べランピングの始め方!5つのアドバイスと注意点を徹底解説!

スポンサーリンク



 

 

 

最近、テレビなどで話題になっている「べランピング」という言葉を聞いたことがありますか?

 

べランピングは、おうちのベランダでキャンプ気分を味わう「おうちキャンプ」のひとつです。

新型コロナウイルスによって思うように外出ができない今、ベランダで気軽にキャンプ気分を味わえるから気分転換になると、べランピングが注目を集めています。

 

この記事では、べランキャンプって何?楽しそう、ちょっとやってみたいなと思っている人へ、始め方や注意点などを解説しています。

ぜひ参考にして、べランピングでリフレッシュしてくださいね。

 

べランピングって何?


引用:ヘーベルハウス

 

べランピングは、「ベランダ」「グラマラス」「キャンピング」を掛け合わせた造語です。

 

つまり、おうちのベランダで魅力的なキャンピング気分を味わうということを「べランピング」といっています。

ベランダで非日常的なアウトドア気分を味わいつつ、中に入れば電気やガスが使えてトイレやお風呂もある快適で魅力的なキャンピングというわけですね。

 

もともとは、初めてキャンプをする人が予行練習的にベランダで疑似体験をしたり、アウトドア感覚を日常生活の中に取り入れたい人などに人気のスタイルでした。

最近は、新型コロナウイルスの影響でキャンプ場に行けないキャンパーの間でも人気が高まっています。

 

べランピングの魅力


引用:Roomclip@YAMAZEN

 

おうちのベランダでキャンプ気分が味わえるべランピングの魅力は、主に以下の6つです。

 

  1. なかなか休みが取れない人は出かけずに済む。
  2. 小さな子供がいるおうちで遠出が心配という場合も出かけずに済む。
  3. 実際にキャンプするには車や道具がそろっていない場合でも、おうちのベランダならあるものでできる。
  4. 天候に左右されない。
  5. すぐに始められる。
  6. 自分スタイルができる。

 

このほかにも楽しみ方を見つけられるかもしれません。

そんな風に、人それぞれの楽しみ方ができるのも、ベランピングの魅力です。

 

べランピングの始め方!5つのアドバイス

引用:ヘーベルハウス

 

べランピングには定義がないので、ベランダの広さやこだわりで自由にレイアウトできます。

 

しかし、自由というのがけっこう厄介で、始めたいけど何から手を付けていいのか迷っている人もいるのではないでしょうか。

そんな人は、以下の5つを試してみましょう。

 

  1. べランピングのテーマを決める
  2. ベランダを裸足で歩けるようにする
  3. ローテーブルやローチェアでくつろぐ
  4. ベランダに緑を置く
  5. アウトドアグッズを取り入れる

 

それでは、詳しくご説明していきます!

 

べランピングのテーマを決める

 

まず、テーマを決めるとイメージしやすいです。

例えば下記のように、やりたいことを思い描くと、ベランダに置きたいものなどがイメージできてくるでしょう。

 

  • テントを張ってキャンプ場の雰囲気を楽しむ。
  • ハンモックを吊って読書や昼寝をする。
  • 親しい友人と食事やお茶会をする。
  • 冬はこたつで鍋をする。
  • ベランダをカフェ風にしてコーヒーをいれて飲む。
  • ベランダでテレワークなど仕事をする。
  • 夜、月や星を眺めながらお酒を飲む。
  • 夜、お酒を飲みながらPCで映画鑑賞会。

 

なので、まずはベランダでなにをやりたいか、思い描いてみてくださいね。

 

ちなみに、私は雨の日にベランダでコーヒーを飲みながら読書をしてみたいと思いました。

そのためには、濡れないようにシェードを張るなど雨対策が必要になります。

 

ベランダでコーヒーを淹れる場合は、小さめのテーブル、ガスバーナー、ケトル、コーヒー、カップなどを持ってきて、ローチェアに腰かけてお湯が沸くのを本を読みながら待つ。という想像をします。

こんなふうに、したいことを想像していくと必要なものや欲しいものが浮かんできますよ。

 

ベランダを裸足で歩けるようにする

 

何から始めていいか分からないという方は、まずベランダに何かを敷くというところから始めてみてはいかがでしょうか。

ベランダの多くはコンクリート材が一般的なので、コンクリートの上に何かを敷いて裸足でも歩きやすいようにすると、洗濯ものを干すだけのベランダが一変します。

 

人工芝や、すのこを敷くだけでも印象は変わりますよ。

なんといっても、裸足で歩けるという気持ちよさがたまらないです。

 

ベランダで調理をする場合は、難燃シートを敷くと安全ですよ。

(難燃シートは燃えにくい素材でできているシートです。通販などで1000円代からあります。)

 

ローテーブルやローチェアでくつろぐ

 

次に、椅子やテーブルを置く場合はローチェアなどがおすすめです。

低めのテーブルや椅子を置くとこで視線が下になり、広がりの空間を感じて窮屈な感じがしなくなります。

 

キャンプ用のテーブルや椅子を使うと、よりアウトドア感アップです。

また、ニトリやIKEAのインテリアなどを使ってリーズナブルでオシャレなべランピングを楽しむ方法もあります。

 

ベランダに緑を置く

 

ベランダに観葉植物などの緑を置くと華やかになります。

フェイクグリーンや、植木鉢が要らないエアプランツなどを置いたり吊るしたりするとベランダの雰囲気が変わります。

 

アウトドアグッズを取り入れる

 

キャンプで使うテントや椅子、テーブル、ランタンなどを取り入れると、以下のようにより一層アウトドア感がでて、非日常的空間が生まれます。

 


引用:RoomClip

 

ランタンはガスではなくLEDランタンを使うと、電池や充電なので扱いやすく安全です。

オシャレなLEDランタンも多く出回っているので、お好みのランタンを探すのも楽しいですよ。

 

まだ、それでも難しいという人は、いつも飲んでいるコーヒーをベランダで外の空気を吸いながら味わうというところから始めてみてはいかがでしょうか。

部屋の中で飲んでいたコーヒーが違う味わいになることでしょう。

 

べランピングの注意点

 

気軽に始められて楽しいべランピングですが、ベランダですることなので、いくつか確認と注意しなければいけないことがあります。

 

ベランダにものを置くことができない

 

賃貸や分譲にかかわらず、ベランダは住民の共有スペースです。

火事などの避難経路として使用するため、妨げになるようなものを置いたり設置したりすることはできません。

「消防法」で決められているからです。

 

べランピングをする時は、避難ハシゴや蹴破り戸など避難経路を塞がないよう充分注意して椅子やテーブルを置くようにしましょう。

べランピングを楽しんだ後は片付けを忘れないよう心がることも大切です。

 

べランピングをしても大丈夫か確認

 

マンションやアパートなどのベランダは火の使用を禁止しているところが多いので、確認が必要です。

そもそも、べランピングを禁止していることろもあります。管理会社などに確認しておきましょう。

 

騒音や料理にも注意を

 

家の中で料理を作ってベランダに運んで食べる場合でも、臭いがキツイものなどは周りに迷惑になる場合があるので注意しましょう。

また、蹴破り戸などの薄い壁でとなりと繋がっているベランダは案外音が周りに漏れるので、騒ぎすぎないよう配慮が必要です。

 

べランピングの始め方と注意点 まとめ

 

べランピングを始めるときは、あまり気負わずにベランダでやりたいことを想像しながら楽しむことが大切です。

ベランダで座ってコーヒーを飲むということだけでも、いつもと違う風景や風を感じることでしょう。

ぜひ、おうちのベランダでリフレッシュしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ショウジ

25年程前にファミリーキャンプをスタートして、オートキャンプ、フリーサイト、時にはキャビンを利用して山歩きや釣りなどアウトドアを楽しんできました。現在は私だけが温泉巡りと共にソロキャンプを楽しんでいます。主婦目線からキャンプの事あれこれを書いていけたらいいなと思っています。 また、長年関わってきた音楽や映画についても伝えられたらいいと思います。普段は着物の着付け講師をしながら母の介護をしています。