猫が何かをじっと見つめる?猫が見つめる理由を紹介!

スポンサーリンク



 

猫を飼っていると、
気がつけば猫がこちらをじーっと見つめている…なんて経験ありませんか?

 

綺麗な瞳でじっと見つめられるとキュンとしますよね。

 

それに、こっちを見ていなくても
どこか1点をじーっと見つめていることもあります。

猫がそうやって何かを見つめているには、いったいどういった意味があるのでしょうか?

今回は、猫が何かをじっと見つめている理由についてご紹介します。

 

猫が人を見つめる理由

猫がこちらを見つめてくる理由はざっくりいうと、おねだりです。

そのなかで1番多いのは、「 ご飯ちょうだい 」というおねだり。

 

他にも、

・抱っこして欲しい
・一緒に遊んで欲しい
・ドアを開けて欲しい 

など様々な要求があります。

 

その時の状況や猫によっては違いますし色々な要求がありますが、猫にとって最高の楽しみであるご飯やおやつの要求が1番多いようです。

 

敵意が無いというアピール

猫がこちらを見つめてくる際に、まばたきをしていることがあります。

 

それは、「 敵意はありませんよ 」という合図なんです。

自然界でも、猫同士で目があった時はまばたきをします。猫はとても俊敏な動物なので、喧嘩が始まるのもあっという間…。

 

そんな時に少しでも早く敵意が無いことを示すためのサインがまばたきなんです。

 

そもそも猫は人間と比べてもまばたきの回数がとても少ないんです。

 

人間のまばたきがだいたい3秒に1回なのに対し、猫はだいたい18秒に1回

 

そんなまばたきが少ない猫が大きくて可愛い瞳をパチパチとしながら、こちらを見つめてくるのは間違いなく何かを伝えようとしている証拠ですね。

 

何も無いところを見つめている…

 

何も無いところじーっとながめている…なんて様子を見たことはありませんか?

 

もしかして何かいる?
お化け…!?

なんて、不安になっちゃいますよね(笑)

 

でも安心してください!

 

これは、何かを見ているのではなく、音が聞こえているんです。

 

猫の耳はとても優れていて、聞こえる高音の範囲は人間の約5倍くらいあります。

 

これは、獲物であるネズミの出す足音などをよく聞くためです。

ネズミは仲間同士で超音波によるコミュニケーションをとるのですが、

 

猫の耳はその超音波までキャッチできてしまいます。

 

猫の耳をよく見ているとピクピクっと動いたりしているはずです。

それは耳をすまして周囲の音を聞いている証拠ですよ。

 

匂いに反応している

猫の嗅覚は人間の数万倍〜数千万倍あるといわれています。

 

食べ物を匂いだけで判別できてしまうほどです。

そんな鼻のいい猫は、人には分からない匂いも感じ取れます。

 

人に分からない匂いが漂って来た時に猫だけが反応し、匂いのする方向を見ていたりするので、何を見ているんだろう?と不思議になるんです。

 

紫外線が見えている

 

虫や魚や鳥など、人間以外の様々な生き物には紫外線が見えています。

 

そして、猫や犬などの哺乳類にも見えているんです。

 

人間の場合、眼球の水晶体という物が紫外線を吸収してしまうので網膜まで届かず、見えることがありません。

 

しかし、先ほど言ったような生き物は目のレンズを通り抜けてしまうので紫外線を見ることができます。

何を見ているのか同じように見つめてみても、紫外線は猫にしか見えないのでまるでお化けでもいるかのように思えてしまうんですよね…( ̄▽ ̄;)

 

まとめ

猫には、人間には見たり聞いたりできない音や光を感じ取ることができます。

 

人には分からない物に反応しているからこそ不思議だし、お化け?と怖くなったりしますが

猫にはきちんと何かが見えていたり聞こえているんです。

それを理解した上で猫を観察していると、「あれ?今日はよく窓際を見つめているけど紫外線が多いのかな?」なんて想像しちゃったり、今までとは少し違って見えるかもしれませんね。

新しい発見もあるかもしれないので色々な知識を身に付けながら猫ちゃんを観察していきましょう!

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

じゅんじゅん

飲食店従業員を勤めながら、独学でライティングの勉強をしています。 動物が好きで、特に猫を愛しています。 趣味:オシャレ、料理、ピアノ、貯金など