猫は視力が悪い?人間と違う、猫が見ている世界

スポンサーリンク



 

ビー玉のように透き通った大きな猫の目って、とても綺麗ですよね。

 

あんな美しい瞳で見ている世界はどのような見え方をしているんでしょうか?
人間と同じように見えているのかな?
なんて考えたこと、1度はありませんか?

 

実は猫の視力って、あまり良くないんです。

 

では、いったい猫の目はどんな見え方をしているのでしょうか?

 

今回は、猫の目に映っている世界がどんなものなのかお教えします。

 

 

猫の見ている世界

視力&色覚

猫の視力は人間ほど良くありません。
人間の10分の1くらいの視力しかなく、基本的に0.1〜0.2ほどしかないと言われています。

 

静止しているもので約10m〜20mくらいまでしか見ることができず、1番良く見える距離が約1m〜2m以内くらいです。
ただし動くものに対してはとても敏感で、約50m先のものまで反応することができます。

 

そして猫は二色型色覚で、第1色盲(赤色盲)である人と同じ見え方をしていると考えられています。
これは、犬も同じです。

 

猫には、青紫の領域が見えていることはわかっているが、研究ではさらに、第三の錐体細胞を持っている可能性があり、緑のエリアまで見えているのではないかと言われています。

 

暗闇でも良く見える

猫は人間よりも錐体細胞が少ないため、見えている色のバリエーションや解像度は低いです。
しかし逆に人間よりも多く桿体細胞(かんたいさいぼう)を持っているため、薄暗いところや暗闇のなかでもものが良く見えています。

 

そしてさらに猫には「 タペタム層 」と呼ばれるものが存在します。
タペタム層は、輝板(きばん)とも呼ばれ、網膜で光を捉えるお手伝いをするものです。

 

そのタペタム層は網膜の後ろにあり、網膜が一度に取込みきれなかった光を反射させることで、もう一度網膜で取り込もうとする働きをします。

 

こういったことが理由で、色鮮やかには見えませんし解像度も悪いですが、猫は暗闇で動く小動物などをしっかりと見ることができます。

 

動体視力

猫は動体視力がとても優れていて、高速で逃げ回る小動物が急に方向転換をしても素早く反応できます。
そして暗闇でも良く見えるとお教えした通り、暗闇のなかで素早く動く動物も良く見ることができます。

 

逆にゆっくりとした動きに対しての視力はあまり良くありません。

 

猫は人間が見られるスピードの10倍のスピードの動きを見ることができます。
なので、私たち人間にとってゆっくりに見える動きは、猫にとっては止まっているように見えているんです。

 

 

猫の視力が悪い理由

 

猫の視力が低い原因
⚪︎光の反射のせい
⚪︎杆状体の多さ
⚪︎水晶体の大きさ

 

猫の視力の悪さは、これらの理由が大きいです。

 

光の反射のせい

猫が持つタペタム層によって光の反射が豊富なため、目に見える画像がぼやけてしまいます。

 

杆状体の多さ

猫は、白と黒を認識するための「 杆状体(かんじょうたい) 」と呼ばれる細胞が多いので、わずかな明暗にでも反応してしまいます。
そのため、目に映る映像の細部がぼやけてしまったりします。

 

水晶体の大きさ

とても大きな水晶体を持つ猫は、自力で変形させることが難しく、調整力が人間の2分の1〜3分の2くらいまで落ちてしまいます。

 

猫の目って横から見るとビー玉のように透けて見えますよね?
この独特の構造が、猫の視力を低下させている理由の1つなんです。

 

猫は夜行性なので、先ほどもお話しした通り暗闇で少ない光を少しでも多く吸収するように発達しました。
そこで、水晶体と呼ばれるレンズや角膜も発達したんです。

 

猫の角膜は眼球の外層30%を占めるほどで、人間に比べて非常に大きいです。
その大きさのせいで、屈曲率も大きく、やや近視傾向になります。

 

 

視力が悪くて困らないの?

猫の視力が低いことは良く分かったけど、生きていくうえで困らないの?
野生の動物って、生きていくために都合が良いように進化するものなんじゃなかったの?
って思いますよね。

 

その通りなんです!

 

1m〜2m以内の範囲しかものが良く見えないというのは人間からするととても不便に思いますが、猫にとって1m〜2mの距離というのは、ちょうど「 獲物を追うときのターゲットの位置 」にあたります。
こうして、狩りの成功率を上げるためにあえて近視傾向へと進化しました。

 

人間から見ると都合が悪そうに思いますが、猫にとっては自然界で生きていくための最善の進化だったんですね。

 

ちなみに、外飼いされている猫や野生の猫は、室内飼いされている猫よりも少し遠視傾向だと言われています。

 

 

まとめ

 

人間と比べて猫は視力がとても低く、二型色覚により赤い色を見分けることができません。
しかし暗闇でも良くものが見え、動体視力も抜群です。

 

そして何よりそれは、猫が自然界で暮らしていくために1番最適な進化だったんです。
私たち人間にとっては不便そうに思えても、猫にとっては都合の良いことだったんですね。

 

人間とは全く違った猫が見ている世界…不思議ですね。
今これは猫にとってどう見えているんだろう?
なんて考えながら過ごしてみると少し楽しいかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

じゅんじゅん

飲食店従業員を勤めながら、独学でライティングの勉強をしています。 動物が好きで、特に猫を愛しています。 趣味:オシャレ、料理、ピアノ、貯金など