家事代行でのトラブル回避【料理まずい】場合の原因は?対処法と事前に防ぐコツを解説!

仕事や家事などいろいろなことに追われ、毎日忙しくて大変ですよね。

食事もなるべく手作りのものをと思っても、作るのには手間も時間もかかるものです。

自分で買い物や料理をする時間がないときは、家事代行を頼めば、家で手作りの料理を食べることができるので便利ですね。

忙しいときは助かりますし、作ってもらった料理がおいしいとなおさら嬉しくなります。

ですが、せっかくお金を払って頼んだのに、家事代行者が作ってくれた料理がまずいときは、嫌になりますよね。

作ってもらった料理をまずいと感じてしまうのには、実はいくつかの原因があります。

この記事では、料理がまずいと感じる4つの原因と、実際にまずいと感じたときの対処法、事前に防ぐコツを説明します。

ぜひ参考にしてくださいね。

目次

家事代行で【料理まずい】トラブルが起こる原因

レトルトやコンビニ弁当などとは違い手作りの料理は、作り手のスキルや味付けの仕方など、さまざまな要因でおいしくもまずくもなります。

家事代行者が作る料理も、手作りの場合は、まずいということも起こりえます。

料理がまずい原因はいくつか考えられますが、主に考えられる原因は4つです。

料理がまずいと感じる4つの原因
  • 家事代行者の料理スキルの問題
  • 自分好みの料理や味付けではない
  • 作ってから時間が経っている
  • 食材や調味料の問題

家事代行者の料理スキルの問題

家事代行者として働くには、特別なスキルや資格は必要ありません。

年齢、経験もさまざまで、料理経験が浅い人もいれば、掃除は得意だけど料理は少し苦手という人もいます。

基本的な家庭料理を作ることができれば、料理代行は可能なので、ときには料理があまり得意ではない人が担当になることもあります。

家事代行者は料理のプロではありません。

期待しすぎると、標準レベルの料理であってもまずいと感じてしまうことがあります。

自分好みの料理や味付けではない

食べ物の好き嫌いや味付けの好みは、人それぞれ違いがあります。

生まれ育った地域や環境によっても使う調味料や食材、味付けの仕方などは異なります。

家事代行者と食べ物や味付けの好みが異なる場合は、まずいと感じてしまう可能性が高いです。

作ってから時間が経っている

家事代行では、その日に食べる料理だけではなく、何日か分の料理を作り置きしてもらうこともできます。

そのため、時間が経つにつれて鮮度や味が落ちてしまうことは仕方ありません。

料理は冷やしたり温め直したりするだけでも味は変化します。

家事代行者が作って味見したときはおいしい状態でも、実際に食べるころには味が変化してまずいと感じてしまう場合もあります。

食材や調味料の問題

使う食材や調味料によっても料理の味は変化します。

買い物を頼まず、あらかじめ用意した食材や調味料を使って作るように依頼した場合は、家事代行者はその場にある範囲内のもので料理を作らなければいけません。

逆に買い物を含めて依頼した場合は、買うものを指定しない限りは、ふだん食べ慣れない食材や調味料を家事代行者が買ってきて料理に使うこともありえます。

どちらの場合も、それぞれがふだん使い慣れていないものを使用することで、味に影響を及ぼす可能性があります。

トラブルを回避する【料理まずい】場合の対処法

万が一、家事代行者が作る料理をまずいと感じた場合、そのまま食べ続けるのはストレスになりますよね。

しかし、せっかく作ってくれたのに「料理まずいね」とはっきり言ってしまうのも考えものです。

そこで、トラブルを防ぐ家事代行者への上手な伝え方や、直接言えない場合の対処法について説明します。

ぜひ参考にしてくださいね。

家事代行者への上手な伝え方

せっかく作った料理を「まずいね」と言われるのは、誰もが悲しい気持ちになるものです。

しかし、家事代行者も自分が作った料理が利用者の好みに合っているかどうかは気になるはずです。

「まずい」といきなり否定するのではなく、まずは自分の好みを遠回しに伝えてみることをおすすめします。

上手な伝え方の例
  • 味噌汁の濃さはちょうどよかったけど、煮物の味付けはもう少し薄いほうが嬉しいです
  • こってりとしたものよりも、あっさりとした料理のほうが好きです

こういった伝え方をすれば、相手を否定することにはなりませんよね。

好みを伝えることによって、次回からは改善をしてくれる可能性もあります。

また「このレシピで作った料理が食べたいです」などとリクエストしてみるのもいい方法です。

リクエストによって料理の好みも伝わりますし、レシピ通りに作れば、よほどのミスをしない限りは、まずいと感じることも少ないはずです。

伝え方を工夫して、極力トラブルになることは防ぎましょう。

家事代行者へ直接言えない場合の対処法

直接言うのは難しいと感じる場合は、派遣元の家事代行会社へ相談してみましょう。

会社から角が立たないように本人へ伝えてくれるか、別の人を紹介するなど、なんらかの対処をしてもらえるはずです。

もし対処をしてもらえない場合は、別の家事代行会社を検討することをおすすめします。

家事代行の【料理まずい】トラブルを事前に防ぐコツは?

できれば、料理がまずいなどといったトラブルは、事前に防ぎたいものですよね。

でも料理がまずいかどうかは、食べてみないことにはわかりません。

しかし家事代行会社と契約して人を派遣してもらう場合は、会社の方針などから、料理代行に力を入れている会社かどうかを見極めることは可能です。

会社を見極めるポイントを2つ紹介していきます。

料理研修をきちんとおこなっている会社を選ぶ

家事代行会社によって研修制度もさまざまです。

ひととおり家事に関しての事前研修はおこなっても、料理に特化した研修はおこなわない会社も存在します。

会社で料理研修をおこなわない場合は、各自の経験や判断にまかせることになるので、人によって料理スキルに差がでることも考えられます。

契約をする前にいまいちど、研修制度の内容を問い合わせて、料理研修をしっかりおこなっている会社を選ぶようにしましょう。

事前にこちらの要望をヒアリングしてくれる会社を選ぶ

どこまで要望をヒアリングしてもらえるかは、会社によっても異なります。

事前にしっかりと家族全員の好き嫌いや、好みの味付けなどをヒアリングしてくれる会社であればいいのですが、なかにはまったくヒアリングなしに当日、料理を作り始めてしまうところもあります。

事前のヒアリングがない会社は、あとあとトラブルになっても上手な話し合いができない可能性が高いです。

契約時に、要望をしっかりとヒアリングしてもらえる会社を選ぶことも大切です。

トラブルなく家事代行を利用しよう

この記事では家事代行者の料理がまずいと感じてしまう4つの原因と、対処法、事前に防ぐ方法をお伝えしました。

料理がまずいと感じる4つの原因
  • 家事代行者の料理スキルの問題
  • 自分好みの料理や味付けではない
  • 作ってから時間が経っている
  • 食材や調味料の問題

家事代行者が作ってくれる料理がおいしければ、料理がまずいことで起こるトラブルも回避できます。

ポイントとしては、料理研修や契約時のヒアリングをしっかりおこなっている会社を選ぶことです。

でも万が一、作ってもらった料理がまずかった場合も、伝え方次第でトラブルを避けることは可能です。

ぜひこの記事を参考にして、上手に家事代行を利用してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

【あなたに今だけ無料プレゼント】

【副業を検討している女性の方へ】

先着300名様に今だけ無料配布中!

初心者が挫折せずに楽しくWEBライターに挑戦できるコツを教えます。

活躍中の現役女性ライター27人が初めて打ち明ける秘密の情報が手に入ります。

こちらの電子書籍をクリックすると、無料でお受け取りできます。

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらからどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる