コピーライティング能力を高める「13文字の法則」ってなに?活用例と練習のコツも紹介!

コピーライティング能力を高めるためには「売れる型を知ること」が大切です。

そのひとつに13文字の法則があります。

「良いアイデアが思いつかない……」

「インターネット広告を出したけど、反応がイマイチだなあ」

とくに駆け出しライターのころに、こんな悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。

13文字の法則を知れば、あなたのコピーライティング能力はグッとレベルアップします。

この記事では、以下の3つについて解説しています。

  • コピーライティング能力を高める「13文字の法則」の内容は?
  • コピーライティングで「13文字の法則」を活用した例は?
  • コピーライティングで「13文字の法則」を活用するときに意識すること

コピーライティング能力を高めて、読者に注目される魅力的な広告文を作りましょう!

目次

【コピーライティング能力UP!】「13文字の法則」とは?

コピーライティングとは、商品を売るための文章術のことです。

広告を見た読者の興味を惹き付けて、商品の購入やサービスの利用を促します。

実際にコピーライティングが使われている具体例を見ていきましょう。

「自然を、おいしく、楽しく。」

引用:カゴメ

「まだ、ここにない、出会い。」

引用:リクルート

「お、ねだん以上。ニトリ」

引用:ニトリ

このようなフレーズがコピーライティングに該当します。

コピーライティングのポイントは、人間の心理を深く理解し、商品を買いたいと思わせる文章を作り出すこと

どのフレーズも印象的で、長い年月が経っても覚えていますよね。

ではなぜ、こんなにもワンフレーズが印象に残っているのか、コピーライティングの役割と13文字の法則の秘密を紐解いてみましょう!

コピーライティングの役割とは

テレビやインターネット、新聞や雑誌など、世の中にはたくさんの広告や情報があふれています。

あなたは、そのたくさんの広告をすべて見逃さず、隅々まで見ていますか?

多くの人は、「興味がある広告ならじっくりと見るが、興味のないものはスルーする」と答えるのではないでしょうか。

また、スマホでニュースや漫画を読んでいる時はどうでしょうか?

途中で出てくる広告バナーより、今見ていたニュースや漫画の続きの方が気になりますよね。

たいていの広告はスルーされてしまうので、見てもらうための工夫が必要です。

その工夫とは読者がパッと見た一瞬で認識できるようにすること

13文字の法則は、この考えをもとに作られたアイデアです。

なぜ13文字が良い?

どんな人でも、一瞬で認識できる文字数は13文字程度だと言われています。

13文字を超えてしまうと、文章として読む努力が必要になり、すぐに理解することが難しくなってしまうのです。

13文字程度で魅力的なキャッチコピーを作れば、スマホをスクロールする読者の手を止めることができるかもしれません。

「一瞬で認識できるように、13文字程度で広告文を作ること」が、あなたのライティング能力を高めることに繋がります。

【コピーライティング能力UP!】「13文字の法則」活用例を紹介!

13文字の法則に沿ってキャッチコピーを考えると、より多くの人が印象に残りやすいことが分かりました。

有名企業のスローガンやブランドメッセージには、13文字程度で作られたキャッチコピーが多くみられます。

次は、有名企業が13文字の法則を活用している3例を見ていきましょう。

【13文字の法則】活用例

1.「わたしらしくをあたらしく」

引用:LUMINE

 似た言葉を組み合わせていて、語呂がいいですね。

 前向きな気持ちになれるキャッチコピーです。

2.「ドトール、のち、はれやか。」

引用元:ドトールコーヒー

 落ち込んでいても、美味しいコーヒを飲んでほっと一息つけば、気持ちが晴れやかになる。

 そんな経験がある方は多いのではないでしょうか。

3.「セブンイレブン、いい気分!」

引用元:セブンイレブン

 学生のころ、CMでよく流れていたので私も記憶に残っています。

 思わず口ずさみたくなるような、キャッチなコピーです。

どのキャッチコピーもすっきりまとまっていて、最後まで一瞬で読めますよね。

【コピーライティング能力UP!】「13文字の法則」を活用!能力を高めるコツは?

「13文字でキャッチコピーを作った!これで大ヒット間違いない!」と意気込んでいても、残念ながら13文字で作ったからといって、それがヒットするとは限りません。

ではどんなことに気を付けて、広告文を作ればいいのでしょうか。

次は、魅力的なコピーの作り方と13文字で文章を作るコツを見ていきましょう。

13文字で魅力的なコピーを作ろう!

13文字の法則を活用するときに気をつけることは以下の3つです。

【13文字の法則で気をつける3つのポイント】

  1. ただの商品説明の文章になっていないか
  2. リズム感を意識できているか
  3. 無理に13文字以内にして、意味が分からなくなっていないか

一つずつポイントを見ていきましょう。

1つ目の「ただの商品説明の文章になっていないか」についてですが、商品の特徴を伝えつつ、一瞬で惹きつけられるインパクトが良いキャッチコピーの作り方となります。

13文字以内という短い文字数のなかで商品の特徴を全て伝えることは、難しいですよね。

あれも伝えたいし、これも伝えたい!と、特徴だけ並べても目を惹くかは微妙なところです。

したがって、商品説明の文章を13文字内に収めるのではなく、インパクトのあるキャッチコピーを作る必要があるのです。

2つ目の「リズム感を意識できているか」については、口に出して違和感がある文章にならないようにしましょう

リズム感を意識できていれば、あとから思い出しやすく、記憶に残る文章になります。

先ほどの活用例に出ていたキャッチコピーは、リズム感が良く覚えやすいですよね。

口に出して違和感がない文章かどうか、その都度チェックしてみましょう。

3つ目の「無理に13文字以内にして、意味が分からなくなっていないか」については、13文字にこだわりすぎてしまい、意味の分からない文章になってしまう場合があるからです。

限られた文字数のなかに、商品の魅力や購買意欲を駆り立てるテクニックを入れ込むことは至難の業ですよね。

しかし、13文字の法則以外にも売れる型はあります。

13文字でうまく文章が作れないと行き詰ってしまった場合は、別の方法も試してみましょう。

それが習得できれば、あなたの作った広告文で商品が売れる日も、きっとすぐそこですよ!

ライティング能力を高めるための練習方法!

13文字のキャッチコピーの作り方をお伝えしてきましたが、やみくもに13文字の文章を作っていても、いつかは限界がきてしまいます。

あなたが一歩成長したいならば、まずは売れる広告文を見て分析することが大切です。

売れている商品の広告文には必ずヒットする理由があります。

ヒット商品の広告文を集めて自分なりに法則を分析してみると良いでしょう。

例えば、「Yahoo!ニュースのトピックスの見出し」も、短い文字数のなかに必要な情報がギュッと詰まっています。

参考になる見出しを一部紹介しますね。

Yahoo!ニュースの見出し一例
  • 全国旅行支援を延期へ コロナ影響
  • 関東や北日本は雷雨の恐れ 注意を
  • 中田翔が9号ソロ 打った瞬間確信
  • ドコモ、通信障害「回復」と発表
  • 養殖ウナギは天然に負ける 研究

一瞬見ただけで、どのようなニュース内容か伝わってきますよね。

その理由は、ニュースの価値を一言で表現していて、事実を間違いなくコンパクトに伝えているからです。

自分なら「この記事にどんな見出しをつけるか」と考えてみて、情報を要約する能力を日常で鍛えておきましょう

成功例を分析し、売れる型を知り活用していけば、あなたのコピーライティング能力はどんどん高くなっていくはずですよ。

コピーライティング能力を高める「13文字の法則」のまとめ

今回は、「コピーライティング能力を高める13文字の法則ってなに?活用例も紹介!」についてお届けしました。

この記事の重要ポイントをおさらいしていきましょう。

【13文字の法則のまとめ】

  • 「13文字の法則」とは、13文字以内で効果的な広告文を作ること
  • 13文字の理由は、人が一瞬で認識できる文字数が13文字のため
  • 有名企業のスローガンやwebサイトの見出しを分析して、売れる型を活用する
  • 13文字で広告文をつくるときはリズム感を意識して、インパクトのある内容を!

コピーライティング能力を高めて、読み手の心に響く素敵な作品を作ってくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

【あなたに今だけ無料プレゼント】

【副業を検討している女性の方へ】

先着300名様に今だけ無料配布中!

初心者が挫折せずに楽しくWEBライターに挑戦できるコツを教えます。

活躍中の現役女性ライター27人が初めて打ち明ける、今まで秘密にしていた体験談が手に入ります。

「なぜあの人は稼ぎ続けられるのか?」

こちらの電子書籍をクリックすると、無料でお受け取りできます。

 

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらからどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次