【SBC添削記事】家庭と仕事の両立が不安なあなたへ!!家庭を支援するサービス3選

この記事は添削者jddobb33(まい)が担当いたしました。

yama#mさん、この度はSBC無料添削記事に応募いただきありがとうございます。

そして、執筆お疲れさまでした!

今回、yama#mさんが応募時におっしゃっていた、

  • ライティングの仕事で修正をする機会がない
  • 自分の文章に不安がある

という点から、今回の記事を「さらに良くするために!」ということに重点を置いて、添削させていただきました。

良かった、素晴らしい!と感じた箇所には・・・「◎」
提案箇所には・・・「◆」

を付けさせていただいています!
添削は赤字で、説明も一緒に記載していますので、ご確認くださいね。

【タイトルについて】
◎誰に向けた記事かというのが、タイトルを一目見ただけでわかるので、とてもいいですね。
思わず、私のことだ!と思ってしまいました(笑)
育休からの職場復帰に不安を抱いている方は多いと思います。
yama#mさんが紹介してくださったサービスを知ることで、不安な気持ちも解消されるなと感じました!
◎キーワードもしっかり入っていて、「3選」と数字を入れているのも、読者から見ても分かりやすいです。
具体的な数字を入れることは、

  • 検索者の目に留まりやすい
  • 他の同様な記事と差別化できる

という効果があり、とても有効です。
◎タイトルの文字数ですが、28~32字が適切と言われています。
なぜなら、検索した時に表示されるのが28~32字だからです。
yama#mさんが付けてくださったタイトルは30字でしたので、バッチリですね‼
◆家庭という言葉が2回使われていましたね。
文字数が28~32字と制限される中で、同じ言葉を使うのは、もったいないです。
できるだけ同じ言葉は使わないようにしましょう。
キーワードの「家庭 両立支援」、両立と支援の間に空白があるなら、yama#mさんが付けてくれたタイトルのように両立と支援を切り離してもいいのですが、空白がない場合はキーワード通りにタイトルを付けるようにしましょう。
〚空白がある場合〛
案1:家庭と仕事の両立が不安なあなたへ‼知っておきたい支援サービス3選(32文字)
案2:【働くママ必見!】家庭と仕事の両立を支援する3つのサービスとは(30文字)
〚空白がない場合〛
案1:家庭と仕事の両立支援で負担を軽減‼使えるサービス3選をご紹介!(30文字)
案2:家庭での負担減らせます!知っておきたい3つの両立支援サービス(29文字)
※「!」や「?」、数字は半角で入力し、半角は0.5文字で計算します。
※できるだけタイトルの左側にキーワードを持ってくるのがいいとされています。
ですが、空白ありの案2のように【】を使うと、目に付きやすいので効果的です。

【アイキャッチ画像について】
◎タイトルの下にSBC 記事の画像を入れていただき、ありがとうございます‼
アイキャッチ画像は記事の顔になる大切な画像です。
今回は既定のものがありますが、ご自身で記事を作成される際は、記事に合った画像を選択されてくださいね♪
他の見出し2の画像も記事のイメージにぴったりですね。
そして、画像サイズも完璧でした!マニュアルをよく読んで取り組んでいただいたのが伝わりました♪

【記事全体について】
◎箇条書きや表で見やすく、分かりやすく書かれていて読みやすかったです。
◎改行も一文「。」でされていましたね。
web記事は、最近はスマホで読まれることがほとんどです。
改行なしで文章を続けてしまうと、文字が画面にびっしり詰まってしまい、読みにくくなってしまいます。
読者にストレスなく読んでもらうために、一文「。」で終わったら改行するようにしましょう。
文章の内容によって区切りのいいところで空白の改行を入れると、さらに読みやすくなりますよ。
ところどころ、文章が続いている箇所がありましたので、気をつけてみてくださいね♪
◆今回、文字装飾があまりされていませんでした。
大事な部分や特に強調したい、伝えたい部分を装飾すると、さらにいい記事になると思います。
◆キーワードの「家庭 両立支援」と検索した時に、働く時間の短縮や、子どもの看護休暇制度などが出てきていたので、職場でも両立できる支援があるということも記事にすると、記事の質が上がると思いました。
◆文章が「です」「ます」と単調になりがちなので、いろんな語尾を使ってみると文章のリズムが良くなりますよ。
語尾は連続で同じものが3回続くと読みにくい印象になるため、2回以上同じものが続かないように気をつけてみましょう!

育児休業中は職場への復帰が近づくにつれて、どんどん不安になってきますよね。

実は私も現在育休中です。仕事だけでも大変だったのに、そのあとに家事と子どものお世話をしている自分がまだイメージできていません。

◎不安に感じている読者に対し、私もですよと共感し、寄り添っているところが、とてもいいですね!
共感することで、親近感も湧き、記事を読み進めてもらいやすくなります。
◆ですが、育児休業中とハッキリ書いてしまうと、ペルソナが育休から復帰する方に限定されてしまいます。
なので、
案:家庭と仕事の両立って、本当に難しいですよね。
家事や子供のお世話だけでも大変なのに、さらに仕事までされているなんて!
働くママさんには、本当に頭が下がります。
私は現在育休中なのですが、職場復帰が近づくにつれ、家庭と仕事が両立できるか不安に感じています。
仕事だけでも大変だったのに、さらに家事や子どものお世話をしている自分がイメージできないのです。

・育休中の今でも家事と育児で大変なのにできるのかな?

・共働きだし、親は遠方に住んでいるし頼れる人がいない…

・保育園に行き始めたら、熱がよく出るって聞くけど毎回休むのも気が引ける…

など家庭と仕事の両立ができるのか不安が増えるばかりです。

↑◎感じている不安を箇条書きにすると、分かりやすくて、視覚的にも読みやすいのでgood!です。
箇条書きではなく「」を付けたりするのも見やすくていいですよ。

しかし!不安を減らし、両立を支援してくれるサービスがあるんです!

今回は家庭での育児の負担を減らすための支援制度やサービスについてご紹介します。

どんな制度があるのか支援を受けるためにやっておくべきことを知って、少しでも不安を取り除きましょう!

◎この記事でわかることが明確に書かれていて素晴らしいです!
そして「少しでも不安を取り除きましょう!」と読者を勇気づけている前向きな言葉もとてもいいですね。
◆ここで、「すでに働いているママさん達も知っておくと負担を減らせますよ」のように付け加えると、育休中以外の方も読み進めてくれますよ。

目次

そもそもどんなところが支援を行っているの?

支援サービスを行っているのは、大きく分けて自治体と民間の2種類です。

住んでいる地域の自治体が行っている事業であったり、会社や個人が運営しているサービスであったりします。

それぞれに特徴があるので、ご家庭の状況や利用内容によって使い分けましょう。

◆「どこが支援を行っているのか」という見出しですが、自治体と民間の違いを知りたい方のために、自治体と民間の具体的な違いをもう少し詳しく説明してもいいのかなと思います。
読者が自治体と民間のサービスを利用するにあたって、具体的な違いがあまりないなら、この見出しをなくして導入文に「支援を行っているのは自治体や民間企業などがあります」という文章を加えるといいと思います!
その場合、以下の方法があります。

見出し2「家庭と仕事~ ~自治体~」「家庭と仕事~ ~民間~」としているのを、一つの見出しにまとめて「家庭と仕事の両立を支援するサービス」にします。そして、見出し3に病児・病後保育、ファミリーサポート、ベビーシッターの説明をもってきます。そうすると、この文章の中で自治体か民間か、ということもお伝えできますね!タイトル通りの見出しになるのでストレートに伝わりやすいかと思います。

家庭と仕事の両立を支援するサービス~自治体~

◎見出しにキーワードがしっかり入っていて素晴らしいです!
見出しにキーワードを入れることでSEO対策にいいとされています。
※SEO対策・・・Google検索の評価を上げる対策のことです。

まず、自治体が行っているサービスについて2つご紹介します。

1. 病児保育・病後児保育

病児保育とはケガや病気の子どもを保護者にかわってケアする制度です。


◆病児保育を調べたところ、厚生労働省のサイトには「ケガの子ども」とは記載が無かったので訂正させていただきました。

一方、病後児保育とは、発熱症状などが治まり感染期が過ぎていても登園・登校が難しい場合に利用できる制度です。

対象は自治体によりますが、0歳から小学6年生まで。

◆対象年齢ですが、以下は12歳となっていて、ここだけ小学6年生になっています。
12歳か小学6年生か、どちらかで統一しましょう。

保育園や病院などに併設された施設に預ける「施設託児型」と、看護師や保育士が家庭に訪問する「自宅訪問型」があります。、両方とも登録が必要ですになります(改行)また設託児型は事前予約制の場合が多いです。

利用料金については、施設託児型は1日2000~3000円、自宅訪問型は2000~2500円程度です。(改行)お住まいの地域、世帯状況、利用時間によって変わるので一度お住まいの地域の条件を調べておきましょう。

子どもの人数によって看護師・保育士の人数に規準があるため、安心して預けることができます
↑語りかける文章の場合は、「ね」や「よ」をつけると親しみやすさがでますよ♪

◆yama#mさんが書いてくださった文章でも十分伝わるのですが、「施設託児型」と「自宅訪問型」はどういった違いがあるのか、もう少し詳しく説明すると、読者もイメージしやすいと思います。
文字ばかり続くと、どうしても分かりにくくなってしまうので、見やすくするために、個別に説明していくといいですね。
案:病児・病後保育には「施設託児型」と「自宅訪問型」があります。
それぞれ見ていきましょう!
【施設託児型】
医療機関併設型、保育園併設型、単独型と3つのタイプがあります。
医療機関・保育園併設型は文字通り、病院や保育園に併設された施設のこと。
一方で、単独型は、病院や保育園に併設されておらず、単独で病児保育行う施設のことです。
利用料金
自治体が運営している場合の相場は2000~3000円/日
メリット
・病院や保育園に併設されていたり、専門の知識を持ったスタッフがいることで、安心して預けられる
・訪問型に比べると、料金が安い
デメリット
・施設の数が少なく、予約が取りにくい
・急に調子が悪くなったり、発熱したときには、対応してもらえないことがある
・感染症の場合は、受け入れてもらえないことがある
【自宅訪問型】
看護師や保育士といった専門の知識を持ったスタッフさんを、自宅に派遣してもらえるサービスです。
自治体で行っているところもありますが、民間企業が行っている場合もあります。
利用料金
〚自治体の場合〛入会金500円、15分100円
〚民間企業の場合〛入会金2~3万円、月会費5000円~、保育料2000円~
※運営企業や自治体、預ける時間によって違ってきます。
メリット
・施設に連れていく負担が減る
・自宅で保育してもらえるため、子どももリラックスして過ごせる
・保育園へのお迎えや、病院の診察など、保育以外にも柔軟に対応してもらえる
デメリット
・施設型に比べて料金が高い
・しっかり研修はされているが、医療従事者ではない場合もある

どちらを利用するにも、事前に登録が必要です。
お住いの地域に、どのような施設やサービス業者があるのか確認しておきましょう。

2. ファミリーサポート

ファミリーサポートとは、その地域に住む支援を受けたい人(依頼会員)と支援したい人(提供会員)をつなぐ制度です。(改行)イメージとしては、助けてくれるご近所さんが近いですといった感じですね

利用方法としては、保育園や習い事の送り迎えや保護者が帰宅するまでの預かり、自治体によっては病児・病後児の預かりなどもあります。

◆どのような時にファミリーサポートを使えるのか、箇条書きにすると見やすいですね。
・保育園や幼稚園、学童保育のお迎え
・お迎え後、保護者が帰宅するまでの預かり
・習い事の送り迎え
・病院や歯医者など、子どもを連れて行きにくい場合
・リフレッシュするための外出時
自治体によっては、病児・病後児の預かりをしてくれる場合もあります。

対象は、多くの地域で生後3か月から12歳まで。

利用料金は1時間600~1000円で、平日か土日か、利用する時間帯などで変わってきます。

お世話をしてくれる提供会員は子育て経験がある方が多く、事前に講習を受けていますが、必ずしも資格のある方というわけではありません。

◆ファミリーサポートを受けるにはどうすればいいのか、という説明があればいいですね。
案:ファミリーサポートを利用するまでの流れを簡単に説明します。
①お住いの地域のファミリーサポートセンターに登録
②アドバイザーが支援を受けたい人と、支援をしたい人を仲介・紹介
③マッチングできたら、事前に打ち合わせ
④ファミリーサポート開始!
⑤料金を支払う
ファミリーサポートは、受けれるようになるまでに時間がかかったり、なかなかマッチングできないこともあります。
急に仕事が入ってすぐ預かってもらいたい、頻繁に利用したい場合は、企業やNPO法人が行っているファミリーサポートや、保育園の一時預かりを利用するのもいいですよ。

家庭と仕事の両立を支援するサービス~民間~

次に、民間の企業や個人が行っているサービスについてご紹介します。

・ベビーシッター

会社民間の企業や個人が運営する家庭自宅訪問保育サービスです。
◆見出し2の下の文章で「民間の企業」と記載しているので、会社ではなく「民間の企業」で揃えましょう。

言葉はよく聞くけど実際に利用したことがある方は少ないのではないでしょうか?
◎この問いかけは、読者に親近感を与えるのでとてもいいです!
◆ここから、ベビーシッターとはどんな人なのか、少し説明を足しましょう。
ベビーシッターという言葉は聞いたことがあるけど、詳しく知らないという読者にも分かりやすくなりますよ。

そしてベビーシッターの使い方を箇条書きにすることで、シッターの使い勝手の良さが伝わりやすくなります。
案)ベビーシッターとは、自宅に来て子どものお世話をしてくれる教育や保育のスペシャリストです。
・子どもが病気で保育園を休まなければならないとき
・急用で子どもを見てもらいたいとき
・自分の時間を確保し、リフレッシュしたいとき
・保育園や習い事への送り迎え
・休日にたまった用事を済ませたいとき
など、幅広く使うことができます。

保育園や習い事への送り迎え、休日にたまった用事を済ませたいときの子供の保育など幅広い使い方があります。

ベビーシッターの特徴は、自宅で依頼者の要望に合わせた保育ができることです。

そのため事前に打ち合わせをする場合が多いです。

対象は、0~12歳まで。

利用料金の目安は1000~4000円です。
◆企業によって会員費や年会費がかかるところがある、という注意書きがあると親切ですね。
案)※企業によっては、会員登録が必要で、その際に会員費や年会費がかかる場合があります。

利用する会社を選ぶ際のポイントは、シッターの派遣方法に注目することです。

自分でシッターを選べる場合と会社が選んで派遣する場合があります。

シッターは会社が設ける条件をクリアした人ですが、必ずしも資格があるわけではありません。(改行)資格のある人に安心して見てもらいたいという方は利用する会社選びから気を付けましょう。

家庭を支援するサービスまとめ

◆他の見出し2は「家庭と仕事の両立を支援するサービス」とキーワードがすべて入っているので、まとめの見出しにもキーワードが入るような見出しを付けるといいですね!
無理にキーワードをねじ込もうとすると、不自然になってしまうので気を付けましょう。

今回ご紹介したサービスをまとめると以下のようになります。

対象年齢 平均金額 シッターの基準 サービス内容

病児保育

0歳~12歳

施設託児型:2000~3000円/日

自宅訪問型:〚自治体〛保育料15分100円
〚民間企業〛保育料2000円~

※会員費や月会費が必要な場合あり

看護師・保育士 病気の子どものケア

病後保育

病気が回復期にある子どものケア
ファミリーサポート         3ヶ月~12歳 600~1000円/時間 講習を受けた人 習い事などの送り迎え、一時預かり、自宅保育など
民間ベビーシッター 0歳~12歳

1000~4000円/時間

※会員費や年会費が必要な場合あり

会社の条件をクリアした人    

◎表にしてあると、とても分かりやすいですね♪
Googleドキュメントからうまく反映できなかったので、少し手を加えて表を作り直させていただきました!

・金額や利用内容によって、使い分ける。

・地域や会社によってサービスに若干の違いがあるため利用前によく確認する。

・事前に登録をしておく。

◎まとめで箇条書きにすると、分かりやすくておさらいにもなるのでgood!!です。

大切なのは、家庭も仕事も両方頑張らなきゃと一人で抱え込まないことです。

育児だけに限らず、家事代行や宅配サービスなど家事の負担を減らす支援サービスもあります。

家庭での家事育児は夫婦で協力してやるものです。(改行)パートナーと相談しながら利用できる支援は使っていきましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

◎読者に「一人で抱え込まないで」と励まし、「支援サービスを使っていこう!」と前向きな文章でとてもいいですね♪
◎最後に読者への感謝の気持ちを入れられていて、素晴らしいです!
◆支援サービスを利用することによって、「今の現状がどう変わるか、どんな良いことがあるか」という文章を入れると、読者がイメージしやすく、アクションを起こしやすくなりますよ。
案)支援サービスを利用することで、家庭と仕事を両立するという負担を軽減できます。
そして、子どもが病気で急に仕事を休まないといけなくなっても、こんなサービスがあることを知っていると心強いですね。
子どもにとって一番の幸せは、ママが毎日笑顔でいてくれること。
夫婦で相談し、協力しながら、ときには支援サービスの手も借りながら、充実した毎日を送ってもらえれば嬉しいです。

yama#mさん、執筆お疲れ様でした!
添削は以上になります。
総評はコメントに書かせていただきますので、ご覧になってくださいね。
素晴らしい記事をありがとうございました♪

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

あなたの温かいコメントで執筆者は次も頑張れます♪

コメント一覧 (7件)

  • yama#mさん、執筆お疲れ様でした!
    家庭と仕事を両立するのは、本当に大変なので、育休から職場復帰される方は両立できるか不安に思っている方も多いと思います。そんな不安を解消し、読者の悩みに寄り添うとてもいい記事でした。私も一度、育休から職場復帰をしていますが、こんな支援サービスがあったなんて知りませんでした‼もっと早くにyama#mさんの記事に出会いたかったです。
    文章に不安があるとおっしゃられていましたが、とても分かりやすく、スムーズに読むことができました。自信を持ってくださいね‼
    初めてとは思えないほど、見出しもしっかり使いこなせていましたよ♪
    小さいお子様がいらっしゃって、執筆する時間が取りずらかったと思いますが、挑戦していただきありがとうございました。
    そして、素敵な記事をありがとうございました♪

  • yama#mさん、執筆お疲れさまでした!
    仕事復帰するママの不安は「何かあったらどうしよう」ですよね。
    この記事に書かれていることを知っているのと知らないのとでは、いざという時に大きな差があります。
    また、知っていると普段から安心が得られますよね。
    少しでも多くのパパ・ママに読んでほしいと思います。
    文章に不安があるとのことでしたが、何の問題もないと感じました。
    ご自身のお話を折り込むことで読者との距離も上手に縮められています。
    記事の流れもよく、分かりやすかったですよ。
    この添削でyama#mさんがライターとしてさらに飛躍されることを願っています。
    すばらしい記事をありがとうございました。

    まいさん、添削お疲れさまでした。
    すばらしい添削で、勉強になりました。

  • yama#mさん、執筆お疲れ様でした!
    女性にとって育児休業期間が終わり、職場復帰するときの不安やストレスはとても大きいですね。
    ご自身の不安な気持ちを率直に記事に入れていらっしゃる点がとても良かったです。
    多くの読者の共感を得ると思いました。
    子育て、家事、仕事をすべて担うことはとても大変なことですよね。
    yama#mさんの記事にある支援サービスは、とても有益な情報です。
    しっかりリサーチして記事を書いていらっしゃると思いました。
    表や、箇条書きを使っていてとても読みやすい記事でした。
    素晴らしい記事をありがとうございました。

    まいさん、添削お疲れ様でした!
    丁寧な添削で、とても勉強になりました。

  • yama#mさん、執筆お疲れ様でした。
    仕事復帰後の家庭との両立に不安を抱えるママさんたちに、有益な情報をわかりやすくまとめて下さっていますね。
    特に「まとめ」の表は、それを見ただけで情報を把握できるので、とても役立つと思います。
    ご自身の不安な気持ちを記すことで読者に親近感を与え、また記事の説得力も増します。
    文章も読みやすく、読者に優しく寄り添い励ます言葉たちも、とても魅力的でした。
    ぜひ、今回の添削を生かしライターとして大きく羽ばたいてくださいね。
    素敵な記事をありがとうございました。

    まいさん、添削お疲れさまでした。
    とても勉強になりました。

  • yama#mさん、執筆お疲れ様でした!

    yama#mさんの記事は読者に読みやすく、分かりやすくと配慮されている点がいくつもあり、すごくいいなと思いました。
    特に最後の自作の表は素晴らしいです!!

    ご自身の経験を書かれたり、読者に優しく語りかける言葉も、yama#mさんの人柄が表れていてすごくいいですね。
    この読者は不安でいっぱいの中にいらっしゃるので、この記事から勇気をもらえます。
    素敵な記事をありがとうございました。

    まいさんも添削おつかれさまでした。
    とても丁寧な添削で、とても勉強になりました!

  • 添削ありがとうございます。

    作成中はタイトルからつまずき、両立と支援を離してしまわないと、しっくり来なかったので離してしまいました。
    まいさんの例をみて、そうすればよかったのか!と気づくことができました。

    内容についても、情報をより分かりやすく伝える方法や伝えるべき情報の選択などたくさん学ばせていただきました。

    ありがとうございました。

  • yama#mさん、執筆お疲れ様でした!

    育児と家事の両立って、とても大変なことですよね。
    子供の突然の熱やケガ…でも仕事も頑張らなくちゃ…
    と一生懸命頑張るお母さんは世の中にはたくさんいらっしゃいます。
    きっと、こんな情報を知りたかった!って方も多いはずです。
    わかりやすい説明と、一人で頑張る必要はないんだよと頑張るお母さんに寄り添う気持ち。
    素晴らしいなと思いました。

    まいさん、添削お疲れさまでした!!
    丁寧な添削で、私も勉強させてもらいました。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる