2019冬ドラマ「炎上弁護人」あらすじ・キャストのまとめ!! 

 

こんにちはユイトです。

 

読者様はTwitterやInstagramはやられてますか?

 

このサイトを見てくださっている方で全く知らないという方はいないでしょうね。

 

僕のお母ちゃんでも知ってます。

 

今やインターネットが無い生活など考えられなくなり、不特定多数の人々が自由に発信する情報は、大きなメディアからは得ることのできないニッチな情報が満載でそれらが簡単に手に入る生活を僕はもう手放せません。

 

その一方で、インターネットの危険性はいろいろと言われていますが、読者様は本当のネットの怖さを知っていますか?

 

 

今回は、実際にあった怖~いネットの炎上事件のご紹介をしたいと思います。

 

 

ついでに、NHKで2018年12月15日に土曜ドラマスペシャル枠で放送される「炎上弁護人」のあらすじやキャストについてもご紹介しちゃいます。

 

 

えっ? そっちが本題じゃないのかって? 

 

 

読者様はどちらが気になりますか?

 

[quads id=1]

 

「炎上弁護人」のモデルとなった人物???

 

 

NHKの公式HPには「炎上弁護人」に関する原作の情報は無く、脚本家・井上由美子さんのオリジナル作品ということですが、気になる情報を見つけました。

 

このドラマにはモデルというか取材協力をされている方がいらっしゃいます。

 

「炎上弁護士」こと唐澤貴洋さんです。

 

ご存じでしょうか?

 

 

ネット炎上の被害者を弁護していたところ、自らがネット炎上の対象になってしまったという弁護士さんです。

 

一時はニュースにもなっていたので、記憶にある読者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ここで彼が有名になった経緯をご紹介します。

 

リアルな炎上弁護士とは?

 

 

2010年頃から八神太一というハンドルネームを使った高校生が、2チャンネル(ネット上の掲示板)の「なんでも実況j(ジュピター)」というところで約3年にわたってほぼ毎日、煽ったり中傷したりする投稿を繰り返すなどをして掲示板を荒らしていました。

 

この掲示板は、「みんなで野球の実況や決めたテーマの雑談をしながら交流をしよう♪」という場所でしたが、八神は個人の日記のようなスレッドを延々と立てたり、みんなの楽しくやっているところに突如割り込み暴言、挑発、下ネタを繰り返すなどを行いました。

 

これに不満を募らせた掲示板利用者達は、大学に合格したと書き込む彼を挑発し、彼はまんまと合格通知の断片をUPしてしまいます。

 

そのわずかな欠片から在籍高校や進学先の大学や学部、個人の住所や本名といった全ての個人情報が特定され顔写真までもさらされてしまいました。

 

「なんでも実況j」の利用者は相当数であり、積もり積もった不満が爆発し、彼に対する仕返しや膨大な誹謗中傷がはじまりました。

 

彼はそれに耐えきれなくなり弁護士に相談し「これ以上拡散したり悪用すると法的手段に出ます」と通告しました。

 

このとき、彼が相談した相手が、インターネットに強いと謳っていた唐澤貴洋弁護士でした。

 

唐澤弁護士は2チャンネルの運営者に削除依頼をしたり、誹謗中傷した相手を特定しようとIP開示請求を行いました。

 

ユイト
ワードを少し解説しますね!

IP開示請求とは、その書き込みのIPアドレスを教えてくださいと運営者に請求することですよ。

 

一時はこれで沈静するかと思われたのですが・・・

 

当初、突然の弁護士の登場に怯えていた掲示板の利用者達でしたが、IP開示請求からの民事訴訟が確実ではない、ということに気がつきました。

 

また唐澤弁護士が行った開示請求の杜撰さや、彼が事務所のTwitterアカウントでアイドルを大量にフォローしていたり、スパムブログで宣伝をしていたりなどの行為が次々と明らかになりました。

 

そのことから唐澤弁護士に対し”無能”のレッテルを貼り、徐々に唐澤弁護士への誹謗中傷も多く見られるようになっていきます。

 

そして唐澤弁護士は依頼人である少年への誹謗中傷よりも、自分自身への誹謗中傷を中心に開示請求を行うようになり、それは膨大な数になりました。

 

その結果、それを面白がった掲示板利用者からの唐澤弁護士への攻撃がより一層増えることになってしまいます。

 

そうしていく中で、唐澤弁護士も個人情報を特定され、様々な批判や嫌がらせが始まります。

 

それはエスカレートし95万件もの数の殺害予告を受けるまでになりました。

 

唐澤弁護士を脅迫した疑いで高校生が書類送検されたり、脅迫文とカッターナイフの刃が同封された封書を弁護士に送りつけたとして男が逮捕されるなど、複数名の未成年者を含む逮捕者が出る事件にまで発展しました。

 

 

唐澤弁護士はこのことをまとめた著書「炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告をうけとることになったのか」をドラマ放送開始直前の12月13日に発売されるそうです。

 

引用:Amazon

 

Amazonの商品情報にこの唐澤弁護士が、NHKドラマ「炎上弁護人」の取材協力を務めると記載されていますよ。

 

 

この事件から学ぶこと

 

この一連の事件の怖さは、本名や住所とった個人情報が簡単に特定されてしまうということじゃないでしょうか?

 

少年の身元特定にかかった時間はわずか半日というスピードでした。

 

そして一度拡散してしまった情報は完全に消し去ることはほぼ不可能です。

 

とはいえ、火種を注がなければ炎上はおこらず、それぞれに価値のあるネットの利用の仕方ができたはずです。

 

 

脚本家はあの・・・

 

 

脚本は人間味にあふれた作品を生み出すことで有名な井上由美子さんです。

 

脚本家:井上由美子代表作

・「ひまわり」(NHK連続テレビ小説・1996年)

・「ギフト」(フジテレビ・1997年)

・「きらきらひかる」(フジテレビ・1998年)

・「北条時宗」(NHK大河ドラマ・2001年)

・「GOOD LUCK!!」(TBS・2003年)

・「白い巨塔」(フジテレビ・2003年)

・「14才の母」(日本テレビ・2006年)

・「緊急取調室」(テレビ朝日・2014年)

・「昼顔~平日午後3時の恋人達~」(フジテレビ・2014年)

・「遺族戦争」(テレビ朝日・2015年)

・「お母さん、娘をやめていいですか?」(NHK・2017年)

・「緊急取調室 シーズン2」(テレビ朝日・2017年)

・「ハラスメントゲーム」(テレビ東京・2018年)

 

僕の中で面白かった、話題になったと思うドラマを独断と偏見で掲載させていただきました(笑)

 

NHKの朝ドラと大河についてはお母ちゃんの意見です。

 

すごいでしょ? どれも魅力的で人気作品ばかりです!!

 

 

ハラスメントゲームについて知りたい方は、こちらもご覧下さいね。

 

【人気俳優】古川 雄輝がかっこよくないって噂?英語やダンスや年齢は?

2018年11月7日

【人気俳優】唐沢寿明さんの過去のドラマ・映画・CMなど一覧を紹介!

2018年10月23日

【人気俳優】古川雄輝のtwitterやinstagramを徹底的に紹介します

2018年10月22日

【2018年秋ドラマ】唐沢「ハラスメントゲーム」再放送日見逃した!無料視聴方法と放送地域紹介!

2018年10月16日

【2018秋ドラマ】唐沢寿明『ハラスメントゲーム』見逃し配信!あらすじとキャストも紹介! 

2018年9月6日

 

 

井上由美子さんはキャストの魅力を十二分に引き出す脚本家さんだと思います。

 

特に女性が表情豊で魅力的に描かれるのが印象的です。

 

今回の「炎上弁護人」の主役も女性の真木よう子さんなので、そういう所にも注目したいと思います。

 

 

キャストも気になりますが、先にあらすじをご紹介させていただきます。

 

お楽しみは後に取っておきましょうね♪

 

「炎上弁護人」の気になるあらすじは?

 

 

渡会美帆は大手の弁護士事務所で企業のリスクマネジメントを担当するやり手の弁護士でしたが、ある企業の炎上案件を担当したことで事務所を追われることになりました。

 

現在は実家の2階に構えた事務所で、ネットをめぐり世間やマスコミからバッシングを受け”社会の敵”となった人々の案件を主に担当しています。

 

そんなある日、美帆のもとを現れたのはSNSでタレント並みのフォロワー数を誇る主婦・日下部朋美でした。

 

朋美は自分に冷淡だったマンション業者のモデルルームが火災に遭った映像をSNSで発信します。

 

それが「拡散を狙った自作自演の放火ではないか?」と疑われて、彼女のSNSは一気に炎上してしまいます。

 

美帆は朋美からの相談を受け、勝ち目の薄い状況に迷いますが、朋美に対する攻撃のひどさからあえて依頼を引き受けることにします。

 

しかし、朋美の自宅住所がネット民(ネット上のコミュニティーが拠り所となっている継続利用者)に割り出され襲撃にあい、さらにマンション業者からは信用棄損で訴えられ、高額の賠償金を請求されてしまいます。

 

また、業者側の弁護士は因縁の相手である北坂史郎が担当するという・・・どん底の状況です。

 

追い詰められた朋美を守るため、美帆はネット記者である馬場明と手を組みネット中継で朋美の無実を訴えようとしますが・・・

 

 

先にご紹介した唐澤弁護士の状況と似ていますね。

 

「炎上弁護人」は、アウトローな弁護士・美帆と”炎上主婦”の依頼人・朋美という2人の女性が、依頼人と弁護士という立場を超えて固い絆で結ばれていくというヒューマンドラマです。

 

それではお待たせしました、各キャストをご紹介します。

 

魅力あふれるキャストを掘り下げます!! 

 

真木 よう子 / 渡会 美帆(わたらいみほ)役

 

引用:Twitter

 

自宅を連絡先にしている弁護士、いわゆる「宅弁」で”世間の反感に立ち向かうほうが燃える”というアウトロータイプです。

 

 

ここで気になることがっ!! アウトローってどんなイメージですか?

 

僕はなんとなくハチャメチャで怖い、悪いといったイメージを持っていましたが、どういう意味なのか改めて調べてみました。

 

 

元々は英語の「outlaw」からきているそうで、Out「外れた」+ Law「法律」という言葉の組み合わせでした。

 

つまり・・・世間からはみだした無法者ということですね。

 

弁護士なのに”Out-Law”・・・ 矛盾していますね。大丈夫なのでしょうか?(笑)

 

 

真木よう子さんといえばクールでかっこいい印象が強いですが、2017年はいろいろな騒動があり、開設したTwitterでの言動で”お騒がせ女優”というイメージも与えたようです。

 

当時主演していたドラマ「セシルのもくろみ」の視聴率の低迷でTwitterに土下座動画を投稿したり、フォロワーからのリプライに返信しまくったり、DMで一般の人とも普通に交流しまくっていたり・・・

 

ユイト

Twitter用語について解説しますね。

リプライとは、投稿された内容に対するメッセージのことで、相手に直接メッセージを送ることもできるんです!

DMとはダイレクトメールの略で、送信ユーザーと受信ユーザーにしか見ることの出来ない非公開のメッセージのことですよ。

 

 

Twitterで一般の人とのやり取りは数百件くらいあったそうですよ!

 

大女優さんなのに一般の人に返信やメッセージをくれるなんて!! ファンからするとこれ以上嬉しいことはないですよね♪

 

 

また、漫画好きの真木さんは同人誌即売会のコミックマーケットで自身の写真集を製作し販売しようと、クラウドファンディングで資金を集めようとしましたが、その金額が800万円という高額でコミケの趣旨に反すると批判が殺到し大炎上しました。

 

そして、出演予定だった映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」も降板が決定するなど、苦しい状況が続いていました。

 

 

炎上弁護人を演じる真木よう子さん自身も実は苦しい炎上経験者だったんですね。

 

 

色々あり今年9月に事務所を移籍し、心機一転新たなスタートを踏み出されています。

 

一糸まとわぬ姿も辞さないほどの女優魂とその演技力の高さ、それにご自身の経験も大いに役立って、今回の役はまた新たな女優・真木よう子が観られるのではないでしょうか?

 

楽しみです♪

 

仲里 依紗 / 日下部 朋美(くさかべともみ)役

 

引用:Twitter

 

SNS上で”マザー・テレ美”というアカウント名を名乗る、小学生の息子を持つ主婦。

 

SNSで火災映像を発信したところ、加害者扱いをされ炎上してしまい弁護士の美帆の所へ助けを求めてきます。

 

ドラマが進むにつれ朋美の抱える秘密が明らかになっていきます。

 

いったいどんな秘密なんでしょう?

 

 

朋美役を務める仲里依紗さんは、今井康絵さんの漫画「シンデレラコレクション」の主人公・ニーナに似ている女子を探すオーディションで、特別賞を受賞したことをきっかけに芸能界入りをしています。

 

その後はモデルや声優を経験し、2006年から女優として映画やドラマで活躍をしています。

 

色白の肌と端正な顔立ち、茶色の瞳が印象的な仲さんは祖父がスウェーデン人というクオーターなんです。ちなみに名前の「里依紗」はモナリザが好きだったという祖父が名付けた本名だそうですよ。可愛いお名前ですね。

 

2013年に中尾明慶さんとのできちゃった結婚を発表し世間を騒がせましたよね。

 

出演ドラマ「あなたのことはそれほど(あなそれ)」や「大貧乏」地味な女性を演じたかと思えば、NHKで放送された「逃げる女」での仲さん演じた美緒は、髪をシルバーに染め突飛な行動をしたり、相手を挑発したりする今までに見たことのない狂気を感じる役で「怖すぎる」「イメージと全然違う」「クセになる演技」とその「怪優」っぷりが一躍話題となりました。

 

天真爛漫で様々なキャラクターを演じ分ける渾身の演技が仲さんの最大の魅力ですよね。

 

そんな仲さんの演じる朋美にも大注目です。

 

岩田 剛典 / 馬場 明(ばばあきら)役 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

素敵がんちゃんの供給が…🥰 石原裕次郎新人賞の受賞、おめでとう㊗️🎊🍾🎉✨ #三代目jsoulbrothers #岩田剛典 #がんちゃん #exile

love∞3JSBさん(@love_3jsb_ldh)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

Webニュースの記者で、彼のネット中継は相手を選ばず突撃するというSNS上ではちょっとした有名人です。

 

ネットで人々を煽るが、その恐さも人一倍知っているという人物です。

 

朋美の事件を追いかけるうちに美帆に思わぬ提案を持ちかけます。

 

 

岩田剛典さんは三代目J Soul BrothersでEXILEのメンバーでもあり、ダンサーはもちろん俳優としてもご活躍されていまです。

 

甘いマスクに素敵な愛らしい笑顔をみせる岩田さんはファンの間では通称”がんちゃん”と呼ばれ、その容姿はもちろん、いじられキャラが可愛いと評判です。

 

実はHIROさんから「真顔だと怒っているように見えるから笑ってたほうがいい」というアドバイスがあり、笑顔を意識されていたそうですよ。

 

一方パフォーマーとしては男らしく道は自分でつくる 道は自分でひらく 人の作ったものは自分の道にならないという相田みつをさんの言葉を座右の銘にしていて、まじめで夢を叶えるためには努力を惜しまず、継続し諦めないとも語っています。

 

このギャップがたまりませんね。

 

実は岩田さん、慶應義塾大学の法学部を卒業されていて、小学生の頃は全国模試で上位になったことがあるという頭の持ち主。

 

かっこよくて、ダンスもできて、性格も良くて、頭もいいなんて・・・天は二物を与えずといいますが、二物どころか、いったい何物与えるのですか?と聞きたいです。

 

天は僕の存在に気づいているのでしょうか(笑)

 

宇崎 竜童 / 渡会 明彦(わたらいあきひこ)役

 

引用:Instagram

 

美帆の父親で古道具屋を営みながら自由気ままな生活を送っています。

 

娘の美帆に対してひょうひょうとした態度を見せていますが、内心は1人で懸命に戦う孤軍奮闘状態である美帆のことを心配しています。

 

強面の宇崎竜童さんが美帆の父親を演じます。

 

大学時代に軽音学部に所属し歌を作り始めた宇崎さん。

 

勤めていた音楽出版社が倒産し、自ら会社を立ち上げ所属バンドを売り込むためのコンサートで、たまたま宇崎さん自身が飛び入り参加でオリジナル曲を歌ったところ、宇崎さんにレコード会社から声がかかり1973年に「ダウン・タウン・ブキウギ・バンド」を結成しました。

 

1975年「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」は爆発的な大ヒットになり、曲中の「あんた、あの娘の何なのさ!」という台詞は流行語にもなりました。

 

引用:YouTube

 

この曲、僕もちろん知っていますがこんなに昔の曲だったんですね!

 

リーゼントにサングラス!! かっこいいですね!!

 

 

1981年にバンド解散後、俳優活動を精力的にされるようになりました。

 

多数の映画やドラマに出演したり、ドラマや映画、舞台などで音楽を手がけたりと幅広くご活躍されています。

 

ミュージカルの「魔女の宅急便」の音楽にも携わられています。

 

魔女の宅急便は可愛い少女が悩みながら大人へと成長していく姿を描いた宮崎駿監督のジブリ作品で有名ですね。

 

宇崎さんの容姿から繊細な少女の心を描いた作品のイメージは湧きませんが、実は心優しい素敵な方なんだろうと想像できますね。

 

俳優として出演されている月9ドラマ「ラヴソング」ではライブハウスを経営し、主人公の良き相談相手という役を演じられています。

 

こちらは宇崎さんのイメージにぴったりの役ですね!

 

 

「ラヴソング」が気になる方は、こちらもご覧くださいね。

 

【歴代月9ドラマ】福山雅治「ラヴソング」再放送見逃し配信を今すぐ無料視聴!

2018年8月30日

 

そして、今回の父親役はどのような宇崎さんが観られるのでしょうか?

 

小澤 征悦 / 北坂 史郎(きたさかしろう)役

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#小澤征悦 さんの宣材写真が新しくなりました! #yukiyoshiozawa #ozawayukiyoshi

Yukiyoshi Ozawa Fanpageさん(@yukiyoshiozawafanpage)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

美帆が所属していた大手弁護士事務所の敏腕弁護士で、かつては美帆と公私にわたるパートナーでした。

 

とある企業の炎上案件で美帆を裏切り、美帆が事務所を去るきっかけを作った人物です。

 

朋美の事件ではマンション業者側の代理人として様々な手段で揺さぶりをかけてきます。

 

 

長身で彫りの深い顔立ちが印象的で圧倒的な存在感を感じる小澤征悦さんですが、ご家族もまた凄いんです。

 

お父様は世界的指揮者・小澤征爾さんです。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#小澤征爾 #指揮者#conductor #orchestra #seijiozawa #日本 #japan #nippon

美しい国、日本🎌さん(@the_nippon)がシェアした投稿 –

引用:Instagram

 

似てますよね。

 

お母様は元モデルで女優の入江美樹さん、お姉さんはエッセイストの小澤征良さん、従兄弟はミュージシャンの小沢健二さんで、皆様それぞれご活躍されているまさに芸能一家!!というお家柄なんです。

 

アメリカのサンフランシスコご出身で英語もペラペラですよ。

 

 

1998年の大河ドラマ「徳川慶喜」で俳優デビューをされ、その後は映画「クライマーズ・ハイ」や「劒岳 点の記」、「許されざる者」など数多くの話題作に重要な役として出演されています。

 

大人の落ち着いた雰囲気があり、クールでシリアスな役からお調子者の役まで幅広い演技が魅力ですよね。

 

 

”さけるグミ”のCMご存じですか? 謎の”なが~い男”として小澤さんがご出演されていて、ミニドラマを見てるかのような面白いCMで、僕はその小澤さんも凄く好きなんです。

 

 

Huluにて配信されている「ミス・シャーロック/Miss Sherlok」にも心閉ざした主人公を支える兄役としてご出演されています。

 

「ミス・シャーロック/Miss Sherlok」の情報は、こちらでご確認ください。

 

【Hulu評判⑪】オリジナルドラマも面白い!おすすめまとめ!

2018年11月4日

 

 

 

それぞれのキャストを少し深く掘り下げてみましたが、やっぱり気になるのは脚本家・井上由美子さんが弁護士の美帆と炎上主婦の朋美という2人の女性をどの様に描き、どの様に魅せるのかということですよね!

 

 

特別インタビュー公開!!

 

引用:Twitter

 

主演の真木よう子さんは、ネットが当たり前となり、炎上やSNSからの事件発覚などが蔓延した社会において『誰が本当の犠牲者で、加害者は何者なのか?という現代のこの流れに「これでいいのか?」と疑問を持っていらっしゃる方々の気持ちがスカッとするようなドラマ』だとコメントをされています。

 

[quads id=2]

 

まとめ

 

2018年はかつてないほどネット炎上という事件が世間を騒がせました。

 

ネット世論によって犯人が決めつけられ、”裁き”が下されかねない時代に立ち向かう1人の女性弁護士の姿を僕と一緒に応援しましょう。

 

また、僕はここで改めてネットとの向き合い方を考える時間にもしたいと思います。

 

 

「炎上弁護人」は12月15日(土)にNHK総合テレビで夜9時から73分・全1回で放送される土曜ドラマスペシャルです。

 

BS4K放送にて12月12日(水)に夜7時から先行放送されますよ!

 

僕の小さな頃のNHKのイメージというと、つまらない、難しいニュース番組ばかりだと思っていましたが、こんなにも始まる前から気になるドラマに出会えました。

 

なんと、他にも面白そうなドラマが沢山あるんです! 気になる方はこちらもご覧下さいね。

 

【2019冬】NHKドラマキャストやあらすじまとめ!

2018年11月29日

 

 

最後まで僕におつきあい下さりありがとうございました。

 

 

TOPに戻る

 

 

 

 

 

 

徹底比較!おすすめしたい動画配信サービス【厳選!】

【おすすめのポイント!】

1.圧倒的な品揃え!

.人気ドラマが充実

3.最新ドラマの配信がスピーディー

4.無料お試しキャンペーン展開中!

 

 

FOD ★★★★

 

①月額888円でフジテレビの名作ドラマが見放題
映画やアニメ、雑誌、マンガも楽しめる
③電子書籍はポイント20%還元
毎月1,300ポイントがゲットできる
初回1か月無料

 

U-NEXT ★★★★☆

 

9万本以上の動画が見放題
②毎月1,200ポイントもらえる(1pt=1円)
③無料でアカウントが4つ使える
④スマホやタブレットにダウンロードできる
31日間無料体験ができる

 

Hulu ★★★☆☆

 

①月額933円で利用できる
②すべての作品が見放題
③スマホやタブレットにダウンロードできる
テレビでも観れる
2週間無料体験ができる

 

「最近なんかつまらないなぁ。ワクワクしてないかも。」と思った読者様だとしたら、VODを試す価値あると思います!

なぜかって言うと、かつてそう思っていた僕はVODを始めたその日から劇的に楽しい毎日に変われたからです。

あらゆる最新の動画や雑誌がわずか数百円で見放題だからです。これは僕の中で革命でした。

僕がVODで人生が劇的に変わった日

それからというもの、この素晴らしいサービスに魅了された僕はいろんなVODを徹底的に調べ、使ってみました。その結果、今はこの3つをおススメしています。サービスがそれぞれ違うので読者様にとってどれが合っているか見てみてください!きっとこの中からだと必ず魅力的なものが見つかると思います♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です