【SBC添削記事】働く子育てママ必見!「仕事と家庭の両立」に役立つ3つのルール

上記の名前タグをクリックすると、【添削者のスキル】や【執筆メンバーの成長過程】がわかります。女性限定ライティングサロン「Site New Tourism」入会検討時の参考としてご確認ください。

この記事は添削者aldithが添削いたしました。

今回は
(1)Webでの記事掲載であること
(2)SEOを意識したライティングであること

この2つの点を意識した添削になっています。

【タイトルについて】

伝えたい相手を思い浮かべて書くことができていると感じます。
【子育てママ】と書くことで、誰に対しての文章かということがはっきりと認識できますよね。
また、タイトルに具体的な数字があるのは興味をもって読んでもらえる手法です。

また、SEO的に有効なタイトルは文字数が28文字~32文字です。
その中にもきちんと納まっていていいですね。
また、タイトル中の!や数字は半角にするのが推奨です。
その理由は半角にすることで、文字数を少しでも増やすことができるからです。
他にも狙っているキーワードを左にもってくるというのも重要なことです。

今回のキーワードは『女性 仕事 家庭 両立』ということでしたね。
キーワードは左から順番に並べていくのがSEO的にも有効です。
もっとも、だからといって意味の通らない文章になってはいけません。

『働く子育てママ必見!「仕事と家庭の両立」に役立つ3つのルール』

このタイトルはとても魅力的ですが、キーワードの一つである『女性』が使われていません。
たしかに『子育てママ』でも同じ意味ですが、『子育てママ』で検索の需要があるかということも考えないといけません。
ですので、ちょっと工夫をするということも必要になってきます。

『働く女性必見!子育て中の仕事と家庭の両立に役立つ3つのルール』

このようにすれば、『女性 仕事 家庭 両立』というキーワードをすべて組み込んで順番通りにすることができます。
ただ、キーワードにばかり気を取られて意味のわからない文章にならないように気をつけてくださいね♪

ブログはタイトルで読まれる記事が決まるといっても問題ありません。
だからといって、いろいろ盛り込みすぎるとタイトルが長くなりすぎます。
そうなると、検索エンジンに反映されない部分が多くなってしまいます。
タイトルは以下を意識して書いてみてください。

【タイトルをつけるポイント】
(1)タイトルは28~32文字以内
(2)左側にキーワードを入れる
(3)!や?は半角で入力

【アイキャッチ・画像について】
ブログ記事の冒頭にある画像をアイキャッチといいます。
SBCでは指定の画像があるので、選ぶ必要はありませんが、本来は河津さんが選ぶ必要があります。
アイキャッチもですが、画像は記事の内容やイメージにあったものを選ぶようにしてくださいね。
今回、記事内に挿入してくださった画像はどれもイメージに合っていると思います。
ただ、見出し2に該当する部分でも画像がないところがありました。
どこに画像を入れるかというのはクライアントにきちんと確認して作業するようにしてくださいね。

【センテンスについて】
ブログ記事は雑誌などの文章と少し違っている部分があります。
一番の違いは『。』で改行をするということが多いということでしょう。
これは、視認性をよくするということもありますが、スマホなどでは流し読みをするということも大きな理由です。
あまり、文字が詰まっているとそれだけで読みづらいと感じてしまいます。
基本的に1センテンスは50文字前後。2~3文ごとに空改行を入れるようにすると読みやくすなりますよ。

ここからyutoさんの記事の添削をさせていただきます。
最後までよろしくお願いいたします。

Q.仕事と家庭の両立、上手にできていますか? 

※見出しをきちんと設定してくださっているのはとても素晴らしいです。
でも、Web記事で見出し1はほとんど使用しません。

サイトのトップページなどで使用することはあるかもしれませんが、各記事では使用しないと思っておいた方がいいですね。
これはクライアントによって違いがありますので、必ず確認するようにしてくださいね。

ちなみに、SBCで見出し1は使用しません。
また記事の導入部は見出しを使用せずに普通の文章にしてくださいね。

※画像の挿入、ありがとうございます。
あし、ここで使用してくださっている画像は、SBCでは共通のアイキャッチと呼ばれるものです。
この画像は、記事内では使用しません。
このあたりもクライアントによって指定されている部分ですので、気をつけるようにしてくださいね。

Q.仕事と家庭の両立、上手にできていますか?
冒頭の見出し1を普通の段落にして、こちらに移動させました。
ただ、頭の『Q』と最後の『?』は意味がかぶさっていますね。
ここは冒頭の『Q』を削除して、『仕事と家庭の両立、上手にできていますか?』の方が読みやすいですね。

質問を見て、少しドキッとした人もいるかもしれませんね。

子どもも大人も、独身でもママでも…1日に使える時間は24時間です。

そんな限られた時間内に、仕事・家事・子育て…様々な役割を担う女性にとって、仕事と家庭の両立には悩みが多いものでしょう。
※文章の途中に『…』をいれるのは効果的ですね。
でも、少し読みにくい文章になっているように思います。
60文字を超えているので、分割することで、一つの文に意味を一つというわかりやすい文章にすることができますよ。

(例)そんな限られた時間で、女性は仕事・家事・子育てを様々な役割を担っています。

それだけに、仕事と家庭の両立委は悩み多いものだと思います。

このような感じにすることで、テンポよく読んでいくことができます。
この時のポイントは、声に出して読んだ時に違和感なく読めるかどうか、ということです。

しかも、自分だけの考えで動くことは難しいですよね。

夫や子どものことも考えて、尊重し、調整しながら…となると、なかなか思い通りにいかないことも少なくないと思います。
※この部分の…ですが、ない方がスッキリと読めませんか?
たしかに、いろいろな意味を含ませたいと思われるかもしれません。
でも、行間に意味を持たせるよりも言い切ったり、きちんと語尾を表現する方が読みやすい文章になります。

実際に出産を機に仕事を退職した女性の理由にも、「時間」や「家族」が大きく影響しているようです。

▼出産・育児等を機に離職した理由
 1位:家事・育児に専念するため、 自発的にやめた
 2位:勤務時間が長い(残業など)・不規則など、 時間的に両立が難しかった
 3位:配偶者・パートナーの勤務地の問題や転勤で、 仕事を続けるのが難しかった

(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 2014年)
※Web上のデータを引用した場合は、『引用:サイト名』としてリンクを貼る必要があります。
今回はデータの出典がわかりませんので、このままにしています。

退職を選択する女性も多くいるなか、どのような人が上手に「仕事と家庭を両立」を成功しているのでしょうか?

・夫が協力的?

・子どもが応援してくれている?

・おじいちゃん、おばあちゃんのサポートがある?

・子育てサービスを上手に活用している?

・職場が子育てに寛大?

※強調のために色を変えてくださっているのはとても素晴らしいです。
でも、記事内で使用する色はサイトによって決まっています。
過去記事では強調する時の色はオレンジになっていたと思います。
ここでは、yutoさんの書かれたままにしていますが、クライアントから指示があるはずですので、確認を忘れないようにしてくださいね。

思いつく理由はたくさんあるかもしれません。

でも実は、答えは「人それぞれ」なんです。
※「でも実は、」という言葉に違和感を覚えませんか?
このあとに「でも」が続いていることもありますので、ここは「実は、」だけにした方がスッキリしますね。

「それを言ったら、話にならない!」

もしかしたら、こう思われたかもしれません。

でも、これが事実です。

人によって、環境や条件は異なるものです。

だから、「これが正解!」というものは残念ながらありません。

しかし、やっぱり上手に仕事と家庭の両立させているママはたくさん存在します。
※読んでいて意味が通じないように感じる部分があります。
助詞の使い方の問題だと思います。
しかし、上手に仕事と家庭を両立させているママはたくさん存在します。
こうした方がわかりやすい文章になっていませな?

みんな、それぞれの環境・条件の下で様々な工夫を凝らして乗り切っているのです。

成功しているワーママたちはどのような考え方や工夫をしているのか…気になりますよね。
※この部分も…がない方が読みやすくなりますよ。

そこで今回は、これさえ知っていれば仕事と家庭の両立を成功させられる!

「3つのルール」をご紹介します。
※分割されていますが、ここはひとつの文章にした方が読みやすいです。
そこで今回は、これさえ知っていれば仕事と家庭の両立を成功させられる「3つのルール」をご紹介します。
これで約50文字です。Web記事はこの程度の長さのセンテンスを最大にしておけば読みやすい記事になってくるんですよ。

目次

仕事と家庭の両立を成功させる3つのルールとは?

そもそも、仕事と家庭の両立を難しく考えすぎてしまう人には、こんな特徴があります。

・物事の優先順位や時間配分を決めるのが苦手
・完璧を追い求めすぎる
・息抜きが苦手

「あ、私のことかも…」

そう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

※読者に呼び掛けることで親近感をもってもらえますね。
読者も質問されることで自分に対しての文章だという意識を持つことができます。
興味を持ってもらえれば、最後まで読んでもらうことができますよね。

「仕事だけ」でも「育児だけ」でも、本当は大変なことなのです。

それなのに両方を全力で取り組んでしまうと、当然どこかで限界を迎えてしまいます。

特に、頑張り屋さんなワーママは息切れしてしまっても不思議ではありません。

まずは軽い気持ちで3つのルールを試してみてくださいね。

✔︎ 仕事と家庭の両立を成功させる3つのルール

※ここは見出し3だ処理されています。
でも、続きの見出しを考えると、逆にここは見出し2にした方が記事の構成上いいものになってきます。
ここを見出し2に設定する場合は、この位置に画像を挿入します。

それでは、実際に仕事と家庭の両立を成功させるために実践すべき3つのルールを見ていきましょう。

【ルール1】タスクとスケジュールを明確にしよう 

例えば、家事や子育てのなかで、1つのタスクを行う際に「必要な時間」を把握していますか?

たくさんあるタスクをあまり把握せず「なんとなく」取り組んでしまうと、無駄な時間や手間が発生しがちです。

どんな作業に、どのくらいの時間がかかるのか?

そして、その作業はどんなタイミングに行うのが一番良いのか?

「そんなの考えたことがない!」

「目の前のことを消化するのが精一杯…」

そんな人はだまされたと思って、下記の3つを実践してみてください。

・タスクを書き出して、優先順位をつける
・家族みんなのスケジュールを見える化する
・上記2つを踏まえた上で1日のスケジュールを立てる

このように情報を明確にしていけば、どんなことが起こると思いますか?

例えば…

「子供を送るついでに、郵便局に寄ろう!」

「朝のお皿洗いはやめて、夜にまとめよう。その代わりに朝は洗濯を干そう!」

など、これまでは思いつかなかったアイデアや時短のヒントが生まれるかもしれません。

※何度もお伝えしていますが、…を使われている頻度が高いように思います。
女性らしい柔らかい文章になるのですが、…は文中の省略箇所や、言い切らない表現の文末に用いる場合が多いです。
ですので、Web記事として考えた場合、多用しない方が読みやすい記事になりますよ。

また、心の中の声ともとれる「」の部分を太字にしてみました。
こういうことで視認性を上げるというのもWeb記事には必要なことです。

【ルール2】上手な力の抜き方を身につけよう 

独身のときのように…

子どもがいなかったときのように…

仕事をしていなかったときのように…

これまでと同じようにはどうしてもできない、ということをそろそろ認めることをオススメします。
※言いたいことはわかるのですが、納得できない表現のように感じます。

(例)こう思ってしまうのはわかります。

でも、そうすることはできないのだということを認めることをおすすめします。

このようにした方が読者の気持ちに入っていけると思いませんか?

なぜならあなたは今、結婚しているし、子どもがいるし、仕事をしているからです。

・家事はできるだけ時短にする

・手を抜けるところは存分に手を抜く

・やらなくても大きな問題がないことはやらない

これらのことを念頭において、【ルール1】で書き出したタスクをもう一度確認してください。

少なくとも1つや2つは、削除や書き直しが必要になったのではないでしょうか?

でも、闇雲に手を抜けば良いというわけではありません。

こだわりたいと感じるところは、可能な範囲でこだわるのも良いでしょう。

それはきっと、あなたにとって癒しや達成感になるからです。

【ルール1】でタスクの数や優先順位を把握している今のあなたなら、こだわりたいタスクとそれ以外を分類することも簡単に感じるはずです。

※ここは文章を分割した方が読みやすくなります。

(例)
今のあなたは【ルール1】でタスクの数や優先順位を把握しています。

だからこそ、こだわりたいタスクとそれ以外を分類することも簡単に感じるはずです。

一つの文に意味は一つにするのがわかりやすい文章です。
長い方がいい文章と思うかもしれませんが、Webでは小学生でもわかる文章、というのが大事な部分でもあるんです。

さらに、ルール1を実行したあなたはもう、こなすべきタスクや実行したいスケジュールを他の人に共有することができます。

そうすると、何が起こると思いますか?

家族や周りの人に協力を求めることができるのです。

「なんで言わないと気づかないの?」

「私ばっかりしんどい思いをしてる!」

特にずっと一緒にいる家族に対しての不満は、日常的に感じてしまうものだと思います。

そんな状況を打破するため、まずは【ルール1】でまとめた情報を家族に共有してみましょう。

そして少しずつでも、今あなたがひとりで背負っている荷物をみんなで協力して持てるよう、話し合いをしてみましょう。

・子どもでもわかるように、引き出しに片付ける物のイラストシールを貼る
・夫が間違いにくいように、柔軟剤入りの洗剤に変更する
・重く頻度の多い買い物は大きな負担となるため、ネットスーパーを活用する

などなど、家族で話し合ってみると案外良いアイデアが出るかもしれません。

また、家族とのチームワークの結果スキマ時間が生まれたら、自分のために使ってみることも考えてみてください。

・お花屋さんで一本だけ花を買ってみる

・昼休みにWEB漫画を読んでみる

・寝る前にアロマを楽しんでみる

どれも短い時間で取り組める、細やかなことかもしれません。

しかし、こまめなリフレッシュこそがストレスのコントロールに効果を発揮するのです。

自分にしっくりくる力の抜き方が身に付けば、疲れの感じ方も随分変わってくるでしょう。

【ルール3】健康管理は徹底しよう 

最後のルールです。

仕事と家庭の両立に、実は一番大切なこと。

それは、心と身体の健康を保つことです。

仕事も家庭も完璧に両立させられたとしても、すぐに破綻してしまっては意味がありませんよね。

  • 自分の心と身体はどう感じているのか?
  • 家族の心と身体はどう感じているのか?

※ここは視認性を上げるためにスタイルを設定してリストマークもつけてみました。
ワードプレスにはこうやって記事を装飾するための方法がいろいろあります。
少しずつ覚えていってくださいね。

日々、その声に耳を傾けることが大事です。

例えば、手作りで手間のかかった栄養満点の食事を毎日完璧に作れば、身体の健康は保たれるかもしれません。

しかし、そのために余裕をなくし、常にイライラして、子どもが食事を残そうものなら大爆発…これでは、心の健康を崩してしまいますよね。

※ここも文章の分割をおすすめします。

(例)
しかし、そのために余裕をなくし、常にイライラして、子どもが食事を残そうものなら大爆発してしまう。

これは、心の健康を崩しているということがいえますよね。

このようにした方がわかりやすくなりませんか?

逆に、手軽だからと毎回の食事を身体の声を無視したジャンクフードで済ませてしまうと、今度は身体の健康を損ねてしまうでしょう。

心身の健康が整っていなければ、仕事でも良いのパフォーマンスを発揮することは叶わなくなります。

家族との関係だって、バランスが保てなくなってしまうかもしれません。

もし、今すでに心と身体のバランスが崩れそうだけど、どうすれば良いのかわからない…

という場合は、まず以下の3つを試してみましょう。

・宅配弁当や家事代行など、使えるサービスを探そう
・在宅制度や時短勤務など、働き方の自由度を調べよう
・家族と本音で話し合う時間をつくろう

最初に考えるべきは、家事の負担軽減です。

家族で手分けしてもまだ負担が多い場合は、使えるサービスを利用してみましょう。

お金との兼ね合いがあると思いますが、まずはどんなサービスがあるのかな?

と知っておくだけでも、心の負担が軽くなるかもしれません。
※「と知っておく」というより「これを知っておく」という方が意味が通じやすくありませんか?

次に考えるのは、仕事の負担軽減です。

「仕事だけ」でも本当は大変なはずなのです。

その上で、「家庭との両立」も果たそうとするなら、場合によっては働き方や仕事自体も、少しずつ変えていくことが必要かもしれません。

現在の職場で在宅勤務・時短勤務が可能か調べてみたり、同じような仕事を家の近くで探せないか考えてみるのもと思います。

実際に仕事に変化は生じなくても、様々な選択肢を用意しておくだけで、現状に押し潰されるような感覚を少しは軽減できるでしょう。

そして最後に取り組んでほしいのは、家族と本音で話し合う時間を設けることです。

子どもは元気だから、何も問題ないだろう。

夫は文句を言ってこないから、不満はないのだろう。

私はしんどいけど、言わなくてもわかってくれるだろう。

(もしくは、言ってもどうせわからないだろう)

「だろう」では結局、誰の本音も伝わっていません。

本音を聞いて、心身の健康に問題があれば、力を合わせて改善していくこと。

それが家族としてのチームワークを向上させ、「仕事と家庭の両立」を実現する近道となるのです。

まとめ:家族を巻き込んで、仕事と家庭を両立させよう!

※画像を挿入してくださっていますが、SBCではまとめ部分の画像は必要ありません。
クライアントの指示をきちんと確認するようにしてくださいね。

最後に、あなたが仕事と家庭を両立させたいのは誰のためですか?

自分のため。

そして、家族のため。

あなたが疲れ切って幸せを感じられないとき、果たして子どもや夫は心からの幸せを感じられているでしょうか?

もし、体力の限界までがんばって、心をすり減らす毎日を送っているのだとしたら…

最初はほんの少しだけ、家族にあなたの状況を伝えてみましょう。

急に状況が良くなったり、家族が協力的になることは、もしかしたら難しいかもしれません。

しかし、自分の本音を伝えて、家族の本音を聞いて、話し合いを重ねていくことを今までしてこなかったのであれば、きっと新しい発見が得られるはずです。

※文章にいろいろなことが詰め込まれているためか、意味がはっきりと通じないように感じます。
センテンスは50文字前後を意識して、読者を混乱させないように一つの文章委は一つのことを書くようにしてくださいね。

(例)
しかし、今まで自分の本音を伝えて、家族の本音を聞いて、話し合いを重ねていくことをしてこなかった。

それならば、あなたの状況を伝えることで、きっと新しい発見が得られるはずです。

このようにした方が読んだ時に混乱することがないのではないでしょうか。
Web記事に限りませんが、小説ではないのでわかりやすい文章は必要ですよ。

まずは自分にも周りにも完璧を求めすぎず、力を抜きながら理想の形を見つけていくことが大切です。

3つのルールを意識しながら家族と力を合わせて、上手にストレスをコントロールできる環境づくりに取り組んではいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※最後に読者への感謝の挨拶があるのはとてもいいですね。
読者も気持ちよく読み終えることが出来ると思います。

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!

あなたの温かいコメントでサロンメンバーは次も頑張れます♪

コメント一覧 (5件)

  • yutoさん、記事の執筆お疲れさまでした。
    4000文字という長文を丁寧に書きあげていらっしゃるのは、とても素晴らしいと思います。
    記事内にテーブルを使用してくださっていたり、画像を差し込んでくださったりと、読み手を飽きさせな工夫があちこちになされていたと思います。

    今までにWebライティングを経験されていたというだけあって、文章も慣れていらっしゃるものを感じました。
    ただ、記事内でもお伝えしていますが、強調する部分の文字色・見出しの使い方などがSBCのやり方とは違う部分がありました。

    Webライティングではさまざまなクライアント様とお仕事をしていくことと思います。
    その時に、クライアント様との意思疎通、もしくはマニュアルなどの提示があればそれを読み込んで記事の作成をしていってくださいね。
    yutoさんはマニュアルなどきちんと読んでくださっていたのですが、見落とし部分があったように思います。
    …リーダーの使い方など同じことを何度もお伝えしたかもしれませんが、ご了承くださいませ。

    大手サイトの記事がある中でコピペ率も40%未満に抑えられていたのはホントに素晴らしいと思います。
    さまざまなタイプの資料を今までに作成されていたとのことですが、それが実になっているのだと感じました。
    読みやすい文章ですし、説得力もありました。
    ただ、少し長いセンテンスになると意味が混乱している部分があるように感じました。

    「一文一義」という言葉がありますが、一つの文章には一つの意味だけにした方がスッキリした文章になります。
    また…リーダーも余韻を感じてほしい小説などでは効果的かもしれませんが、読み流しが前提のWeb記事では逆に流されてしまうことにもなりかねません。
    多用するのは逆に自信のない文章という印象を与えてしまうように感じました。

    書きにくいキーワードを丁寧にリサーチして、執筆ペースも早いということはWeb記事の作成の強みになります。
    これからも楽しんで記事の作成をしていってくださいね。
    今回は添削させていただいてありがとうございました。

  • yutoさん、執筆お疲れ様でした。
    子育てと家庭と仕事の両立をテーマに執筆されたとのことで、とても興味深く拝見させていただきました。

    実をいうと、私も出産を機に退職した1人です。
    離職理由がまさに1位から3位に全て当てはまっていました。

    表を引用することで、視覚的にもとても分かりやすくまとめられていたように思いました。

    また、ルールも3つと先に掲示していたので、3つ試してみようという気持ちになりますよね。
    私も自分の生活を見直してみようと思わせてくれた記事でした。
    ありがとうございました!

    アルディスさん、添削お疲れ様でした。
    いつも勉強になっております。さまざまな角度からの視点をもっと鍛えていきたいと思いました!

  • yutoさん、執筆お疲れさまでした。
    4,000文字の大作にも関わらず、長さを感じずに読むことができました。

    読者に寄り添った気持ちの代弁や離職理由の引用によるエビデンスの提示により、読者からの信頼が得られますね。
    また、文字装飾・テーブルなどがあるお陰で視覚的にもメリハリがついています。

    おっしゃる通り「仕事」「家事」「育児」それぞれ1つの事だけでも大変な事です。
    それでも全てをこなさなくてはいけない読者にとって、参考になる記事ですね。
    3つのルールというのも、多すぎず実行してみようと思える数字です。
    私も自分の生活を見直さなくてはと、気が引き締まりました。
    今回の添削を生かし、yutoさんがライターとして飛躍されることを願っています。
    素敵な記事をありがとうございました。

    アルディスさん、添削お疲れさまでした。
    とても勉強になりました。

  • yutoさん、執筆お疲れ様です♫
    子育てと仕事の両立の大変さを認めてくれて嬉しい!と、読んでいて思ってしまいました。
    私も働く子育てママなのですが、yutoさんの記事は「私のこと、分かってくれている」という感想でいっぱいになりました。

    特に私がすごいな〜と感じたのは、語尾のバリエーションです!
    多くの人は「〜でした。」「〜します。」などが連続してしまい、読んでいて似たような文末になってしまいます。しかしyutoさんの文章はバリエーションが豊かで、とても自然に読むことができました(^^)
    素晴らしい記事をありがとうございます♪

    アルディスさん、お疲れ様です♬
    とても勉強になります。
    メモさせていただきます〜

  • aldith様、ボリュームの多い文章にもかかわらず、添削いただきありがとうございました。
    また、皆さまのコメントも大変うれしく拝見いたしました!

    マニュアルやSEOなどを意識した執筆は、実質はじめてに近い取り組みでした。
    確認したつもりになっている部分も多く、申し訳ございません。
    文章が小説やコラムのような雰囲気になる点も、今後の課題と考えております。

    褒めていただいた部分を生かしながら、助言いただいた内容をしっかり身につけ、今後の力にしていきます!

    この度は大変貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

yuto218 へ返信する コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる