【オンライン文章添削】働きたいのに働けない!ADHDという病気を知り一緒に働くために大事なこと

添削記事アイキャッチ

この記事は添削者aldithが添削いたしました。

今回は
(1)Webでの記事掲載であること
(2)SEOを意識したライティングであること

この2つの点を意識した添削になっています。

【タイトルについて】

『働きたいのに働けない 病気』という、気になるテーマでの執筆ですよね。
『ADHDの人が職場にいて、接し方に悩んでいる人』という風にペルソナを設定しているとのことですが、タイトルからそのことはよくわかります。
どのような相手に向かっての記事かということを知ってもらうのはとても重要なことですよね。

また、SEO的に有効なタイトルは文字数が28文字~32文字ですといわれていました。
でも、昨今の情勢は変わってきています。
実際、SBCでもタイトルの文字数を変更しています。
今回の文字数はその基準をクリアしてくださっていましたね!
ただ、タイトル内の「!」も半角にしてくださっていました。
マニュアルをきちんと読んでくださっているようで、ありがとうございます。

他にも狙っているキーワードを左にもってくるというのも重要です。
なぜなら、キーワードは左から順番に並べていくのがSEO的にも有効だからです。
ただ、キーワードにばかり気を取られて意味のわからない文章にならないように気をつけてくださいね♪

ブログはタイトルで読まれる記事が決まるといっても問題ありません。
だからといって、いろいろ盛り込みすぎるとタイトルが長くなりすぎます。
そうなると、検索エンジンに反映されない部分が多くなってしまいます。
タイトルは以下を意識して書いてみてください。

【タイトルをつけるポイント】
(1)タイトルは28~45文字以内
(2)左側にキーワードを入れる
(3)!や?は半角で入力

【アイキャッチ・画像について】
ブログ記事の冒頭にある画像をアイキャッチといいます。
SBCでは指定の画像があるので、選ぶ必要はありませんが、本来はChinamiさんが選ばなければなりません。
アイキャッチもですが、画像は記事の内容やイメージにあったものを選ぶようにしてくださいね。
今回、記事内に挿入してくださった画像はどれもイメージに合っていました。
ステキな画像をありがとうございます。
ただ、画像のサイズがSBCでの規定サイズではありませんでした。
これはクライアント様によっても変わってきますので、確認して決まったサイズでの納品ということを忘れないようにしてくださいね。

【センテンス、文字数について】
冒頭の会話文など、読者の興味をひくステキな文章を書いてくださっています。
見出しなども会話を意識して書かれたということでとても読みやすいです。
Webの文章は読み流しが前提です。
そういう意味では、見出しが印象的だというのはとてもいいことですね。
でも、本文内でもお伝えしていますが、改行を「、」で行うことはやめてくださいね。
読者がどのデバイスを使用しているのかということはわかりません。
誰もがパソコンの大きい画面で読んでいるのではありません。
ましてや昨今ではスマホでの閲覧が多い時代です。
文章の途中での改行は読みにくいという印象を与えてしまいます。

それだけではなく、センテンスの文字数が多いと感じる部分がありました。
スマホで見た時に4行以上続くと、文章から圧を感じてしまいます。
読み流しを考えている場合、それだけの文章だとブラウザバックしてしまう可能性も高いです。
細かいことは本文内でお伝えしていますが、1つのセンテンスの文字数は50文字以内を意識するようにしてみてくださいね。

また、今回の記事は空改行がない記事になっています。
雑誌などの紙媒体ではそれでもいいのですが、Web媒体ではそれは読み辛いものになってしまいます。
視認性を上げるためにも、空白を作成するというのは必要なことなんですよ。
WordPressではスペーサーという機能を使えば、空白をあけることができます。
SBCでは以下のように基準が決まっています。
これらも参考にしてみてくださいね。

通常の余白はスペーサー「10」
広めに空けたい場合はスペーサー「20」
話題の転換など特に広げたい場合はスペーサー「30」

ここからChinamiさんの記事の添削をさせていただきます。
文中で注意していただきたい部分は『※』
良い部分は『◎』で区別させていただいています。
最後までよろしくお願いいたします。

職場での人との接し方に悩みを抱えている人は少なくないはず。

「どうしてこんなに簡単なことができないの?」

◎会話文というのは共感を与えるのにとてもいい方法ですね。
誰もが思っていることを文章にすることで、先を読もうという興味も持ってもらえますね♪

と思ってしまう相手があなたの職場にいませんか?

※せっかく、興味を持ってもらえる冒頭です。
最初から会話にしてインパクトを強くしておきましょう。
会話文と説明文の順番を入れ替える。
『と思ってしまう相手があなたの職場にいませんか?』
この文章を削除する。
そうすることでスッキリした冒頭になりますね。

自分のいうことを理解してくれない相手に対して、ついつい苛立ってしまうこともありますよね。

もしかするとその人は、ADHD(注意欠如•多動症)かもしれません。

一般的に20人に1人がこの病気を抱えていると言われています。

今回はADHDの特徴や、職場にいるADHDの人と接する際に気をつけるべきことをまとめてみました。

※「気をつけるべきことを」と「を」が2回続いていますね。
ここは「注意することを」としてみた方が意味が分かりやすいと思いますよ。

現在そのような職場での対人関係で悩んでる方がいたら、参考にしてみてください♪

◎この記事を読めばわかることを最初に書いているのはとてもいいことです。
職場にADHDの人がいる場合、どのように接すればいいのかということが書いてあるということでペルソナの設定もできていますよね。

目次

職場にいる人はADHDかも⁉︎病気を理解するために覚えておくべき特徴4つ

※文章の内容にピッタリな画像をチョイスしてくださっています。
でも、SBCでは画像のサイズの指定があります。
これは他のクライアント様でもあることなので、マニュアルに記載されていることはきちんと守るようにしてくださいね。

ADHDは大人の発達障害の1つといわれます。

社会に出るまでは周囲のサポートもあり、単に個性の強い人として見られがちですが、

いざ社会に出ると仕事を思うようにこなせなかったり、人間関係において問題を抱えたりすることで、

初めてADHDと診断される人も少なくないからです。

※この部分ですが、「、」で改行されている部分があります。
Webの文章はどのデバイスで読者が読むかということを把握することができません。
ですので、改行は「。」の部分で行うということを意識した方が読みやすい文章になります。
ここですと、
社会に出るまでは周囲のサポートもあり、単に個性の強い人として見られがちですが、いざ社会に出ると仕事を思うようにこなせなかったり、人間関係において問題を抱えたりすることで、初めてADHDと診断される人も少なくないからです。
という文章になります。
でも、このままだと文字数が多いので何を言っているのかがパッと読んだだけではわかりません。
この場合、文章を分割して読みやすくするということを意識する必要があります。
恐らく、文章が長いということで「、」での改行になったのだと思います。
しかし、先ほどもお伝えしたように改行は「。」ということを考えると、センテンスを短くして改行をした方がWebの文章としては読みやすいものになります。
また、文末の『~からです』というのは理由を述べている文末です。
この場合、何に対する理由かということがわからない文章になっています。
この場合、思い切って文章を短くするというのもわかりやすい表現になる一つの方法です。
『その理由は、社会に出て初めてADHDと診断される人も少なくないからです。』
いろいろな例を挙げた方が分かりやすいと思われるかもしれません。
でも、Web記事は流し読みが原則です。
「大人の発達障害の1つ」と言われているのなら、その最大の理由を1つ挙げた方がわかりやすい表現になりますよね。
詳しい理由はあとから付け加えることができます。
最初に結論をしっかりと述べておくと、興味をもって読み進めてもらえますよ。

ここではADHDが疑われる特徴を、大きく4つ挙げてみたいと思います。

  1. 物忘れが多い
  2. 整理整頓•時間の管理が苦手
  3. 落ち着きがない
  4. すぐにイライラする

◎ここから、特徴を4つ挙げてくださっています。
どのようなこと書いているのかということがよくわかるので、とてもいいですね♪

でも、今のままだとWeb記事としては単調な感じになってしまいます。
同じ力関係のことを列記しているので、ここは小見出しを使って目次にも表示できるようにしていきましょうね。
やり方は見出しにしたい部分をH3に変更するだけです。
この時、冒頭の数字は外すようにしましょうね。
それに伴って、こちらでの記載は削除した方が読みやすくなりますね。

1.物忘れが多い

物忘れが多い

※見出しを設定するとこのような感じになります。
そこだけ文字が大きくなりますし、アンダーラインなどの装飾があるので、目立ちますよね。
スキマ時間に記事を読んでいる読者も見出しを設定しておくと目次で記事の内容を把握することができるので、興味のある記事をみつけることができるんですよ♪
残りの分も見出しにしてみますが、わかりにくくなるので、元の言葉を削除して見出しにしています。

細かいことに注意を払うことが苦手なため、物忘れやものをなくすことが多いです。

また約束事を忘れやすく、仕事の締め切り期限を守れないこともあります。

同時に複数のの作業をしたり、物事を記憶しながら仕事をしたりするのが困難なのも、ADHDの特徴といえるでしょう。

それによってケアレスミスが増えてしまいます。

整理整頓•時間の管理が苦手

本人に片付けようという意思がないわけではないのですが、

物の整理整頓が苦手で、なかなか捨てられないなど、片付けが苦手です。

職場のデスクが常に書類やファイルで溢れている人や、

不要な書類をいつまでも捨てずにいる人は、その傾向があるかもしれませんね。

※上でもお伝えしていますが、「、」での改行はやめましょう。
センテンスが長くなると思って改行している場合は、表現を変えることでセンテンスを短くすることができますよ。

落ち着きがない

一般的に集中力が続かず、すぐに気が散ってしまうのも特徴の1つです。

じっとしているのが苦手なので、デスクワークなど長時間座っている仕事は特に難しいといえますね。

自分が一生懸命説明をしても、いまいち伝わっていないように感じることはありませんか?

ADHDの人に対しては、伝え方を工夫する必要がありそうですね。

※「落ち着きがない」ということに対して「伝わっていない」ということは繋がっていないように感じます。
ここは「伝える」という言葉ではなく「体をゆすったりする」という身体的な特徴を伝えた方が分かりやすいのではないでしょうか?

すぐにイライラする

些細なことでイライラしてしまったり、思い通りにならないと怒りの感情を爆発させてしまったりします。

誰でもイライラすることはありますが、ADHDの人は特に自分の感情のコントロールが苦手ということですね。

※「~ということ」という表現は冗長になりやすい表現です。
ここは言い切りの形にした方が読者も安心して読むことができますよ。

理解と工夫が重要!ADHDの人と接する時に気をつけること

ADHDの人と一緒に働く際には、具体的にどんなことに気をつければよいのでしょうか?

実際に、ADHDの人が職場の人間関係や苦手分野に直面することで、精神的に病んでしまうケースは少なくありません。

接し方を工夫するだけで、今までとは違った働き方ができるかもしれませんよ!

※ここの表現はADHDの人に対してなのか、ADHDの人と同じ職場にいる人に対してなのかがわかりにくいです。
ペルソナをどのように設定しているのかということを常に意識するようにしてくださいね。

ここではADHDの人と接するときに気をつけるべきことを2つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください♪

※ここも上の見出しでお伝えしたように段落わけの小見出しにしてみましょうね。
そうすることえ、より記事の内容がわかりやすくなりますよ♪

仕事内容を簡潔に1つずつ伝えるように心がける

「この書類を内容を確認して、コピーして、印鑑を押して.…」

と1度にたくさんのお願いをすると、頭の中が混乱してしまいやすいです。

仕事を伝えるときは、1つずつ簡潔にわかりやすく伝えられるといいですね。

マニュアルを作成して、渡してみるのもいいかもしれません。

激しい注意や叱責をしない

繰り返しミスをされるとついイライラしてしまいがちですが、

厳しく注意したり叱責するのは、逆効果です。

ADHDの人にとっては、かえって集中力が低下したり、自己否定に陥ってしまったりする原因になってしまいます。

ADHDの人は、決して仕事に対してやる気がないわけではありません。

大切なことは、苦手なことに対する対策方法を一緒に考えていくことですよ。

働きたいのに働けない!ADHDの人が活躍できる場所はないの?

ADHDの人が完璧に仕事をこなすのはとても大変なことのように思えます。

では、ADHDの人が社会に出ることは難しいのでしょうか?

実は、そのようなことはありません。

ADHDの人は、自分が好きな分野では他にはない集中力を発揮し、才能が開花する場合があるんです。

誰もが知っている発明家のエジソンや、作曲家のモーツァルトもADHDだったといわれているのを知っていますか?

“偉人には変わり者が多い“なんて話も聞きますが

彼らの偉大な発明や作曲は、得意なことを伸ばすということがどれほど大切かを教えてくれますね。

※ここの「~ということ」も上の同じ表現でお伝えしたことと同じです。
言い切るということに抵抗があるかもしれませんが、端的な表現も大切なことです。
ここは『得意なことを伸ばすことが』としても意味は十分に通じますよね♪

ここで覚えておいて頂きたいのは、

ADHDは、脳機能の発達の過程が普通の人より独特であり、

決して人として外れているということではないということなんです。

※この部分も改行を「、」でしていますね。
上の部分でもお伝えしていますが、デバイスによって改行の位置が変わってくるので「、」での改行はしないようにしましょうね。
また、この文章を「。」だけの改行にするとかなり長い文章になってしまいます。
文章で表現するということは大事なことですが、Webの文章は視認性も大切です。
今回のこの文章は「覚えておいて欲しい」ということなので、ボックスでの処理でスッキリと見せることができますよ。
また、「覚えておいて頂きたい」というのはちょっと表現が固いですよね。
SBCでは小学生でもわかる文章というのが原則です。
ですので、ここは「覚えておいて欲しい」とする方が読みやすいかもしれません。
また、「頂きたい」という個所は同市ではなく補助動詞になりますよね?
その場合は、漢字ではなくひらがなで「いただきたい」とする方がいいんですよ。

ADHDって?
脳機能の発達の過程が独特
 ↓↓↓
人として外れていることではない

センテンスが長い方がいいように感じるかもしれませんが、このようにスッキリとさせる方が読みやすくなると思いませんか?

まとめ:ADHDという病気を理解し一緒に社会を作る

日本は「発達障害大国」ともいわれています。

社会に出てADHDと診断された人、ADHDの人と一緒に働いている人、

悩んでいる人はたくさんいるはずです。

決してあなただけではありません。

※ペルソナをどのように設定しているのかということをきちんと認識しておきましょうね。
この文章だと、誰に対しての文章かというのが分かりにくいです。
「悩んでいる人」という表現はADHDの人もADHDの人と一緒に働いている人、どちらともとることができます。
誰に向かって書いているのかということを認識して書くようにしましょうね。

そして、苦手な仕事や人間関係の悩みを抱えることは、ADHDの人に限らず、社会においてごく普通のこと。

ADHDいう病気を理解し心に留めておくことで、よりよい人間関係が築いていけるといいですね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

◎読者に対する温かい言葉がいいですね。
また、最後に読んでくださったことに対する感謝の言葉があるのもGoodです!

※ここからはChinamiさんの記事をWeb記事としての体裁を整えたらどうなるかということをお見せしようと思います。
元の文章を最優先にしていますが、文脈の都合で言葉を言い換えている部分があります。
また、装飾なども一例としてみていただければと思います。

「どうしてこんなに簡単なことができないの?」

職場での人との接し方に悩みを抱えて、このように思っている人は少なくないはず。

自分のいうことを理解してくれない相手に対して、苛立ってしまうこともありますよね。

もしかするとその人は、ADHD(注意欠如•多動症)かもしれません。

現代では、20人に1人がこの病気を抱えていると言われています。

今回はADHDの特徴や、職場にいるADHDの人と接する際に注意することをまとめてみました。

職場での対人関係で悩んでいる方がいたら、参考にしてみてください♪

職場にいる人はADHDかも⁉︎病気を理解するために覚えておくべき特徴4つ

ADHDは大人の発達障害の1つといわれます。

その理由は、社会に出ることで、初めてADHDと診断される人も少なくないからです。

ここではADHDが疑われる特徴を、大きく4つ挙げてみたいと思います。

物忘れが多い

  • 物忘れやものをなくすことが多い
  • 約束事を忘れやすく、仕事の締め切り期限を守れない

これらは、細かいことに注意を払うことが苦手なためです。

他にも、同時に複数のの作業をしたり、物事を記憶しながら仕事をしたりするのが困難です。

あなたの周囲で、ケアレスミスが多い人っていませんか?

整理整頓・時間の管理が苦手

  • 物の整理整頓が苦手
  • 片付けが苦手

職場のデスクが常に書類やファイルであふれている人っていますよね。

本人は片付けようと思っているのに、不要な書類がいつまでも捨てられない。

そんな人が職場にいる場合は、この記事の内容を覚えておいてくださいね。

落ち着きがない

  • 集中力が続かない
  • すぐに気が散ってしまう

じっとしているのが苦手なので、デスクワークなど長時間座っている仕事は特に難しいといえますね。

指を机で叩くことなどがやめられないというような人が身近にいませんか?

すぐにイライラする

  • 些細なことでイライラする
  • 思い通りにならないと怒りの感情を爆発させる

このことは誰でも経験することですよね。

そんな中で、ADHDの人は自分の感情のコントロールを苦手としていますよ。

理解と工夫が重要!ADHDの人と接する時に気をつけること

ADHDの人と一緒に働く際には、具体的にどんなことに気をつければよいのでしょうか?

ADHDの人は、職場の人間関係や苦手分野に直面することで、精神的に病んでしまうケースも少なくありません。

ここではADHDの人と接するときに注意することを2つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください♪

仕事内容を簡潔に1つずつ伝えるように心がける

「この書類の内容を確認して、コピーして、印鑑を押して・・・」

仕事をしていく中で、このようにたくさんのお願いがあるのはよくあることですよね。

でも、ADHDの人は、1度にたくさんのお願いをすると、頭の中が混乱してしまいやすいです。

仕事を伝えるときは、1つずつ簡潔にわかりやすく伝えられるといいですね。

マニュアルを作成して、渡してみるのもいいかもしれません。

激しい注意や叱責をしない

繰り返しミスをされるとイライラしてしまいますよね。

だからといって、厳しく注意したり叱責するのは、逆効果です。

かえって集中力が低下したり、自己否定に陥ってしまったりする原因になるからです。

ミスをされると、注意や叱責をしたくなるのは当然かもしれません。

でも、苦手なことに対する対策方法を一緒に考えていくことが大切なんですよ。

働きたいのに働けない!ADHDの人が活躍できる場所はないの?

ADHDの人が完璧に仕事をこなすのはとても大変なことのように思えます。

では、ADHDの人が社会に出ることは難しいのでしょうか?

実は、そのようなことはありません。

ADHDの人は、自分が好きな分野では他にはない集中力を発揮し、才能が開花する場合もあります。

発明家のエジソンや、作曲家のモーツァルトもADHDだったといわれています。

偉人には変わり者が多い

とも言われますが、彼らの偉大な発明や作曲は、得意なことを伸ばすことがとても大切だと教えてくれますね。

ADHDは脳機能の発達の過程が独特
 ↓↓↓
人として外れていることではない

このことを覚えておいてほしいですね。

ADHDという病気を理解し一緒に社会を作る

日本は「発達障害大国」ともいわれています。

社会に出てADHDと診断された人やADHDの人と一緒に働いている人がいます。

職場でどのように接すればいいかと悩んでいるのは、あなただけではありません。

今回、ADHDの人と接する時に注意することをお伝えしました。

  • 仕事内容を簡潔に1つずつ伝えるように心がける
  • 激しい注意や叱責をしない

難しいかもしれませんが、意識しておくことが大切です。

ADHDいう病気を理解し心に留めておくことで、よりよい人間関係が築いていけるといいですね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

「この記事を添削した書人」のプロフィール欄にあるリンクボタンをクリックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちらからどうぞ

コメント一覧 (8件)

  • Chinamiさん、記事の執筆お疲れさまでした。
    ADHDという病気を持っている人が職場にいる場合、どのように接すればいいのか、ということで悩んでいる人に対する記事でしたね。

    最後までていねいに書いてくださって、悩んでいる人に対してどのようにすればいいのかということも分かりやすく書いてくださっていました。
    ただ、記事内でもお伝えしましたが改行の位置が少しおかしいと思ったのとセンテンスが微妙に長いかな、と感じました。

    ポエムの場合は文節で改行するという場合もありますが、Web記事として考えると改行の位置は「。」にしておいた方が読んでいて安心できます。
    また、センテンスの文字数も50文字以内に納めるようにしてくださいね。
    スマホで閲覧する方がほとんどという時代です。
    その場合、流し読みが原則だということも覚えておいてくださいね。

    ADHDという病気のことを扱っているので、文章も悩まれたと思います。
    見出しなど話しかけるような調子で書かれていたのでとても読みやすかったです。
    ただ、「ADHDの人」に対してなのか、「ADHDの人に対する接し方に悩んでいる人」に対してなのかが分かりにくい部分がありました。
    今回の記事は「ADHDの人が職場にいて、接し方に悩んでいる人に向けて記事」ですよね?
    そのことを念頭に置いて言葉を選べばもっとわかりやすい記事になると思いました。

    いろいろ細かいことをお伝えしましたが、しっかりとリサーチもされています。
    内容としては扱いにくいジャンルをきちんと調べているところはとても好感がもてます。
    また、読者に対しての優しい目線も感じることができました。

    これからのChinamiさんのライティング活動がますます素晴らしいものになりますように。
    今回は添削させていただいてありがとうございました。

  • Chinamiさん、執筆お疲れ様でした!

    「働きたいのに働けない 病気」というキーワードからは、いろいろなペルソナが考えられると思います。
    その中からご自身の体験に基づき、ADHDに話を絞られたのは、すばらしいですね。
    記事作成に慣れないうちは、ついついあれもこれもと内容を詰め込んでしまいがちです。
    Chinamiさんは最初から1つの内容を深く掘り下げていて、中身が濃いのでとても勉強になりました。

    「~ということ」という表現は便利で、使いたくなるお気持ち、私もよく分かります。
    第三者の視点でアドバイスを受けないと、なかなか分からないものですよね。
    またWeb記事は紙の媒体にはない特殊なルールもあり、難しく感じられたかもしれません。
    でも、最初はみんな何も知らないところから始めるのですから、大丈夫ですよ。

    今回、添削を受けようと一歩踏み出されたChinamiさんなら、今後も前向きに学んでいかれるのだろうなと想像ができます。
    この挑戦が、これからのChinamiさんのライター人生を開くものになるよう、お祈りいたします。

    aldithさん、添削お疲れ様でした。
    後半でChinamiさんの記事がWeb記事仕様になっていて、とても見やすいですね。
    ありがとうございました。

  • Chinamiさん、執筆お疲れ様でした。
    ADHDという発達障害を抱えた方は、働きたいのに働けない、なぜ受け入れてもらえないか分からないので、周囲の理解がほんとうに大切ですよね。
    説明しても理解が難しい障害ですが、分かりやすくまとめられていて、すばらしかったです。
    またChinamiさんの優しいお人柄も感じられて、ほっこりしました。
    ライティングの視点がとても優しくていいなと思いました。
    Web記事の書き方はいくらでも学べるので、今回の添削を機会にますます素敵なライターさんになられていかれるといいなと思います。
    素敵な記事をありがとうございました。

    aldithさん、添削おつかれさまでした。
    とても詳しい解説で、勉強になりました。
    後半の記事は、自分のライティングにも活かしていきたいです。
    ありがとうございました。

  • Chinamiさん、執筆お疲れさまでした!
    読者の悩みに寄り添ったとても優しい記事ですね。
    リサーチもしっかりなさっていると感じました。
    特に「得意なことを伸ばす」という言葉が心に残りました。

    また、Chinamiさんの設定したペルソナが「ADHDで悩んでいる人」ではなくて、
    「ADHDの人への接し方が分からず悩んでいる職場の人」にした点も素晴らしい視点だと思います。
    素敵な記事をありがとうございました。

    aldithさん、添削お疲れさまでした。
    とても丁寧な添削で勉強になりました。
    ありがとうございました。

  • Chinamiさん、執筆お疲れさまでした。
    さちさんも書かれていますが、「働きたいのに働けない 病気」というキーワードから
    「ADHDの人が職場にいて、接し方に悩んでいる人」という明確な読者に絞られて書かれた記事が本当に素晴らしいと感じました。
    しかも20人に一人という数にも驚きました。
    同時に、この記事の重要性をさらに感じることが出来ました。

    「大切なことは、苦手なことに対する対策方法を一緒に考えていくことですよ。」
    この言葉はとても素敵ですね!
    Chinamiさんの人柄をとてもよく表しているとも感じました。

    職場は1日の長い時間を過ごす場所ですし、そこの関係に悩むと非常につらいものがありますよね。
    そんな方がChinamiさんの文章に出会えて、この病気のことを知れたなら、考え方が変わると思います。
    ADHDに悩む方にとっても、その周りの方にとっても、その些細な変化はとても大きな意味がありますね!

    Chinamiさん、SBCに挑戦下さり、素敵な記事を書いていただきありがとうございました。
    改めて、伝えるということの意味を考えた気がしました。

    aldithさんも添削お疲れさまでした。
    丁寧な添削とaldithさんお手本記事はやっぱり素晴らしいですね!
    とってもわかりやすく、勉強になりました。
    ありがとうございました☆

  • Chinamiさん、執筆お疲れ様でした!
    最初の受付は私が担当させていただきました。
    当初はGoogleドキュメントの使い方などに少しお困りのようでしたが、「楽しく書けました」とおっしゃっていただけたので、よかったです!

    記事は「ADHD」のいう難しいテーマに挑戦されていて、素晴らしいですね。
    しかもこういったテーマはデリケートな部分があるので注意が必要ですが、
    Chinamiさんの記事からは丁寧な心配りを感じました。

    アルディスさんも書かれてましたが、途中、どなたにむけての言葉かわからない部分と、文章が長く感じる部分がありましたが、
    全体としては本当にしっかりとした記事だと思います。
    きっと丁寧にリサーチされた成果ですね!

    今回の添削をぜひ今後に活かしていただき、素敵なライターさんとしてご活躍下さい。

    アルディスさん、添削お疲れ様でした。
    みなさまも書かれていますが、最後のお手本記事、さすがです!!

  • Chinamiさん、執筆お疲れさまでした!
    キーワードから、さらに病気を限定されたのは正解ですね!
    範囲を自分で狭めるのは読者が減りそうで怖いですが、読者を限定することで心に届く記事にできます。
    ADHDを理解したい人もたくさんいると思うので、とても有益ですね。

    記事の構成はとてもいいと思いました。
    記事からはChinamiさんの「ADHDでも、そうでなくても、共存できるよ」というあたたかい気持ちが伝わってきます。
    これから技術的なことを覚えていけば、十分に通用する記事になると思いました。
    今回の添削を活かして、ステキなライターになってくださいね。
    すばらしい記事をありがとうございました!

    アルディスさん、いつもながらすばらしい添削です!
    お手本記事は私もお手本にします。
    お疲れさまでした。

  • aldithさん、お忙しい中添削していただいてありがとうございました。
    そして皆様ありがたいお言葉とご指摘ありがとうござます。

    改行に関しては、web記事を作成する上での基本的な部分が実践できず反省しています。
    今回作成をしてみて、記事の作成同様にペルソナ設定やリサーチの重要さも感じました。
    働きたいのに働けないというワードを見て、発達障害が頭に浮かびました。思い切って職場でADHDの人と接する人をペルソナに設定したことを評価していただけて嬉しいです!

    最初はペルソナを意識していたのですが、途中から作成側に気持ちが集中してしまって伝えたいことをそのまま書いてしまいました。
    読み返してみても途中からペルソナが曖昧になっていることが自分でもわかりました。

    今回初めてweb記事を作成しました。自分の未熟さを痛感しましたが、とても楽しんで取り組むことができましたし、自分自身も勉強になることが多くてさらに成長していきたいと思いました!

    本当にありがとうございました。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる