【SBC添削記事】ずっと引きこもりで仕事をするのが怖い!そんなあなたへ

添削記事アイキャッチ

この記事は添削者しょうが担当しました。

ゆうみさん、記事作成お疲れ様でした!作成中もこまめに連絡をいただき、ゆうみさんの真面目なお人柄が感じられました♪

内容も、引きこもりで社会に出るのが不安・・・そんな人に優しくエールを送りながら背中を押してくれる素晴らしい内容ですね。

今回は
・Webでの記載記事であること
・SEOを意識したライティングであること
の2点から添削をさせていただきました。

♥は「素敵だな」と思ったところを
★は「こうするともっとよくなる」という提案を
記入させていただきました。

全体的に真っ赤に感じるかもしれませんが、私のコメントが長いせいなので気にしないでくださいね♪

・・・・・・・・・・・

まずタイトルですが、「キーワードを左から順番に」「32文字程度」「?!は半角で」が良いとされています。
♥ゆうみさんのタイトルはキーワードの「引きこもり 仕事 怖い」の順番通りに設定されていて、「!」も半角で、」セオリー通りで素晴らしいです!
★しかし、25文字しかないのがもったいないですね。もう少し膨らませられるか考えてみましょう。
例)引きこもりで仕事をするのが怖いあなたへ!おすすめ仕事2選
例)引きこもりで仕事をするのが怖い!無理せず始めるおすすめの仕事とは

 

子どものころから不登校となり、そのまま大人になってもずっと引きこもっている人も少なくはないでしょう。(改行)
働かないといけないとわかっているけど怖い、どうしたらいいかわからないと思っていませんか?

安心してください。そう思う人はあなただけではありません。

♥問いかけから入るのは、読者の共感が得られてとってもいいです!そしてすぐに「安心してください」と言ってもらえると、その続きをとても読みたくなりますね。

同じように引きこもりながら不安を抱え生活している人、実際働いている人でも何かに悩みながら生活している人など想像以上にたくさんの人が存在しています。

★ここで、この記事で何を伝えるのかを短く振ると、これから読むことへの心構えができて、その先への期待が高まります。

例)今回は、ずっと引きこもりで仕事をするのが怖い方へ、おすすめの仕事とともに、仕事を探す前の心構えもお伝え致します。

まずは社会に出る第一歩として、少しでも参考に慣れば幸いです。

 

目次

引きこもりから社会に出る前に自分を知ろう

★見出しですが、キーワードを入れた方がSEO的にいいとされています。
ですので、例えば「引きこもりから社会に出る前に自分を知ろう」などと「引きこもり」を入れると読者側から考えても、わかりやすくていいと思います。

まずは自分のことを知るために下記項目それぞれを紙に書き出してみましょう。

・引きこもりになった理由
・仕事をすることに対し何を怖いと思うのか
・自分の好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、得意ではないこと

♥↑箇条書きで分かりやすいです!

書き出すのはどんなことでもいいです。誰かに見せるものではなく、思考整理として思いつくもの全てを書き出しましょう。(改行)

話せる家族や友人がいれば、実際に話してみることもひとつの手です。自分一人では気づかないこともあるからです。(改行)

これらがきっと、社会に出る第一歩に役立つことでしょう。

♥すぐに取り組めることなので、ハードルが下がっていいですね。

引きこもりから社会に出る第一歩

①自分のことをある程度知ったところで、次にどんな仕事があるのか調べてみましょう。

★↑①②などは環境依存文字なので、Webでは使わないようにしましょう。今回はその部分を見出し3を使って整理しました。また、まず前ふりをしてから、見出し3に入ります。
・・・・・・(以下例)・・・・・・


自分のことをある程度知ったところで、次のステップに進みましょう。

どんな仕事があるか調べる

まずは、引きこもりだった自分ができる仕事にはどんなものがあるか、ネットで調べてみましょう。

例えば、

・人と関わりたくないのであれば「仕事 人と関わらない」
・同じ作業の繰り返しが得意であれば「仕事 同じ作業の繰り返し」
・日頃しているゲームが好きなのであれば「仕事 ゲーム」

♥具体的ですごくわかりやすいです!

など、思いつくことをキーワードで調べるのです。まずは世の中にどんな仕事があるのかを知ることが大切です。

★↑「思いつくことをキーワードで調べる」と言われても、よくわからない読者もいるかもしれません。少し丁寧に説明してあげましょう。
例)「思いつく言葉をいくつかスマホやパソコンで検索してみましょう。」

 

②資格取得や技術を身に付けよう↓(★いきなり技術を身に付けようと言われるとそれこそハードルが高すぎますよね)

仕事に必要なスキルをリサーチする

興味がある仕事が見つかったら早速応募・・・ではなく、まずはその仕事にはどんなスキルが必要なのかリサーチをしましょう。は、ハードルが高く感じるかもしれません。(改行)

その仕事には何が必要かも調べてみましょう。(改行)

例えばパソコン関係の仕事なら、基本的なパソコンスキルがあれば問題なさそうなのか、それともプログラミングスキルが必要になってくるのかで準備期間もその後の行動も異なってきます。

又、事前準備をしておくと行動がしやすく、自信にも繋がります。

♥↑読者の背中を押してくれるいい言葉ですね!

仕事をしていない人対象の授業を行っている職業訓練校や、近年ではインターネット環境があれば自宅で受けられるオンライン受講もあるので、併せて‘スキルの取得方法’も調べるといいですね。
★‘スキルの取得方法’のような’ ’は読みづらいので、「  」『  』などの方がWeb上では適しています。

 

③外へ散歩に出かけよう↓

外に散歩に出る

日光を直接浴びる、風にあたる、風景を眺める、それだけで充分です。(改行)

公園でおにぎりを1個食べるとか、本屋で好きな本を1冊買うなど目的をつくって出かけるのもいいですね。(改行)

突然、家から仕事に行くというのは考えるだけでも憂鬱になりかねないので、まずは外へ出かけることに慣れましょう。

♥「外へ出る」ことへのハードルを下げてくれるあたたかいメッセージですね♪

引きこもりの人におすすめの職業仕事とは

引きこもりの理由、好きなことなどにもよりますが、参考までに載せます。

★見出しはキーワードの「仕事」にしましょう
★↑これだけだとちょっと突き放している感じがするので、もう少しエールを送るような文章を考えてみましょう。

例)それでは引きこもりだった方へおすすめの仕事をいくつかご紹介しましょう。実際は、引きこもりの理由や好きなことにもよりますが、ぜひ参考にしてくださいね。

パソコン関連

・データ入力
・WEBライター
・WEBデザイナー
・プログラマー
・動画編集

これからは多少の専門スキルが必要になってくるも、
(★↑ちょっとわかりにくいですね。「専門のスキルが必要になってきますが」という意味でしょうか)
インターネット環境やパソコンがあれば在宅でできる仕事です。(改行)

顔出しや電話も避けてメールのみで完結できる仕事させる人も少なくはありません。クラウドソーシングの活用もいいですね。

★以下、ボックスに入れてみました。Wordpressを使うと簡単に作成できます。

メリット

・在宅でできる
・自分のペースで仕事ができる
・直接人と話す機会を避けられる

デメリット
・孤独を感じやすい
・初期投資が多額になる可能性あり
・スケジュール管理や金銭管理はしっかり自分で行う必要がある

 

作業員関連

・工場作業員
・清掃員
・自動販売機のドリンク補充スタッフ

これらは会社へ出勤する必要が出てきますが、仕事中は基本的に人と関わるのが少ないといえます。

メリット
・人との関わりを最小限に抑えられる
・プライベートと仕事の切り替えがしやすい
デメリット
・コミュニケーションが必要になるケースもある
・出勤する緊張感がある

 

まとめ

★見出しが「まとめ」だけだともったいないですね。
例)「引きこもりで仕事をするのが怖かったあなたへのメッセージ」など

♥今回紹介した内容が一目でわかるまとめでとてもいいです!
★内容に入る前に、ひとこと振ってあげると読みやすいです。
例)「今回は、引きこもりで仕事をするのが怖い・・・そんな方へのアドバイスをお伝えしました。」など

1,自分のことを知る

まずは、自分と向き合うところからスタートしましょう。

2,仕事内容を調べる

世の中にどんな仕事があるのか知りましょう。

3,外に出よう

近場でもいいです。1個のために買い物へ出かけてもいいです。外出に慣れましょう。(改行)

 

冒頭でもお伝えしましたが、人は皆、何かしらの不安や悩みを抱えています。(改行)

どんなかたちであれ、少しずつ社会との関わりを持ち始めると自分ひとりじゃないと思えるときがきっとくると思います。(改行)

決して無理はせず、できる範囲から行動してみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

♥なんて素敵なメッセージ!引きこもりだった方は多かれ少なかれ自分に自信を無くしていると思いますので、このようなそっと背中を押してくれるメッセージが一番嬉しいですよね!

・・・・・・・・

※添削は以上になります。
総評はコメントをご覧ください。

執筆、お疲れ様でした♪

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (5件)

  • ゆうみさん執筆お疲れ様でした。
    内容がとてもあたたかく、ゆうみさんのお人柄が伝わってきました。
    引きこもりの方は自己肯定感が下がっていると思うので、このように「ちょっと外にでるだけでもいいんだよ」「人に会わないでできる仕事もありますよ」と言ってもらえると、「仕事」のハードルがぐっと下がりますよね。
    画像のチョイスもバッチリです!

    ・Web記事は、改行を適度に入れた方が読みやすくなりますので、追加させていただきました。
    ・見出しもできるだけ意識してキーワードを入れるように心がけてみて下さい。

    メリットデメリットにボックスを活用してみました。
    Wordpressだとこのような装飾もできるよ、という感じで見ていただければと思います。

    最後のまとめが秀逸ですね。
    よく内容のまとめだけで終わってしまう方がいらっしゃいますが、ゆうみさんのまとめは心に残る素敵な言葉でした。

    ゆうみさんのライターとしてのこれからのご活躍がとっても楽しみです♪

    素敵な記事をありがとうございました!

  • ゆうみさん、執筆お疲れ様です!
    引きこもりから仕事を始めるのはとても勇気がいると思いますが、
    自分を知ってリサーチしてさぁ面接!ではなく、外に散歩に出てみると書いてあるのでハードルが下がり実行しやすいですね。
    その後にさりげなくおすすめの仕事を紹介してあるのもいいと思いました。
    まとめの言葉からも、ゆうみさんの優しさがにじみ出ています。
    引きこもりから社会復帰したい方の気持ちに寄り添った素晴らしい記事だと思いました!
    これからも自信を持ってどんどんライティングにチャレンジされてくださいね☆

  • ゆうみさん、執筆お疲れさまでした!
    引きこもりから外で仕事するのは、かなりハードルの高いことですよね。
    でもゆうみさんの記事からは、温かいエールと悩む人の心に寄り添う優しさが感じられました。
    いきなり仕事を説明するのではなく、散歩へ出るところから書かれているのがすばらしいですね。読者もチャレンジしやすいと思います。
    明るい未来がイメージできる終わり方もステキです。
    ゆうみさんのより輝かしいライター人生を応援しています!

    しょうさんも添削お疲れさまでした!
    勉強になりました。

  • ゆうみさん、執筆お疲れさまでした。
    長年家にこもり、人と接しずにいた人が「仕事を始める」「外に出る」「人と会う」というのは、私の想像以上の恐怖だと思います。
    そんなペルソナに寄り添う暖かい文章と具体的な提案は、読者の背中を押すだろうと感じました。
    文章も読みやすく、とてもわかりやすかったです。
    今回の添削を生かし、今後ゆうみさんがライターとして飛躍されることを願っています。
    素晴らしい記事をありがとうございました。

    shoさん、添削お疲れさまでした。
    勉強になりました。

  • しょうさん、ご丁寧に添削いただきありがとうございました!
    大変勉強になりました。

    皆さまもコメントいただきありがとうございます。
    とても励みになります。

    ライティングは初の試みで想像以上に思考も手も動かず、なかなか前に進めませんでした。
    個人的に文章を書く前の「リサーチ→それをまとめる」のが苦手なんだとわかりました。
    そこが上手くできなかった関係で、時間がかなりかかった気がします。

    しかし実際書き終えてからは達成感があり、こうしてフィードバックもいただき少々自信がつきました。
    ありがとうございました!

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる