隙間時間の有効活用とは!?簡単に稼げる副業を3つ紹介!

スポンサーリンク



隙間時間といえば、通勤時間や休憩時間などを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし隙間時間は、他にも探せば山のように出てきます。

帰宅後や歯磨き中、入浴中なども隙間時間の一つですよね。

 

アメリカのお菓子会社のモンデリーズ・ジャパンが発表した「すきま時間に関する意識調査」によると、
一人当たりの平均隙間時間は72.7分もあり、なんと1時間を超えています。

今回は、この隙間時間を有効に活用できるような副業を紹介していきます。

在宅ワークの定番のライティングで稼ぐ

ライティングは在宅ワークの定番のお仕事です。
記事作成といった長文を作成するものから、映画の感想など短い文章のものまで幅広くあります。

本を読むことが大好き、文章を書くのが大好き、そんな文字に触れるのが苦にならない人にとっては向いている仕事です。

だいたい、一記事で300円くらいからですが、経験や数をこなしていくと高所得も期待できます。
一日一記事書いたとしたら、一か月で9000円も稼ぐことが出来ます!

 

ライティングの仕事を見つけるには、クラウドソーシング会社に登録して、そこで求人情報を探すのがおススメです。

 

クラウドソーシングとは?

ネット上で業務参加やアイディアを募集し、もっともニーズに合った人に業務を委託するという、外部委託の形式。ライティングの求人ではクラウドワークスや、ランサーズといったクラウドソーシング会社が有名。

 

スマホからでも求人情報を見ることができるので、これも隙間時間にぴったり。
お昼休みや移動中などに覗いてみるのもいいかもしれないですね。

 

ポイントサイトで気軽に稼ぐ

ポイントサイトは、特別な知識などがなくてもスマホさえあれば気軽に始めることが出来ます

それこそ、トイレに入っているような隙間時間でも出来ます。

 

ポイントサイトで稼ぐ方法は、アンケート回答や広告をクリックするだけのものから、クレジットカードの発行やサービスへの申し込みなど様々です。

まとまった収入にするにはなかなか大変かもしれませんが、コツコツと貯めていくことが出来る人にはとっても向いていますよ。

 

よく使われているポイントサイトは次の三種類です。

  1. アメフリ  TwitterやFacebookから気軽に登録できる
  2. モッピー  初心者が選ぶ安心のポイントサイトナンバーワン
  3. ハピタス  3000以上のサイトと提携しており、交換手数料が無料

 

ポイントサイトの種類はとても多いので、自分が買い物をよくするサイトを扱っているものから登録してみるといいですね。

不用品を売ってお得に稼ぐ

不用品で稼ぐ方法とは、もう着なくなった洋服や使わなくなったバッグなどをネットで売る方法です。

ネットで売買することに躊躇する人も多いと思いますが、フリーマーケットがネット上で行われていると考えれば、抵抗が少ないですよね。

 

有名なフリマアプリは、メルカリや、楽天が運営しているラクマなどがあります。

幅広い商品が出品されていますので、不用品を捨てるくらいなら…と考えている人は出品してみてはいかがでしょうか?

 

隙間時間を有効活用して気軽に稼ごう!!

今回は、隙間時間で稼ぐ3つの副業をご紹介しました。

 

  1. 在宅ワークの定番のライティングで稼ぐ
  2. ポイントサイトで気軽に稼ぐ
  3. 不用品を売ってお得に稼ぐ

 

 

これから副業を考えている人は、会社の就業規則で副業を禁止されていないかどうかきちんとご自身で確認することをお勧めします。

 

今までの隙間時間をお金に変えることは、なかなか難しいことかもしれません。

しかし無駄に時間を過ごすよりは、有効活用していった方が良いに決まっています。

是非、自分に合った方法を見つけて欲しいと思います。

 

最後までお読み頂き本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


こちらでは当サイト「SBC」の紹介をしています。

\ SBCって何?気になる方はクリック! /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事を添削した人

sho

テレビ制作の現場でも働く兼業ライター。数十年に渡るフリーランス人生で培った責任感とプロ意識には自信あり。心理学とメイクの資格も所有。ワーキングマザーとしての経験も生かした女性のためのお役立ち情報を発信しつつ、男性の深い悩みに寄り添うサイトも運営。 キャッチフレーズは「わたし、働く母ちゃんの味方です!」