋れない人を理解するためにも、
喋れない人・コミュニケーションが苦手な人の特徴
みていきましょう!

★次の章に誘う文章もいいですね!
★「人前で喋れない人を理解するためにも」の一文が効果的です。次の章の重要性が伝わりますね!一刻も早く結論を知りたい読者の離脱を防げます。

★導入部分はほぼ完璧です!

目次

人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人の特徴・原因

★見出しにキーワードが含まれていていいですね!

◇見出しと見出しの間には、つなぎの文章があった方が自然に読み進めることができます。見出しと同じ内容でも、もう一度文章として書きましょう。
例)人前で喋れない人やコミュニケーションが苦手な人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。また、その原因についてもお伝えします。

特徴

人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人の特徴を

◎会話スキル編
◎性質編 に分けて、

に分けて、下記の通りまとめてみました。

★箇条書きが分かりやすいですね!

◇この章は「喋れない人」に自分を振り返って客観視してもらう章ですよね。ここにもう一言あると、この章の意味付けが明確になると思いました。
例)あなたに当てはまるものはありますか?

◎会話スキル編

  • 話題の引き出しが見つからない
  • 相手に質問しない
  • 自ら自分のことを話そうとしない
  • 返事をしない・すぐに返事ができない
  • リアクションが薄い
  • 本音を思うように伝えることが難しく、人に誤解を与えてしまう
  • 趣味・嗜好が合う人とだけは会話が弾む

◎性質編

  • 人と視線を合わせるのが苦手
  • 人一倍慎重で警戒心が強い、心を開くのに時間がかかる
  • 自己肯定感が低く、自分に自信がない
  • 自己主張することが苦手で、控えめ
  • 緊張しやすく、本来の力が発揮できない
  • 恋愛下手
  • 1人が好き、1人が楽
  • SNSなどのネット上にのみ、自分の居場所がある

★箇条書きになっていると理解しやすいですね!

では次に、果たして人前で喋れない、コミュニケーションが苦手となる裏には、

どんな原因が考えられるでしょうか?

原因

  • 過去にトラウマとなる経験をした
     (人から強く否定された経験がある)
  • 成功体験が少なく、自信がない
  • そもそも会話・コミュニケーションの経験値が少ない
  • うつ病や不安障害など精神疾患を持っている可能性もあり

★箇条書きはとてもいいです!

◇いきなり箇条書きに入らず、その前に文章があると読者により伝わります。
例)人前で喋れなくなってしまう主な原因は次の通りです。

人前で喋れない人の特徴・原因をご紹介しましたが、

基本的に「相手を困らせてやろう!」という悪気は
感じられなかったのではないでしょうか?

◇上記の文章ですが、主語がないためにちょっと分かりにくいですね。
◇流し読みされるのが前提のweb記事では、分かりやすくするためにひとつの文章にひとつの意味を心がけましょう。
以上を踏まえて、次のようにしてはどうでしょうか。
例)ここまで、人前で喋れない人の特徴と原因をご紹介してきました。
喋れない人に相手を困らせるつもりはなく、悪気はないのです。

喋れない人ご本人なりの葛藤がおそらくあるはずです。

★喋れなくて困っている人の気持ちに寄り添う言葉がすばらしいですね!

そこで、人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人の本音を
リサーチしてみました。

人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人のリアルな声

読者の身近に人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人がいたとしても、
本人から直接悩みや理由を聞くことは現実的に難しいと思います。

ここでは人前で喋れない人・苦手意識がある人の
リアルな声をあえてご紹介します!

◇「あえて」は「無理に」にという意味と「あえて〇〇でない」とうしろに打消しの言葉を伴って使います。この場合は少し違うと思ったので消しました。
「喋れない人の悩みを聞くことは難しい→リアルな声を紹介します」という自然な流れでOKです。

喋るのが苦手です。私はコミュ障で自分から言葉を発してこなかったのもあります。
喋るの得意になりたいですが、こういうのって訓練と練習あるのみですか?
どうやったら会話が上手くなりますか???             

出典: Yahoo!知恵袋

人としゃべるのが苦手です。アドバイスください。
人としゃべるのが嫌いではなくて苦手なのです。

出典: Yahoo!知恵袋

雑談が苦手です。
自分のこんな話しても興味無いだろうな、と思って話さないので、無口です。
どうすれば躊躇なくしゃべれるんでしょうか?

出典: Yahoo!知恵袋

人によって喋れる人と喋れない人がいます。
この人とは普通に話せるのに、あの人とは緊張して話せない…という感じです。

出典: Yahoo!知恵袋

人見知りを治したり、友達付き合いや会話をうまくなることってできますか?
友達と居るのに、何処か独りと感じて寂しくなったり、悲しくなったりしませんか?
ネガティブ思想を変えることはできるでしょうか。

出典:教えて!goo

多くは、
「上手に喋りたいけど、どうしたらいいかわからない…」
「雑談が苦手…」
「喋れる人と喋れない人がいる…」など
改善したい気持ちが汲み取れる声ばかりでした。

そんな素直な本音がありながらも
喋れない人ご本人の思いは周囲にはまったく伝わっていないというのが現実です。

また、伝わらないがゆえに
喋れない人がもたらす印象はよろしくありません…。

そこで次の章では、喋れない人・コミュニケーションが苦手な人が与える印象を
いくつかあげてみました。

★文章の流れがよくて分かりやすいですね!

人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人が与える印象

◇見出しと箇条書きの間に文章がないので少し唐突に感じてしまいます。見出しと似かよっていても文章を挟みましょう。
例)周囲は喋れない人のことをどのように思っているのでしょうか?
主な印象は次の通りです。

  • 会話をするのに気を使うし、疲れる
     ( 自分から話題を振らないと喋らないため相手が負担に感じる)
  • コミュニケーションが少なく、何を考えているか今いち分からず怖いと感じる
  • .反応が薄いので、自分の話がつまらないのかと感じてしまう
  • ノリが悪く、つまらない人だと感じる
  • 仕事を頼みづらい。円滑に進めづらい。
  • 単純にあまりいい印象は持てない。

★ここも箇条書きで分かりやすいですね!

◇このままではマイナスの印象で終わってしまいますので、次の章につながるポジティブな言葉を追加しましょう。
例)やはり残念な印象を与えてしまっていますが、大丈夫です!
次の章でコミュニケーション力をアップさせる方法をお伝えしますね。

人前で喋れない人必見☆コミュニケーションにおける8つの工夫

人前で喋れない人やコミュニケーションが苦手な方でも
今日から始められるコミュニケーションの工夫・ポイント8つをご紹介していきます!

★「8」という具体的な数字がいいですね。ポイントがたくさんあることも伝わるので「何かひとつくらいはできることがあるのでは」と読者も期待が持てるでしょう。

いきなり全てのポイントを実践するハードルは高いと感じられて当然なので、
段階ごとに3ステップに分けて紹介していきたいとおもいます。

★ここ、とってもすばらしいですね!苦手なことに挑戦する読者に配慮して「3ステップ」と細かく分けています。

まず初めに、【ステップ①】(3つ)です。

◇実は「①」のような囲み文字も環境依存文字です。使わない方が無難でしょう。(ただ最近では改善され、ほぼ問題ないと言われています)

【ステップ①】:まずは話しかけられやすい雰囲気を作る

はじめから急に喋る行為を増やすことは現実的に厳しいと感じられて当然です。
まずは相手が話しかけやすい雰囲気でいることを心がけ、実践しましょう!

★読者の気持ちを考えながら行動を促す文章がいいですね!

まずは挨拶からはじめる

 どんなコミュニケーションの基本中の基本でもあり、大切とされるのが挨拶です。

 喋れない人・会話が苦手な人はどうしても人との接触を最小限にしたい気持ちが勝り、
 基本的な挨拶が疎かおろそかになっているかもしれません。

 まずは自分から!可能であれば、大きめの声で明るめに!挨拶してみましょう。

笑顔で振る舞うことを心がける

 話題提供をすることよりも笑顔の方がハードルは低いはずです。

 決して作り笑いをしましょう!ということではなく、
 相手から話しかけてもらえる雰囲気づくりの第一歩です!

 先に述べた挨拶と同時に心がけてみましょう!

見た目の雰囲気を少し変えてみるのもあり

 いきなり挨拶や話のトーンを明るくすることが難しい
 少しでも明るい印象を与えられるよう、見た目を気使うことも方法の1つです。

◇「喋れない人」に合わせて、あえて「方」ではなく「人」にしてみました。

 別人のようなイメージチェンジをしましょうというわけではないです。

 例えば、普段黒などの暗めの色の服装ばかりの
 色物を身に付けるなど、自分の気持ちが少しでも明るくなる装いを
 試してみてくださいね!

★3つあればどれかひとつはできそうですね!特に見た目の印象は取り組みやすいと感じました。髪型、洋服、アクセサリー、メイクなどから話が膨らむ可能性もありますね。

次に、【ステップ②】(2つ)です。

【ステップ②】:欠かせないのは「傾聴」と「共感力」‼
 自ら話すハードルが高くとも、聞くことならできるのでは?

◇上記は見出しとして少し長いかもしれませんね。見出しに文字数制限はありませんが、キャッチーな短めの見出しは読者の印象に残ります。
例)【ステップ②】喋れないなら聞いてみよう!

喋れない人や、コミュニケーションに苦手意識がある人にありがちなのが、
「何を話したらいいかわからない。」という悩み。
では話せるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

◇「かぎかっこ」の最後に句点「。」は不要です。

聞き上手は話し上手!!!まずは相手の話に耳を傾ける

◇今回のキーワードは「喋れない人」なので、「お喋り上手」としてもいいかもしれないですね。

 話題提供ではなく、相手の話を聞くことに徹しましょう!

★ズバリ言い切っているところがすばらしいです。

 表情に色をつけたり、相槌を打つだけでも話し手は悪い気はしないので、
 とにかく無表情や聞いていないのかな?と思われる態度は止めましょう。

◇上記の文章は、一文一義の原則にのっとり2文に分けた方がいいでしょう。

日頃から共通の話題を探しておく

 こちら共通の話題を見つけることはいきなり「はい!その日にやってみましょう‼」と言って
 できる話ではないですよね…。

◇web記事では「こちら」などの指示語は使わず、可能な限り具体的に表現した方が正確に伝わります。(同じ言葉の繰り返しで、くどくなってしまう場合は使うこともあります)

◇上記の文章はもう少しシンプルにできそうですね。例)共通の話題はすぐには見つかりませんよね。

 共通の話題というのは、相手との接触機会を活かし、
 またその機会が多ければ多いほど見つかりやすいものです。

◇上記の文章はもう少し簡単にできそうです。
例)相手との接触機会が多ければ多いほど、共通の話題を見つけやすくなります。

 相手を知ろうという気持ちやあの人と話したいという気持ちが大切です!

★この言葉で会話の糸口を見つける考え方が明確に伝わりますね。

◇気持ちの部分は理解できますが、実際にすることが具体的に書かれていると読者が実行しやすいと感じました。
例)相手の発言や服装、持ち物などを注意して見てみましょう。

コミュニケーションを築く中でも、
一番大切であるといっても過言でないのが「共感する力」です。

「共感」は自己主張が強いお喋りな人が意外とできていなかったりもします。ないこともあります。

◇「~たり」は2回繰り返すのが正しい使い方です。

「喋ることが苦手な自分なんか絶対できない‼」という思い込みは捨て、
強みにしていきましょう!

◇読者はコミュニケーションが苦手な人なので、「共感する力」の具体例があるとより読者に伝わると思いました。
例)「共感」は笑顔でうなずくだけでも相手に伝わります。

◇「苦手」から「強み」にするのは、この記事の対象読者にはちょっとハードルが高いかもしれません。
もう少し取り組みやすいことを提案できると、読者も受け入れやすいと思います。
例)「喋ることが苦手な自分なんか絶対にできない!!」という思い込みは捨て、まずは笑顔でうなずくところからはじめてみましょう。

最後に、【ステップ③】です。

【ステップ③】:少しずつ自分から話す機会を増やしていこう

ステップ①・ステップ②が習慣づけば、
自ら話しかけることや自ら話しを広げることは意外と難しくありません。

当初感じたほどの高いハードルを感じることはおそらくないはずです。

◇同じ言葉が重ならないように注意しましょう。

無理のない範囲で下記の点を少しずつ実践してみてください!

少しずつ会話を繋げてみましょ

◇他の見出しと表現を合わせました。

「はい」・「いいえ」の返事や相槌のみではなく、
 話しの流れで、より具体的に相手に質問や感想を促すなど
 会話を自ら繋げる努力をしていきましょう。

◇「はい」「いいえ」を「かぎかっこ」でくくるなら、中点「・」はなくても伝わりますね。

◇会話をつなげるにはどうしたらいいか、具体案が提示できるともっとよくなりますよ。
例)具体的には「それで、その後どうしたのですか?」と質問してみたり、「それは大変でしたね」「よかったですね」と相手の表情に合わせながら感想を伝えましょう。

少しずつ自分から話しかけてみる

 話しかけられ待ちでいるばかりではなく、
 少しずつ自ら話しかける機会を増やしていきましょう!

◇もう少し説明があってもいいかもしれませんね。喋れない人が一番苦手としている部分でしょう。方法を知りたいところだと思います。
例)流暢に話す必要はありません。あなたが比較的話しやすいと思う人からで大丈夫です。まずは「おはようございます」「お疲れさまです」と、あなたから笑顔で話しかけてみましょう。

会話をすることを楽しむ

 人と話すことにおける成功体験が増えていくと
 おのずと会話をすることが苦ではなく、楽しくなっていると思います。

★明るい未来が明確に見えていいですね!

◇「人と話すことにおける」という表現が、全体の表現と合わず浮いているように感じます。全体の雰囲気を合わせましょう。例)会話が成立して成功体験が増えていくと

 ステップ①~③の工夫をやろうとするものの、

「まだ理想の喋れる自分にはほど遠い…。」
「まだまだ自ら話すことに自信がない…。」
そんな方もいらっしゃるかもしれません。

★読者の気持ちを想像し、先回りできているところはすばらしいですね!

◇次の文章にも「そんな方は」が続いていますので、表現を工夫してみましょう。
例)ステップ①~③の工夫を実行しても、思うように進まなくて落ち込む人もいるかもしれません。
「まだ理想の~

そんな方はコミュニケーションを工夫する前の過去の自分と比べてみてください。

かなり良い変化を感じられるとおもいます。

◇表記ゆれに注意しましょう。

比べるのは他人ではなく、過去の自分です。
そうすることで自然と自己肯定感が上がり、自分に自信もつきポジティブになれますよ。

できることから少しずつでいいので、始めてみてくだいね☆

★「過去の自分と比べる」のはとてもいい方法だと思います!暗に「他人と比べなくていい」というメッセージも届けられます。
★読者が前向きになれるステキな言葉ですね!応援する気持ちが伝わります。とてもいいですね!

人前で喋れない人とのコミュニケーションにおける5つの工夫

◇この章は、自分の周囲にいる「喋れない人」ととのコミュニケーション方法を書いていますね。
パッと見出しを見たときに、前章との違いが分かりにくいと思いました。
もちろんよく読めば分かりますが、web記事は流し読みされてしまうので、分かりやすさを重視した見出しにするともっとよくなります。例)自分の周囲にいる「喋れない人」とうまくコミュニケーションをとる工夫5選

◇前章と対象の違いを明確にするために「今度は、自分の周囲にいる「喋れない人」に目を向けてみましょう」などと付け加えるといいでしょう。

『喋らない人・コミュニケーションを積極的にとらない人=苦手』だから、
関わらずに済むという世の中ではありません。

仕事や学校等のなど社会生活の中で相手配慮し、スムーズなコミュミケーションをとるために工夫できる余地・可能性
は意外と残されていたりします。

そこで人前で喋れない人や、コミュニケーションが苦手で口数が少ない人
コミュニケーションをとる際の工夫を
5つほど簡単にご紹介できればとおもいます!

★「5」という数字に惹きつけられますね!

是非、以下の点を工夫してみてくだい☆

  1. まず第一に、「喋れない人=無視・無関心」という考えは捨てる →◇「喋れない人は自分を無視している、または自分に無関心だと思い込まない。」ではいかがでしょう。
  2. 無理に喋らそうとしない
  3. 相手(喋れない人)の興味・関心があることを知り、その話題を振ってみる
  4. こういう人もいると良い意味で割り切る
  5. 相手(喋れない人)の良いところを見つける、知る

★箇条書きが分かりやすいですね。ワードプレスでできることの例として、ボックスで強調してみました。

上記にはそこまで難しいことはあげていないかと思いますが、
中にはできていないこともあるのではないでしょうか?

◇一文一義の原則にのっとり、文章を2つに分けた方がいいと思います。

「なんで私がそこまで配慮しなければいけないのか?」という考えは捨て、
自分のためにも、まずはできることから1つでも心がけ実践してみてくださいね☆

◇その考えを捨てるとどんないいことがあるのかを示せるとやる気がアップします。
例)~という考えは捨てましょう。コミュニケーションがうまくとれていると、学校や職場の雰囲気がよくなって結果的に自分も楽しく過ごせます。自分のためにも~

喋れない人に対してのみではなく、コミュニケーション全般のスキルも
自然と上がっていることと思います!

人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人が仕事上でつらいと感じる場面

人前で喋れない人・コミュニケーションに苦手意識がある人が
職場で極力避けたい、つらいと感じる主な場面は下記の通りです。

  • 世間話
  • 挨拶
  • 電話の取り次ぎ、電話応対
  • 顧客対応・接客
  • 上司や目上の方への報連相(報告・連絡・相談)、質問
  • プレゼン、朝礼、研修等の人前で話す場面
  • 後輩指導
  • 仕事の引継ぎ
  • 昼休み、休憩時間、飲み会

上記を見ていると「もうどんな仕事をしてもダメではないか…」
一見(「上記を見ると」と重複)思えてしまうかもしれませんが、

しかし、人前で喋れない人・コミュニケーションに苦手意識がある人であっても
活躍できる場面・仕事(役割)はあります‼

★読者に希望を与える力強い言葉です!

◇三点リーダー「…」について。使用してはいけないルールはありませんが、多用は避けた方が無難でしょう。

苦手な役回りや苦手な仕事・職種に留まることが
全てすべてではないという考え方も1つです。

◇「すべてではないという考え方も1つです。」はシンプルにできそうです。
例)「すべてではありませんよね。」または「すべてではないという考え方もあります」ではいかがでしょうか。

そこで、人前で喋れない人におすすめの仕事をご紹介していきたいと思います!

人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人におすすめの仕事

人前で喋れない人・コミュニケーションが苦手な人に
おすすめの仕事について、

◉肉体労働編
◉事務編
◉IT関連編

の3つのパターンに分けて紹介します!

◇上記の方法も悪くありませんが、文章を終わらせてから箇条書きにした方がシンプルです。

肉体労働編

・工場、倉庫での軽作業や力仕事
・トラック、宅配業のドライバー
・新聞配達
・宅配員
・警備員
・スーパー等の品だし
・農業
・清掃、ビルメンテナンス

体力仕事のお仕事となると、
年齢を重ねていくときついと感じられるかもしれませんが、

でも職場での人付き合いが面倒に感じられる方からすると
職場環境としては居心地がいいかもしれないですね。

★デメリットとメリットをさりげなく伝えていてすばらしいですね!

求人で単発のお仕事としてよく目にする職業も多いかと思います。

まずは体験してみるのも1つです。いいでしょう。

事務編

  • データ入力
  • 経理事務
  • コールセンター

営業職や対面での接客業ではないので、
コミュニケーションのハードルは低めの仕事です。

人前で喋れない人やコミュニケーションが苦手な人であっても、
マニュアルがあり、対面ではないコールセンターのお仕事が
意外といていたという話も聞きます。

もちろん個人差はあるかと思いますが、
コールセンターでの経験をきっかけとしコミュニケーションの幅を広げることも
1つの方法かもしれませんね。

IT関連編

  • エンジニア
  • プログラマー
  • マーケッター
  • Webデザイン
  • ライター
  • ブロガー
  • アフィリエイター
  • 株、FX
  • せどり

雇われずに、1人で黙々とすることも可能な仕事ですので、
組織に属することにどうしても苦手意識があり、抵抗感が拭えない人には
もってこいの仕事です。

ご自身の特性を活かせる方もいらっしゃると思います。

また企業勤めであったとしても、比較的在宅でも可能となる仕事です。

中には、一般的に副業と位置づけられているお仕事もありますが、
前提として知識・スキル・経験が問われる仕事でもあるので、
今後の見通しを立てて取り組むこともまた大切と言えます。

◇上記の文章はすこし意味が分かりにくいと感じました。

◇仕事紹介はここまでですね。ワンクッションあると自然につなげることができます。
例)ここまで喋れない人におすすめの仕事をご紹介してきました。

肉体労働や一般事務で得られる収入は
正規雇用・非正規雇用等の雇用形態問わず、収入が(重複)どうしても限られしまいますが、
上記の仕事は取り組み次第ではそれなりの収入を得られる可能性があります。

◇「収入は」「上記の仕事は」主語がふたつあるので分割した方がいいでしょう。

また需要がうなぎ上りと言われているIT関連のお仕事は将来性も高いとされています。

やるからには、本気で取り組む覚悟で取り組んでみてくださいね!

喋れない人には在宅ワークもおすすめ

↑提出された記事では章になっていませんでしたが、内容的に章として独立させた方がいいと思い設置しました。

昨今、新型コロナウイルスの流行や女性の働き方の変革等の時代背景があり

在宅ワークの注目度が高まると共に、
在宅ワークを取り入れる企業もかなり増えています。

副業をしたい人、育児や介護に手が取られて
フルタイムで仕事をすることが難しい人だけでけでなく、

人間関係に悩んでいる人にとっても見方味方となる働く環境在宅ワークです。

先にご紹介した仕事の中でも、
在宅でできる仕事もかなり増えてきました。

『置かれた場所で咲きなさい』という言葉がありますが、

環境を変えるというのも選択の1つです。

◇ここまで「(選択肢の)1つです」という表現が4回でてきました。できるだけ同じ表現は避けてバリエーションを持たせましょう。(と言っている私も、表現方法にいつも頭を悩ませています)

今の職場でのコミュニケーションの工夫をはかることも勿論もちろん大切ですが、

自分の可能性を広げる意味でも
新たな環境に身をおくことは決して悪いことではありません。

あくまでもご参考程度ですが、
筆者自身の転職経験から感じたことでもあります。

★経験談はオリジナリティが加わりますので積極的に取り入れましょう!

◇美咲さんの転職経験を具体的に書くとグッとよくなります。

自分が少しでも前向きになれる選択ができればいいですね。

★読者の気持ちに寄り添う言葉がいいですね。

まとめ

◇執筆媒体にもよりますが、見出しは「まとめ」だけで終わらせず文章で表現した方がGoogleに評価されます。

◇これも媒体によりますが、まとめの章に画像はいりません。ですが今回はせっかく選んでいただいたので掲載しました。

今回は人前で喋れない人やコミュニケーションが苦手な人の特徴やリアルな声を紹介しながら、
喋ることが苦手な人への理解を深めていくと共に、
コミュニケーションにおける工夫を紹介してきました。

「人前で喋れない人」とひとくくりに言えど、人によって程度が違います。

ただただ人見知りの方、人より口数が少ない方や
あがり症で話す自信が持てない人もいれば、

本人の意思・努力だけではどうにもならないような
コミュニケーション障害を引き起こす診断名(例えば、発達障害・アスペルガー等)を受けたり、懸念があったりと悩んでいる人も少なくないかとおもいます。

◇一文が非常に長いので、箇条書きを使うとより伝わりやすいでしょう。
◇「方」と「人」の両方が使われています。キーワードが「喋れない人」なので、「人」で統一した方がいいかもしれないですね。

一概に線引きすることすら難しいことでもあります。

まとめの章は記事全体をおさらいする章です。理想はまとめだけ読んでも記事の概要が分かることです。
特にこの記事のメインである「8つの工夫」「5つの工夫」をもう一度簡単に紹介するとより伝わる記事になり、読者満足度が上がります。

互いにできることから1つずつ、意識を変えてコミュンケーションをはかることで
少しでも生きやすいと感じられる日々を1人1人がおくることができますように。

★読者を応援する気持ちが伝わってきますね!

◇最後にここまで読んでくれた読者に感謝の気持ちを伝えましょう。
例)最後までお読みいただきありがとうございました。

*****

添削は以上です。コメント欄に総評を載せていますので、ぜひお読みくださいね。

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (5件)

  • 【総評】
    美咲さん、執筆お疲れさまでした。
    7800字に迫るボリュームある記事を書きあげたことはすばらしいですね!
    ここまで書ける人はなかなかいません。
    記事からSEOをご存じであることも伝わってきました。
    この記事のメインは「8つの工夫」の章だと思いますが、特によく書けていますね。
    3つのステップに分け、階段を上るように少しずつチャレンジできるように導いているところは読者への配慮を感じました。
    また、おすすめのお仕事がたくさん載っているので、読者は希望が持てますね。
    在宅ワークの話も興味が引かれると思います。
    web記事では長い文章は好まれません。一文は長くても60~80文字程度におさめると読みやすくなりますよ。
    あとから文章を見直して、なくても伝わる言葉を削ぎ落すと文章がシンプルになります。

    記事全体から、読者を応援する温かい気持ちが伝わってきました。
    今後の美咲さんのライター人生がより輝かしいものになることを、心からお祈りしています。
    ステキな記事をありがとうございました!

  • 美咲さん、記事の作成お疲れさまでした。
    7800文字という大作をきちんと書き上げられるということは美咲さんのライター適性が十分にあるということですよね。
    いろいろな事例を挙げてくださっていることで読者も苦手なことがあってもちゃんと働けるんだという自信にもなりますよね。
    口コミなども積極的に取り入れていらっしゃいますし、これからいろいろなスキルを身につけられたらもっと素晴らしい記事が書いていけると思います。
    読者に対して温かい視点を持てる美咲さんなら、これからのライター人生も素晴らしいものになると思います。
    ステキな記事をありがとうございました。

    がーこさんも添削ありがとうございます。
    いつもいろいろな面で勉強させていただいています。
    今回もありがとうございました。

  • 美咲さん、お疲れさまでした。

    SEO的なポイントも抑えつつ、見事な文章力。
    最後までうんうんと楽しく読ませていただきました。
    一つのキーワードから問題、原因、解決策を広げられており、オリジナル要素として仕事での工夫が盛り込まれている感じですよね。
    論理構造も美しく、読者をひきこむことのできる文章の流れのように感じました。

    何より書くのが好きでないと、ここまでは書けないと思うので、それが一番素敵ですよね。

    SEO的に見ても、他のサイトの記事とは差別化が図れていると感じました。
    他のサイトで書かれていることに+αの情報を加えることで、独自性が生まれるのですが。
    美咲さんはその独自性をうまく出すことができていると思います。
    知識をもっているからこそ、なせる業ですね。素晴らしいです。

    ぜひこれからも腕を磨いて、ライターとしてもっと輝いていってくださいね。
    素敵な記事をありがとうございました。

    がーこさん、添削お疲れさまでした。
    エレガントすぎる言葉の選び方に感動しました。本当に尊敬します。

  • 美咲さん、執筆お疲れさまでした。
    圧巻の7、800文字!
    対策ながら考えられた記事構成と充実した内容で。文字量を感じさせず読み進められました。
    特に自分に当てはまることが多く、共感させられました。
    実際に悩みを抱える方の声を引用するなど、かなりリサーチを重ねられたのではないでしょうか。
    今回の添削を生かし、美咲さんがライターとして飛躍されることを願っています。
    素晴らしい記事をありがとうございました。

    がーこさん、添削お疲れさまでした。
    勉強になりました。

  • がーこさん、SNTの皆様
    あたたかいコメント・アドバイスをありがとうございました。

    フィードバックをいただき
    自分の文章表現のくどさに嫌というほど気づかされました。
    シンプルかつ短い表現でも伝わる内容で書くことを、今後は特に意識していきたいと思います。

    ご担当いただきました、がーこさんとのチャット含めた全ての文字でのやりとりの中で、
    がーこさんの相手を気づかうナチュラルな言葉の選び方に驚きました!
    リモートで顔も知らないお相手の方と、ここまで心地のよいやりとりを感じられることに、
    在宅ワークのコミュニケーションにおける希望を感じました。
    見慣っていきたいと思います。

    皆様とのご縁を無駄にすることなく、
    未熟ながらも前向きにライティングを続けていきたいと思います。
    本当にありがとうございました。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる