【dTV③】ミツバチのイラストがかわいいけど元サービスの「BeeTV]って何よ?

 

引用:Googleplay BeeTV

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

だいぶ朝と夜が涼しくなってきたので体調を崩す方が増えてきそうですね。。。

 

僕は未だにエアコンを付けっぱなしで寝る癖があって微妙に身体が重い感じがします(涙)

 

今夜からは、ちゃんとエアコンタイマーかけて寝るようにします!

 

皆さんも体調管理だけはしっかりしてくださいね。

 

さて今回は動画配信サービスdTVで見れるタイトルの中にBeeTVという項目があるのを見たことがある方がいるのでは?

 

BeeTVはミツバチマークで知られているんですが、このミツバチマークって可愛いですよね~

 

そんなミツバチマークのBeeTVとはいったいどんな内容なのか詳しく今回は紹介していきたいと思います。

 

BeeTV(ビー ティーヴィー)とは?

 

 

2009年4月1日の記者会見では「ワンセグ放送局」と報道された事もあるんですが、放送法上の放送局ではなく、携帯電話のストリーミングを使ったオンデマンド型の動画配信サイトのことになるようなんですが、料金は以下の2つの組合せになっています。

月額見放題  540円(税込)

※2014年12月現在、2.3万タイトルが対象。全てが見られるわけではない。

個別課金  108円〜540円(税込)

当初は月額315円(税込)であったが、2011年11月18日には「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」(月額税別500円)の提供を開始し、2013年1月30日に「dビデオ powered by BeeTV」に改名。

引用:Wikipedia公式サイト

 

Bee TVの特徴とは?

 

 

「BeeTV」は携帯電話端末専用のオンデマンド式の動画配信サイトとしてスタートしたサービスです。

 

2012年12月からはクレジット決済ができるようになって同時にパソコンからの視聴も可能になりました。

 

同じ年には、他のキャリアのスマートフォンからも視聴できるようになり、あらかじめ配信されたコンテンツをダウンロードしておくことで、好きなときにいつでも視聴することが可能となったんですね~

 

こう考えるとスマートフォンって凄いですよね!

 

昔はガラケーしかなかった時代だったんですよね…そう考えるとほんと現代は凄いです。

 

僕はスマートフォンを使ってるんですけど、現在でもケータイ売り場に行くと見かけることがあるんですが、一体どれくらいの人がガラケーを使ってるんでしょうかね~?気になりますね(汗)

 

あれっ?!なんか話しがそれてました(笑)本題に戻り先程のお話の続きに戻りたいと思います。

 

BeeTVでは、電波が届かない場所でも視聴できたり、繰り返し再生したりすることもできるんですが、コンテンツを視聴するには会員登録が必要です。

 

「BeeTVとは?」に月額料金を載せていますが、登録料は月額315円で月額料を支払っていれば、配信されるコンテンツはすべて見放題となっていました。

 

配信されていたジャンルは以下になります。

アニメ

ドラマ

バラエティ

お笑い

PV映像

音楽番組

漫画

ニュース

などになります。

 

315円でこれだけ見れれば十分ですよね♪

 

dTVに配信されているBee TV作品とは?

引用:dTV公式サイト

 

映画・ドラマなど

・悪の教典-序章-

・BE-BOP HIGHSCHOOL

・しってはいけない怖い話

・がんばれ! エガちゃんピン

・キミの記憶をボクにください~ピグマリオンの恋~ 他24作品

 

音楽

・BeeTVドラマ「L et M 私があなたを愛する理由、そのほかの物語」special ver.(音楽:東方神起 『One More Thing』)
東方神起

・PROUD(BeeTV Special ver.)
東方神起

・目を閉じてギラギラ ~一発逆転!?借金人生~(BeeTV Special ver)
哀川 翔 他3作品

 

BeeTVは本数が少ないですが気分転換にはいいかもしれませんね♪

 

BeeTVから「dTV」に変更!

 

 

報道で発表された内容がこちらになります。

 

<2015年4月2日>
株式会社NTTドコモ
エイベックス通信放送株式会社

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とエイベックス通信放送株式会社(以下、エイベックス通信)は、エイベックス通信が運営し、ドコモがdマーケット®で提供する定額制動画配信サービス「dビデオ® powered by BeeTV®(以下、dビデオ)」について、2015年4月22日(水曜)よりユーザーインターフェースを刷新し、コンテンツを強化するとともに、サービスブランドを「dTVTM(ディーティービー)」に変更いたします。

「dTV」は、国内外の映画やドラマ、BeeTVの番組など、約120,000作品を月額500円(税抜)で視聴できるサービスです。

今回、スマートフォンで「dTV」をご覧いただく際、テレビのようにチャンネルを切り替えることができる新しいユーザーインターフェースに変更するとともに、予告編の自動再生機能や視聴履歴からオススメ作品をレコメンドする機能を追加いたします。

ブランド変更に合わせて、ご自宅のテレビで簡単に「dTV」を視聴いただける専用アダプター「dTVターミナル」も発売いたします。

また、実写版映画と連動したオリジナル作品の配信や、映画・ドラマの先行配信や独占配信、アーティストのライブ映像配信など、コンテンツも強化いたします。

ドコモとエイベックス通信は今後も「dTV」のさらなる充実を図り、お客様の生活が便利で快適になるよう取り組んでまいります。

引用:NTT DoCoMo公式サイト

 

というコメントを出したようです!

 

BeeTVコンテンツは、dTVになってもdTVに入会すれば見放題プランでBeeTVを視聴することができますよ♪

 

dTVは初回31日間無料視聴を実施中!

 

引用:dTV公式サイト

 

初めてdTVを利用する場合、31日間の無料体験ができるんですよ!

 

しかも、31日間以内に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

なお、毎月1日が自動更新日(料金発生)なので、月初の契約がお得となっています。

 

詳しくはこちらをクリックしてみてくださいね↓

 ↓ 今すぐ無料お試しはこちら ↓

 

まとめ

 

今回はdTVになる前の「BeeTV」について紹介してきました。

 

最初の頃は1ヶ月315円(税込)とかなり安かったんですね~

 

しかもdTVに変わっても、変わらぬ安さなのでこの先人気が出てきそうですよ!

 

BeeTVのコンテンツでは、そこまで作品が多くないんですが、音楽コンテンツに関しては「BeeTV special Ver」となっているので1度は聴いてみたいですね。

 

気分を変えたい時にはBeeTVの作品が気分転換になりそうです♪

 

そんな“dTV”の詳しい情報についてはこちらの記事にも記載してあるのでお時間ある方は見ていってくださいね。

 

【dTV④】ドラマ好きな僕が動画配信サービス「dTV」を調べてみました

2018年7月27日

【dTV①】気になる内容や料金はいくらかかるの?初心者向けにやさしく解説!

2018年9月2日

【dTV②】会員になって分かるメリットとデメリットからおすすめユーザーを提案

2018年9月4日

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

TOPに戻る

 

 

 

徹底比較!おすすめしたい動画配信サービス【厳選!】

【おすすめのポイント!】

1.圧倒的な品揃え!

.人気ドラマが充実

3.最新ドラマの配信がスピーディー

4.無料お試しキャンペーン展開中!

 

 

FOD ★★★★

 

①月額888円でフジテレビの名作ドラマが見放題
映画やアニメ、雑誌、マンガも楽しめる
③電子書籍はポイント20%還元
毎月1,300ポイントがゲットできる
初回1か月無料

 

U-NEXT ★★★★☆

 

9万本以上の動画が見放題
②毎月1,200ポイントもらえる(1pt=1円)
③無料でアカウントが4つ使える
④スマホやタブレットにダウンロードできる
31日間無料体験ができる

 

Hulu ★★★☆☆

 

①月額933円で利用できる
②すべての作品が見放題
③スマホやタブレットにダウンロードできる
テレビでも観れる
2週間無料体験ができる

 

「最近なんかつまらないなぁ。ワクワクしてないかも。」と思った読者様だとしたら、VODを試す価値あると思います!

なぜかって言うと、かつてそう思っていた僕はVODを始めたその日から劇的に楽しい毎日に変われたからです。

あらゆる最新の動画や雑誌がわずか数百円で見放題だからです。これは僕の中で革命でした。

僕がVODで人生が劇的に変わった日

それからというもの、この素晴らしいサービスに魅了された僕はいろんなVODを徹底的に調べ、使ってみました。その結果、今はこの3つをおススメしています。サービスがそれぞれ違うので読者様にとってどれが合っているか見てみてください!きっとこの中からだと必ず魅力的なものが見つかると思います♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です