僕に動画配信サービスを教えてくれたイケメン先輩との運命的な出会い

 

読者様は、

 

「要領が悪すぎて周りからの冷たい態度や視線がつらい。」

 

とか

 

「もっと効率的にこなして周りからの信頼を得たい。」

 

と思ったことありませんか?

 

これ、今の会社に入った頃の僕の気持ちです(汗)僕は何を隠そう就職した直後は、あまりにも自分の出来の悪さに愕然とし、とても落ち込んでいました・・。

 

なんだか周りの人たちは、トラブルもなくスマートに仕事をこなせているし、プライベートでも今から彼氏とのデートだとか、今日は彼女と映画をレイトショーで観てくるだとか充実しているみたい。

 

僕の目にはその人たちがとってもキラキラと毎日が充実しているよう映りました。すごく羨ましくて、「あ~、なんで自分だけ仕事もプライベートもぱっとしないんだろ・・・」と思っていました。(今思うと超ネガティブなやつですね(笑))

 

そんな負のオーラが出まくりの僕でしたが、その時、同じフロア(同じ部署ではなく隣の部署でしたが)にいる大勢の人達の中でひと際 異彩を放つオーラを出している人 がいました。

 

よく「ワッハッハー」と向こうの方から笑い声が聞こえ、ふと僕の席からそちらの方向を眺めてみると、いつもその人を中心として人が集まっていて、その人はいつもその輪の中心でニコニコしています。なんだかすごく明るい雰囲気で、和気あいあいと楽しそうです。(僕はこんなに毎日残業で仕事に追われヘロヘロなのに・・)

 

当時、まだまだ新入社員だった僕は当然その人の事を知りません。そこで、となりの席に座っている歳の近い先輩に

 

「先輩、あの人誰です?なんかいっつも明るくて、あの人の周り賑やかですよね?」

 

と聞いてみました。

 

すると、その先輩がこう教えてくれたのです。

 

「あ~、あの人?まだ20代後半なのに、仕事の業績が群を抜いて良いらしく、超デキる人みたいよ。会社の幹部らにも早くから注目されていて、すでに何人かは大のお気に入りらしい。将来会社の中心的存在を担うこと間違いなし!といろんな人達の間でウワサになっているような人だね」

 

・・・と、あの人は僕には何一つ持ってない肩書をいくつも兼ね備えているような人だったのです。

 

そしてさらに・・

 

「あの人、めっちゃイケメンだよね~。会社の中でも相当人気あるらしいよ。ほら、総務の超美人の人いるじゃん?あの人もファンって聞いたことあるな。多分プライベートでも超モテモテなんじゃない?私生活は知らないけど。えーっと、誰だっけ?あの芸能人に似てるじゃん・・・えーっと・・・」

 

ドラマ好きな僕には、それを聞いた瞬間、0.001秒でピンと来ました。その人は・・・

 

仕事が超絶デキるのに、顔面もスタイルも、あの塩顔系イケメンの代表格「坂口健太郎さん」に超そっくりでめちゃくちゃカッコよかったのです!!(くっそ〜、なんて日だっ!!)

 

先輩はまさにこんな感じです。

引用:メンズノンノウェブ

 

読者様も仕事中にちょっと手をとめて周りを見渡してみてください。同じような仕事をしているのに、妙に仕事のできる人っていませんか?(イケメンかどうかは置いておいて)

 

でも、それくらいの差なら自分も努力してなんとか追いつき、追い越してやろう!って思います。僕にもそれくらいのハングリー精神は持ってます。

 

 

ただ、その差が圧倒的すぎるともはや勝負にならないと思ってしまう程の存在が、まさにこのイケメン先輩だったのです。

 

 

ダークサイドの僕を包み隠さず綴ろう

 

入社してまもないこの頃、限りなくダークフォースを身にまとい、独り途方に暮れながら砂漠(人生)をさまよい歩き続けていた僕は、この仕事の超デキるイケメン先輩をそれはそれは羨ましく感じていました。

 

・・・すみません。きれいごとを言いました。

 

ここだけの話、正直に言うとめちゃくちゃイケメン先輩を妬んでいました。「なんであの人は順風満帆なのに自分だけ上司に毎日叱られるんだよ!」「なんであの人だけなんでも手に入ってんだよ!!」っと心の中で思っていました。

 

自分の仕事の出来の悪さにムカついてイケメン先輩は全く関係ないのに、勝手にはけ口にしていたのです。

 

自分の中で勝手に最強のダースベイダー(悪役)に設定し、妬む対象を作ることで自分の気持ちが楽になりたかったのです。(あー、僕は超最低です・・)

 

 

 

あの時の僕は、オフィスの近くの公園で弁当食べている時も、社内トイレに無意味に長く籠っているときも、気付けば一人の時はふと一点を見つめ、そんなネガティブなことばかり考えていました。

 

その時の僕は、脳内を通り抜けていく血液に、脳から排出されたネガティブ思考も一緒にくっついて身体全体を駆け巡り、毛細血管のすみずみまで負のオーラが浸透していたんだと思います。(もしヨーダがいるならダークサイドに進んでいる僕を見抜いていたはずです(泣))

 

本当に、四六時中「ダメな自分」について悩んでいました。トホホ・・

 

「周りはあんなに明るく和気あいあいと楽しく仕事しているのに、なんで自分はこんなに暗い気分で仕事しているのか・・・。」

 

「なんで、自分だけ才能がなくて、こんなに仕事もできないのか・・・。」

 

あの時の自分はなんか疎外感が半端なかったですね。

 

「この職場には向いてないのかな。」とか「自分なんて仕事の才能がないのかな。」とか最後の方はそんなことばっかり考えていました。

 

今振り返ると、決して周りはそんな風に思っていないのに、「自分だけがそうなんだ。まわりもそう思っているはずだ」と自分では思ってしまっていたのです。

 

ですが、やはり悩んでいるだけでは何も仕事のスキルはあがりません・・。

 

自分が何か行動を起こさないと、この状況も変わり様がないということは理解できているんです。でも、新社会人になって間もない頃の僕は自分をコントロールする方法も分からずに悩んでいたのです。

 

そして、いよいよ八方ふさがりになった時の事です。僕は藁にもすがる想いで、最後まで避けていた行動をとってみることにしました。

 

そう。あの勝手に悪役に仕立て上げたダースベイダー(イケメン先輩)に仕事術のアドバイスを求めることです。

 

面識がないので話しかけるのは恥ずかしいですが、仕事がデキることで評判のイケメン先輩と自分とでは何が違うのだろうと日頃から思っていた僕は、聞くことによって、何かヒントが分かるかもしれないと思ったのです。

 

 

 

僕はいつものように残業をしていたある日のことです。その日はフロアには数人しかいませんでした。ふと見ると、イケメン先輩もたまたまポツンと一人残っていて、PCとにらめっこしていました。

 

そこで、僕は思い切って話しかけてみたのです。

 

 

「あの・・・先輩。〇〇ユイトって言います。」(かなり挙動不審なヤツ)

 

 

「おー、キミ隣の部署の子だよね!毎日遅くまで頑張ってるよなぁ!」といつものようにニコニコしながら、わざわざ仕事の手を止めこっちに身体を正対し、僕に話しかけてくれたのです。(なんだかダースベイダーなのにめっちゃ話しやすそうな方です。ダークなど微塵も感じさせないフォースを感じます。そして僕が連日残業していることも知っていました。)

 

予想以上に話しやすい人だったので意表を突かれた僕は、初対面にも関わらず先輩に気付けばこれまで独りで抱えていた悩みをいつの間にか打ち明けていたのです。

 

僕が日頃の苦しみを吐露する間も、先輩はただ「うんうん。」と頷き、僕の話を聞いてくれました。

 

そして、最後に僕は「先輩、何か日頃の仕事で心がけていることってありますか?」と聞くと

 

「そうだなぁ~、俺が新人の頃に心がけていたことがあるんだけど・・・」とそこからイケメン先輩が僕にまずはこれからやってみたらどうかな?というアドバイスをくれたのです。

 

そしたらビックリ。

 

 

「え、そんな簡単な方法があったの?!」

 

 

と目からうろこだったのです。

 

 

坂口健太郎似のイケメン先輩が僕に教えてくれた仕事術とは

 

 

 

イケメン先輩が教えてくれた仕事術。

 

それは、ショートカットキーを駆使することでした。

 

 

・・・・・「いやいやいや!そんなこと知ってるし!!」

 

 

ってズッコケた方もいると思います。

 

では、お聞きします (*’▽’)

 

読者様は毎回確実にそのショートカットキーを駆使して仕事されていますでしょうか?

 

何種類もあるショートカットキーを常に頭にインプットし、毎回確実に実践されてますでしょうか?

 

なかなかそこまで徹底している人はおられないと思います・・・。

 

ですが、そのイケメン先輩は違ったのです!そんなことまで意識して徹底して仕事に毎日向き合っていたのです。

 

イケメン先輩が言うには、

 

「たとえば毎日8時間パソコンに向かって仕事しているよね?使うソフトはほぼワードとエクセルだと思うんだけど、一回のショートカットキーの節約時間ってまぁ、せいぜい3秒。」

 

「1回の時短なんて微々たるもんだけど、んじゃ、1年で換算してみてよ。たとえば、1日100回使う機会があるとしたら、年間どれくらい節約できると思う?」

 

「だいたいサラリーマンなら残業抜きにして年間2000時間働いているから、100回/日×3秒×83日/年 = 24900秒/年。 つまり年間約7時間できるってこと。」

 

 

「で、本質はここじゃない。」

 

 

「ショートカットキーを毎日徹底することで何が良いかっていうことを考える必要があるんだけど。それは何か分かる?」

 

 

・・・・7時間節約以外で?・・・うーん、全くわかりましぇん。と無言の私。

 

 

それは時短に対する意識がめちゃくちゃ上がるってこと。ショートカットキーを駆使することで常に自分に意識させているんだよね。そしたら不思議とあらゆる仕事のスピードも上がるんだよ。大事なのは周りの目線ばかり気にせずに自分に意識を向けること!」

 

 

・・・・ガラガラガラ(私の概念が崩れる音)

 

 

その日からイケメン先輩のこの言葉を真摯に受け止め、僕の時短(ショートカットキー)大作戦が始まったのでした。

 

(ここからしばらくは僕の実践体験談です。興味がない方は読み飛ばしちゃってください

<(_ _)>)

 

[LESSON1] 簡単で使い易いものからマスターする!!

 

とはいえショートカットキー全部覚えるのはなかなか面倒ですよね。

 

いきなり全部というのは正直無理です。そこで、僕は机のすぐ見える所に”よく使う機能一覧”を置くことから始めました。

 

 

まずは”よく使う機能一覧”を紹介します。

ショートカットキー

機能

ショートカットキー

機能

Ctrl + C

コピーする

Ctrl + N

新規作成する

Ctrl + X

切り取る

Ctrl + S

保存する

Ctrl + V

貼り付ける

Ctrl + A

すべて選択する

Ctrl + Z

元に戻す

Ctrl + P

印刷する

Ctrl + Y

やり直す

Ctrl + W

閉じる

 

読者様もこの表を机に貼ってみてください。

 

え?そんなの初歩的で貼るのは恥ずかしいって?

 

ダメです。徹底するのです!(笑)

 

たとえば、さっき消した文字を元に戻したい!っていう時どうしていますか?

 

もしかして画面上のタブキーにカーソルをそろ~っと移動し位置を調整してからゆっくり「戻るボタン」を押しているのでは?

 

そんな時間あるのならサッとショートカットキーで即行動!ぜひ3秒節約しましょう。

 

そして3秒節約した自分を自分で褒めてあげてください。

 

ちなみに表のショートカットキーは覚える必要なんて全くありません。使っているうちに自然と身に付きます。

 

実は僕も始めのうちはショートカットキーの良さが分らず「マウスのほうが早いじゃん」って思ったことがありました。

 

でも使っているうちに「あれ?マウスいらなくね?」ってなります。

 

マウスをあちらこちらに動かすためにキーボードから手を放す必要がなくなり、作業時間を大幅に短くすることができるということに気が付き始めたのです。

 

 

[LESSON2] 超便利Excelショートカットキー

 

Wordのショートカットキーなんて楽勝という方、Excelも一緒でしょって思っているなら、ちょっとこの表を見ていってください。

 

「はいはい、知ってるー」っていう人もスルーしてはいけませんよ(笑)

 

もう一度自分が徹底しているかチェックしてください。

 

ちなみに僕は覚えるまでは手にこのショートカットキーをマジックで書いていました。

 

しかも油性」で。

 

周りに見られたら恥ずかしいですよね?

 

でも、時短できてない自分がもっと恥ずかしかったのです。

 

ショートカットキー

機能

ショートカットキー

機能

Ctrl + F

データを検索

Ctrl + 矢印

データセルまで移動

Ctrl + H

データを置換

F2

セルにカーソル入力

 

ショートカットキー

機能

Ctrl + Shift + 矢印

連なったデータを一括選択できる

 

・F2  Excelのセルにカーソルを入力してデータ編集

これ知らなくて誤って入力していたデータを消してしまった・・なんてことありますよね。

 

Ctrl + F  データを検索

あれどこだっけ?って思ったら使ってください。探していたものが見つかるかもしれません。

 

Ctrl + H  データを置換

Hをコントロールする?とか電車で痴漢とか変な脳内変換かかっている人は、正しい情報に置換してください。

 

Ctrl + 矢印 データのあるセルまで移動

Excel砂漠の中で迷子になった…というとき、近くのデータまで連れて行ってくれます。

 

Ctrl + Shift + 矢印  連なったデータを一括選択できる

Shift + 矢印・矢印・矢印…なんてしていませんか?Excelなら一連のデータは一気に選択できるんです。

 

 

ちっぽけなプライドを捨てた僕は、デキるイケメン先輩に言われたまま、ワード、エクセルのショートカットキーを徹底しました。

 

 

毎日、毎日、毎日地味な作業の繰り返し。

 

 

隣の課のかわいい女性にも、手に描いた油性マジックの文字を見られては「プッ」と笑われたりしました。

 

 

あれはさすがに恥ずかしかったなぁ・・。

 

 

でも、時短できてない自分がもっと恥ずかしかったのです。

 

 

[LESSON3] スッキリ!デスクトップ断捨離

 

 

 

そんな毎日地味~に頑張っている私の姿をイケメン先輩は見ていてくれたのでしょう。

 

 

ある日僕に話しかけてくれ、こう言いました。

 

 

「仕事がデキる人ほどいつもデスクの上が綺麗なんだよね。でも、じつはデスクってひとつじゃないんだよね。知ってる?」

 

 

・・・・うーん、全くわかりましぇん。とまた無言の私。

 

 

「それはパソコンのデスクトップ!こんなにアイコンびっちりだと頭の中ごちゃごちゃにならない?まずは脳みそをデリートしてリフレッシュしてみたら」

 

 

・・・・ガラガラガラ(私の概念が崩れる音)

 

 

スッキリしたデスクで仕事すると仕事がはかどりますよね。

 

 

パソコンのデスクトップは第二のデスクです。ファイルの整理整頓は作業効率アップに効果的です。私はイケメン先輩の言葉をまたもや真摯に受け止め、私のデスクトップクリーン大作戦も始まったのでした。

 

 

ショートカットキー

機能

Shift +  Delete

ファイルを完全に消去

Alt + Tab

ウィンドウの切り替え

 

Shift +  Delete ファイルを完全に消去

Deleteだけではファイルを削除したことになっていないって知ってました?実はゴミ箱フォルダに移動しただけなんです。大量のゴミは環境問題の元凶です。不要なファイルは完全に消去して、パソコンの環境改善に努めましょう。動作の遅いパソコンを使ってイライラしていると時間短縮どころか寿命短縮になってしまいますよ。

 

Alt + Tab  ウィンドウの切り替え

たくさんウィンドウを開いていていると、「あのウィンドウはどこだー」ということになります。こんな時にこれを使うと順番にウィンドウを表示してくれるので便利です。

 

 

 

 

まとめ

 

「もう仕事を辞めようかな・・・」と思うほど追い詰められていたどん底の日々。

 

僕は面識もないのにイケメン先輩に突然話しかけ、相談し、言われたことを信じ、毎日ショートカットキーを徹底し続けました。

 

本当に地味~な作業です。

 

 

まわりからも当然「そのショートカットキーの素早さヤバいスキルだよね!」なんて言われるはずもなく、全く仕事に対する評価には直結しません。

 

 

油性マジックまみれの手を見られては、会社の人や取引先のお客様に二度見をされたり、ぷっと笑われることも何度もありました。

 

 

ですが僕は毎日毎日行ったのです。何としてもこの状況から少しでも抜け出したくて。

 

 

しばらく月日が経った頃のことです。

 

 

自分でもびっくりすることが起こったのです。

 

 

部長に企画書を提出したときのことでした。

 

 

「お、もうできたのか。最近仕事が早くなったな。わかった。中身を見とく」

 

 

そうなんです。常に時短を来る日も来る日も意識して取り組むことによって、僕は知らぬ間に仕事が以前よりも要領よくこなせるようになっていたのです。

 

 

自分の席に戻る途中、イケメン先輩の方を振り返り見ると、

 

 

イケメン先輩は僕に向かって、いつものようにニコニコしながらピースサイン。

 

 

実は、この先ほどトイレでたまたま会った時にイケメン先輩に、「先輩、今から僕が前から考えていた大事な企画書を上司に提出するんです。また出すのが遅いって怒られるかもしれません。」と神経質になっている僕を励ましてくれていたのです。

 

 

「先輩ありがとうございました。やっぱり、先輩は僕のクワイ=ガン・ジン(オビ=ワン・ケノービのマスター(師匠))です。ダースベイダーにして本当に申し訳ありませんでした。」と心の中で感謝と懺悔の想いでごちゃ混ぜになりながら、席に着いた時に思わず嬉しくて泣きそうになったことは今でもよく覚えています。

 

 

 

 

その日の帰りがけ、僕はお気に入りの焼き鳥をイケメン先輩に奢りました。

 

 

このように、ちょっとした工夫でデキる人との差を縮めることはできます。

 

 

「Ctrl+」であなたの人生の貴重な時間をコントロールしてみませんか?

 

 

 

P.S

 

 

そこから、僕はこの坂口健太郎似の塩顔系イケメン先輩と少しだけ親しくさせてもらっています。

 

あれからしばらく経ち、それでも僕は相変わらず仕事にアップアップしていることも多々あります。

 

心が折れそうになると、イケメン先輩はいつも絶妙のタイミングでそっと近寄り、さりげなくアドバイスをくれる心優しい方です。本当になんであそこまで心配り目配りができるのか僕には信じられません。

 

その度に僕は・・・

 

「あ〜、僕もいつか先輩のようになりたい。」と思ってしまいます。

 

そして、

 

「これから僕と同じように悩んでいる後輩がいたら少しでも力になってあげたい・・」

 

と心に誓うのでした。

 

 

そんなある日のこと。

 

 

いつものようにさりげなくイケメン先輩は僕に近づいてきて・・・・。

 

 

さりげなく僕に言ったアドバイスが、まさか僕の人生を変えるようなきっかけになるとは・・・。

 

 

先輩のその言葉が、僕にとって光輝く魔法の言葉だったのです。

 

 

その時の様子はこちらでご紹介していますので、良かったらどうぞ。

 

 

 

 

僕のどうでもいい「ドラマちっくでない日記」をここまで読んで下さり、ありがとうございました<(_ _)>

 

本当に感謝です。今後ともこのサイトを宜しくお願いします。

 

 

>> ドラマちっくでない僕の日記 <<

 

>> TOPに戻る <<

 

 

 

徹底比較!おすすめしたい動画配信サービス【厳選!】

【おすすめのポイント!】

1.圧倒的な品揃え!

.人気ドラマが充実

3.最新ドラマの配信がスピーディー

4.無料お試しキャンペーン展開中!

 

 

FOD ★★★★

 

①月額888円でフジテレビの名作ドラマが見放題
映画やアニメ、雑誌、マンガも楽しめる
③電子書籍はポイント20%還元
毎月1,300ポイントがゲットできる
初回1か月無料

 

U-NEXT ★★★★☆

 

9万本以上の動画が見放題
②毎月1,200ポイントもらえる(1pt=1円)
③無料でアカウントが4つ使える
④スマホやタブレットにダウンロードできる
31日間無料体験ができる

 

Hulu ★★★☆☆

 

①月額933円で利用できる
②すべての作品が見放題
③スマホやタブレットにダウンロードできる
テレビでも観れる
2週間無料体験ができる

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です