猫アレルギーを軽減させる5つの方法!

スポンサーリンク



 

猫が大好きなのに猫アレルギーを持っていて辛い…
なんて悩んだりしていませんか?

 

 

日本では、10人に1人の割合で猫アレルギーを持っていると言われています。

 

 

猫アレルギーといえば、少し触ったりするだけで目がかゆくなったりくしゃみが止まらなくなったりと辛いアレルギーですが、きちんと対策をすれば症状をかなり抑えることができます。

 

 

今回は、猫を飼っている人やこれから飼おうとしている人に、猫アレルギーの対策をご紹介するのでぜひ試してみてください。

 

 

 

猫アレルギーの症状

 

 

軽症の場合

 


⚪︎
せき
⚪︎くしゃみ
⚪︎喘息
⚪︎目の痒み、充血
⚪︎鼻水、鼻の痒み
⚪︎くしゃみ
⚪︎皮膚の痒み、発赤

 

これらが猫アレルギーの主な症状です。

 

 

猫アレルギーには軽度の症状から重度の症状まであり、軽度の症状だと風邪を引いたときのような状態に近いです。

 

 

重症の場合

 


⚪︎
下痢
⚪︎めまい
⚪︎吐き気、嘔吐
⚪︎呼吸困難
⚪︎蕁麻疹

 

これらは重度な猫アレルギーの症状です。
深刻な場合は、アナフィラキシーショックなどを起こし命に関わるほどになってしまうこともあります。

 

 

猫アレルギーの原因

 

猫アレルギーといえば誰もが耳にしたことのあるほどよく知られているアレルギーですが、原因が何なのかと言われるとはっきりとは分からない人が多いと思います。

 

 

猫アレルギーを発症してしまう原因は、猫のフケに含まれるタンパク質なんです
猫の毛でもフケでもなく、それらに含まれているタンパク質にアレルギー反応を起こしてしまうんです。

 

そして、そのタンパク質は猫の唾液や尿にも含まれています。
猫は自分の体をなめたりしますし、室内の猫用トイレでおしっこをするので、アレルギー物質が室内の空気中を舞うのは当然です。
なので、触っていなくてもアレルギー反応が出てしまうんです。

 

 

 

対策

 

それでは、「猫アレルギーを軽減させる5つの方法」を順番に解説していきますね。

 

薬を飲む

 

抗ヒスタミン薬には、

注意
⚪︎皮膚の痒み
⚪︎めまい
⚪︎眠気
⚪︎下痢

このような副作用があります。

人によってさまざまな副作用はありますが、猫アレルギーの症状と比べると軽いものです。
軽度のアレルギーの人であれば1日1回の服薬で済みますし、最近では眠気が出ない薬もたくさんあります。

 

 

猫を寝室に入れない

 

猫が入っていい場所と入ってはいけない場所を区切っておくことも大切です。

 

 

睡眠時に使う寝室は、1日の中でかなり長い時間を過ごす場所です。
そんな寝室に猫を入れておくと、空気中を舞うアレルギー物質を口や鼻から大量に吸い込んでしまうことになります。

 

 

睡眠中じゃなかったとしても、ベッドの上にあがらせないようにしましょう。
布団や毛布、枕などにフケや毛がついてしまい、寝ている際に吸い込んでしまってアレルギー反応の起こしてしまったりします。

 

 

一緒に寝るだなんてことはもってのほかですが、それでもどうしても一緒に寝たいのならば、毎日布団や枕を洗うくらいはしなければいけませんね。

 

 

部屋を綺麗に保つ

 

毎日拭き掃除をして少しでも毛やフケを少しでも除去しましょう。
空気清浄機をおいたり、毎日隅々まで拭き掃除をすることで少しはアレルギー症状が軽減されるでしょう。

 

 

お風呂にいれる

 

猫のフケは、歳をとるにつれて硬くなります。それは、皮膚が硬くなって乾燥するためです。
お風呂に入れてフケや抜け毛を洗い流してあげたあと、猫用の保湿スプレーなどをふってあげましょう。

 

 

「アレルペット」がよく知られていますが、他にも色々あるのでショップ店員さんや担当の獣医さんに相談したりしながら自分の猫ちゃんにあったものを使いましょう。

 

 

手をよく洗う

 

猫を触ったてで目や鼻などを触ることでアレルギー物質が顔についてしまい、目が赤くなったりくしゃみが止まらなくなったりします。

 

 

度々洗うのは大変ですが、アレルギー反応が起きる方が辛いですし、触ったあとはなるべく早く手洗いをするようにしましょう。

 

 

まとめ

 

猫が大好きなのに猫アレルギーを持っているというのは本当にとても辛いことですよね。
しかし、薬を飲んだり毎日の掃除でアレルギー物質である猫の毛やフケを吸い込まないように工夫することで、少しはアレルギー症状を抑えることができます。
今、猫を飼っていて猫アレルギーに悩まされている人は、ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

じゅんじゅん

飲食店従業員を勤めながら、独学でライティングの勉強をしています。 動物が好きで、特に猫を愛しています。 趣味:オシャレ、料理、ピアノ、貯金など