仕事が面白くないと感じる40代男性が現状突破する6つの方法

40代は悩み多き年代ですよね。

身体のあちらこちらに不調が出てきますし、自分の老後が気になってきたという方も多いのではないでしょうか?

また、親の介護のこと、結婚していれば家庭のことやお子さんのことなど。

自分自身のことはもちろん、身の回りの人のことも今まで以上に考える必要がある年代です。

悩みが多い故に、なにかにチャレンジするよりも現状維持を選びがちです。

行動に移す意欲もわきにくいですよね。

「いや、もう歳だし」

興味を持っていても、そんな風に諦めてしまっていませんか?

それでも今この記事を読んでいるあなたは、「なにか変えたい!」と思い、検索してこのページにたどり着いたのですよね。

この記事では、仕事が面白くないと感じる理由と仕事に意欲を出すための対処法を解説しています

現状を変えたいと考えている方へ、一歩踏み出すお手伝いをいたします。

目次

仕事が面白くないと感じる40代の理由5つ

仕事が面白くないと感じる理由はいくつかあります。

「40代ならでは」なことを5つご紹介します。

仕事がマンネリ化している

40代になって仕事で失敗をすれば、若い頃のように大目に見てもらうことは難しくなってきますよね。

「次の昇進に影響するかも」

「部下に示しがつかない」

恐れやプライドが邪魔して、無難な選択をしがちです。

また、長年同じ仕事をしていると、経験から行動の結果が見えてしまうことがあります。

「新たな提案をしても、どうせ却下されるだろう」

このように行動を起こす前から結果を決めつけ、行動を起こさなくなります。

40代はいろいろ経験しているだけに保守的な思考になりやすく、仕事がマンネリ化しやすいのです。

やりたい仕事ではない

40代は立場的に中間管理職であることが多く、部下の育成や管理する立場にいる方も多いですよね。

「自分は部下の育成よりも現場で動きまわりたい」

そう望む人なら今の仕事はやりたい仕事ではなく、面白くないと感じるでしょう。

また突然の部署異動や出向を命じられたなど、不本意に職場を変えられた場合も仕事が面白くないと感じやすいものです。

前の部署や職場でやりがいを感じていたなら、仕事に対しての落胆は大きいでしょう。

40代による気力や体力の低下

身体のあちこちに不調が出始めるのが40代です。

四十肩なんて言葉もありますね。

老眼が始まるのも、この40代。

「若い頃は徹夜でも何ともなかったのに、今は寝ても疲れがとれない……」と悩む方も多いです。

心と身体は繋がっています。

身体に不調があれば、動くことが億劫になるものです。

体の不調から更にマイナス思考になり、仕事に対してのやる気や意欲が落ちてしまいます。

モチベーションの低下

頑張った分だけ実りがあれば、人はやる気が起きるものです。

でも、仕事に対してこう感じてしまう場面はありませんか?

  • どんなに仕事に取り組んでも評価されない
  • 毎日同じことを繰り返すだけの仕事で、達成感が感じられない
  • 会社に将来性を感じられず、明るい未来を想像できない

自分の仕事に対して成果を感じられなければ、仕事のモチベーションも下がります

モチベーションの低下は仕事が面白くないと感じている証拠でもあり、仕事が面白くないと感じる原因にもなり得ます。

人間関係が上手くいっていない

人間関係の良し悪しが仕事にも影響します。

社内の人間関係が良好であれば、相談や報告もしやすくスムーズに作業が進めることができますよね。

前向きな気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。

しかし、人間関係が上手くいっていないなら、出勤するのも憂鬱になりますよね。

例えば、仕事の報告や相談で上司が威圧的に接してくれば、萎縮して相談しにくくなるものです。

報告や相談が遅れることによって、ミスに繋がりやすくなります。

結果として、自信を失って仕事に対しても意欲をなくし、面白く感じられなくなります。

仕事が面白くないと感じる40代の対処法6つ

仕事が楽しく取り組めるようになるために、6つの対処法を紹介します。

紹介した中から1つでも行動に移すことで、仕事に対しての意識が変わってきますよ。

目標を持つ

自分なりに目標を持つことをオススメします。

小さなことで構いません。

心の中では〇〇したいけど、照れくさい・面倒くさいと行動を避けていることはありませんか?

まず、やろうか迷っていることを目標にするのが良いですね。

明確な数字や期間を掲げることも有効です。

  • 目の前にある仕事を〇時(〇〇日)までに終わらせよう
  • 自分から挨拶をしよう

ほんの少し頑張ればできそうなことを目標にしましょう。

人は簡単な作業はつまらなく感じ、難しい作業はやる気になりません。

少しだけ自分に負荷をかけることがポイントです。

自分で決めたことをやりきると、達成感を得られモチベーションも上がります。

しっかりと休息をとる

起床して身体がだるい、すっきりしないと感じているなら睡眠を見直しましょう。

疲れが残っているのに、仕事が面白いと感じられるわけないですよね。

個人差がありますが、40代の理想的な睡眠時間は7時間前後です。

睡眠時間に加え、睡眠の質も重要です。

睡眠の質を上げるポイントは次の3点です。

  • 生活のリズムを整える
  • 寝る直前まで光の強いパソコンやスマホは使用しない
  • 寝る3時間前に食事は済ませる

これらを意識して、十分に休息を取るよう心掛けてみてください。

副業を始める

本業の仕事は「安定を得るためのもの」と割り切って、副業を始めるのもオススメです。

副業での経験や新しい人との出会いが良い刺激となり、本業にも良い影響を与えることができるかもしれません。

クラウドソーシングなら、今までの経験や特技を活かして副業することも可能です。

身体を動かすことが好きなら、ウーバーイーツなど配達員として隙間時間を使って行うこともできます。

副業をする場合は、以下の2点に注意してください。

  • 会社が副業を認めているか確認すること
  • 本業に支障がでないようにすること

プライベートを充実させる

仕事が面白くないと思いながらも、仕事場だけが居場所になっていませんか?

プライベートを充実させることでストレス発散ができて気分転換にもなります。

視野や交流が広がり、仕事に対しての意欲や考え方も変えられる可能性もあります。

今まで興味はあったけど行動に移さなかったことをやってみてください。

人は利益よりも損失に意識を向きやすいものです。

いろいろ経験してきた40代は失敗を避けるため、行動がパターン化され同じ選択をしがちです。

もし興味があることや、やってみたいことがあるなら、自分の気の向くままに気楽にやってみましょう

部署異動の希望を出す

別の部署でやりたい仕事があるなら、部署異動の希望を出してみましょう。

会社によっては、いくつかの人事制度を設けているところがあります。

  • 自己申告による「自己申告制度」
  • 社内で人材を募集する「社内公募制度」
  • 高い評価の社員に異動する権利を与える「社内FA制度」

勤めている会社に、どのような人事制度があるか調べてみましょう。

自己申告する場合は社内の先輩や人事担当者に、過去にどれくらい人事異動の希望が通ったのかリサーチもすると良いです。

もし部署異動の希望を出しても通りにくいなら、転職も考慮する必要があります。

転職をする

どうしても今の職場では耐えられないと感じるなら、転職もひとつの解決策です。

40代の転職は難しいと聞いて、二の足を踏む方もいるのではと思われます。

求人の案件数は20代30代に比べて少ないですし、今よりも収入が下がる場合が多いですから。

しかし、しっかりポイントを押されれば成功する可能性があります。

ポイントは以下の3つです。

  • 転職する理由をポジティブに変換する
  • 職種や収入など自分の希望を明確にする
  • 経験やスキルなど自分のアピールポイントを考える

一つずつ詳しく見ていきましょう。

転職する理由をポジティブに転換する

転職理由が、人間関係や仕事に対しての不満だけでは採用は難しいでしょう。

不平不満が多い人という印象を持たれてしまい「採用しても不満を言ってすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまいます。

ネガティブな内容をそのまま伝えるのはNGです。

例えば「現在の職場では意見や提案がしにくく、社員の意見や提案を積極的に聞き入れる社風の御社なら〇〇を実現できると思いました」

など、転職する理由と転職する目的をセットにして、ポジティブな内容で伝えることが重要です。

職種や収入など自分の希望を明確にする

入社してから「こんなはずではなかった」と後悔しないために、仕事内容や収入など自分の希望や条件を明確にしておくことが大切です。

求人案件を見ているうちに好条件に目移りして、転職先を決められないまたは選択を間違えてしまうケースがあるからです。

転職するにあたって譲れない条件や希望、妥協できることをしっかりと把握しておくことで転職活動がスムーズに進みます。

経験やスキルなど自分のアピールポイントを考える

企業も何も考えずに雇用しようとはしていません。

必ず明確な求める人材というものがあります。

企業が40代を雇用をしようと考えた場合、今までの経験やスキルを活かして即戦力となってほしいと考えているはずです。

転職先がどのような人材を求めているのかを考え、自分は即戦力として企業にどのような貢献ができるのかをアピールできると採用される可能性が高まります。

まとめ:仕事が面白くないという現状を変えたいなら

仕事がマンネリ化していたり、やりたい仕事ではなかったりと仕事に対して前向きに取り組めないときは、自分なりに目標を持ちましょう。

心も体も疲れているときは、しっかりと休息をとることも重要です。

仕事は面白くないものと割り切り、副業したり趣味など新しいことを始めたりして違う場所で楽しみや生きがいを見つけることも選択肢の一つです。

他にやりたい仕事やもっと自分を活かせる場所を求めるなら、部署異動や転職してみるのも良いでしょう。

あなたの人生はあなた自身のもの。

誰かが代わりにやってはくれません。

自分自身で行動するしかないのです。

ほんの一歩でも半歩でも踏み出してみませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらからどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる