【人気俳優】坂口健太郎ドラマ【シグナル】に使われていた無線機のメーカーや無線機を徹底解説

 

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

さて今回は2018年4月10日の21時から放送開始されていたドラマ「シグナル-長期未解決事件捜査班-」無線機について詳しく紹介していきたいと思います!

 

ドラマの内容としては、1人の刑事が無線機を通じて現在と過去が繋がり、過去と現在の刑事が協力し合って長期未解決事件を解決するストーリーになっています!

 

「シグナル」は韓国で大ヒットしたドラマを日本版にリメイクされたドラマで、韓国で放送が終了した際には「シグナルロス」という現象に陥ったようですよ!

 

それでは本題に入っていきましょう。

 

ドラマシグナルで使っていた無線機はどこのメーカー?

 

引用:Twitter公式サイト

 

ドラマ中に登場する過去と繋がる無線機は、1982年に販売開始されたアイコムが製造する430MHz帯ハンディ機「IC-3N」を改造したアマチュア無線だったようです!

 

ドラマ中では15年の時を超えて無線機で会話していますが、この無線機は1982年に販売がスタートしているので今から36年前のものになるようですね。

 

アイコムが製造する430MHz帯ハンディ機「IC-3N」とは?

 

引用:twitter

 

「IC-3N」は、1980年代に発売されており、構造的にかなりシンプルに作られているため故障することが滅多になく業務用としてかなり重宝されていたようです!

 

トータル出荷数はなんと!200万台を突破しており、大ヒットした商品とも言えそうですね〜

 

この「IC-3N」が大ヒットしたきっかけでアイコム社の名前は一気に世間に広まったようです!

 

アイコム社は日本の無線機メーカーになるんですが、レジャー用無線機や業務用無線機の分野ではトップメーカーになっているんですよ。

 

現在では「IC-3N」の商品は中古でしか手に入らない商品となっています。

 

スポンサーリンク

 

国内向け業務用無線機!人気順に紹介

 

特に有名なメーカーがいくつかあるんですが、今回は人気がある三社を紹介したいと思います!

 

アイコム

 

日本が誇る無線専門メーカーで、アマチュア無線機からスタートした後、業務用無線業界に参入し、なんと!業務用無線機シェア世界3位になったようなんですね〜

 

最近ではさらに派生して、ネットワーク機器なども製造しているようです。

 

アイコムの商品では、IP無線機「IP-500H」や無線LANトランシーバー「IP-100H」などの機種はかなり評判が良かったようで「ピュアな無線機メーカー」という印象がありようで、ユーザー様から見て操作性が良く使い易い製品が多いみたいですよ!

 

KENWOOD

 

誰でも聞いたことがある「KENWOOD」

 

現在は「ビクター」と合て合併して「JVCケンウッド」になっています。通話音質についての評価がかなり高いですね!

 

実際使い比べてた方の意見を見ると、一番クリアに聞こえる!という意見がかなり多かったですね。その他には、デザインなども格好良い商品が多く取り揃えてあるみたいですよ。

 

八重洲無線(STANDARD)

 

八重洲無線は、合併や買収が結構多くあり、アマチュア無線で古くから上記2社とやりあってた、とても歴史のあるメーカーのようです!

 

現在では「モトローラ」ブランドも販売しているみたいですね。機械としては値段のわりに高スペックで頑丈な製品を作っている印象が強いです!

 

無線機をレンタルすると、だいたいこの3社のどこかの商品が届くみたいですよ〜また、ネット通販の売れ筋機種も、ほぼ上記メーカーの製品になるようですね。

 

国産無線機が流通しだしたのはいつ頃なのか?!

 

 

約1952年頃にアマチュア無線が再開されたんですが当時はまだ「真空管」が主流の時代だったようです!

 

なので、当時はまだテレビの放送が開始されていなかったので、ラジオはAMのみだったようなんですね!一般用のアンテナやリグといった機材を発売するメーカーは存在していなかったようなので、アマチュア無線を始めるには自分自身で回路図やパーツを集めて組み立てていくしかなかったようです。

 

組み立てると言っても部品などは、そこらへんのお店で売っているわけではなかったので、軍用の放出品のジャンク品から取り外して作るというのが一般的だったようなんですね!

 

それから、40年代に入るとエレクトロニクスの時代に入り、ラジオ技術は発展期に入りますが、一般的だった真空管に変わるパーツである「トランジスタ」が登場しました。

 

その商品は、SONYから発売された世界初のトランジスタ型ラジオ「TR-55」だったんですが、一般的にトランジスタが手に入るようになったのは、数年後のことになるようです。

 

当初は性能が低く、音響機器の用途には向いていたんですが通信機の高周波に対しては使い物にならないとされていたんですね。

 

そして、この商品を愛好家の間でどうにかして使い物に出来るようにしようと試行を何度も何度も繰り返し最終的には成功したようです!

 

この頃はメーカー同士が競い合って、アマチュア無線用のデバイスを次々に市場に投入していて技術資料なども容易に手に入れることが出来ていたようなんですね〜

 

この背景によって、メーカーが民生用機器の開発で作られた技術は、業務用の本格的な機器作りにおいて役立ったとされていました。

 

スポンサーリンク

 

ついにポータブル機が登場!

 

昭和41年頃あたりになるとSSB通信も本格化して受信機・送信機が各社から売り出されるようになりました。

 

国内需要はまだと見て、もっぱら輸出に精を出し海外でその名を高めたようですよ。

 

八重洲無線では、セパレートタイプの小出力機FL-50型送信機を販売した数ヶ月後にはFR-50型受信機の普及型を発表後、トリオからTS-500が発表されました。

 

その後、太陽黒点指数が上昇に伴って、各社から50MHzの送信機や受信機が発売されるようになったみたいです。

 

波数の単位も、それまでのサイクル(kc・Mc)から現在使用しているヘルツ(kHz・MHz)に変わり始めたようなんですね〜

 

まとめ

 

無線機の歴史ってほんと凄いんですね!!

 

読者様の知らなかったメーカーの名前やリグなども沢山出てきたと思うんですが、幾つぐらいご存じだったでしょうか?

 

僕はKENWOODしか知らなかったです(汗)

 

無線機に触れる機会があれば使ってみたいですね!

 

そんな無線機を通じて未解決事件を解決していくドラマ「シグナル」について詳しく紹介しているので良かったら覗いていってくださいね。

 

【人気俳優】坂口健太郎ドラマ【シグナル】見逃し配信を今すぐ無料視聴!あらすじやキャストの紹介

2018年7月23日

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。感謝感謝。

 

 

ユイト
ドラマ好きな僕は動画配信サービスの凄さを知って頂きたくて、初心者の方でも分かりやすくまとめてみました。もし時間があれば読んでみてくださいね~

 

 

【VOD初心者】「そもそもVODとは何!?横文字で分からない~」の疑問を解決!

2018年8月4日

【FOD評判③】ドラマ好きな僕が動画配信「FOD」を調べてみました

2018年5月18日

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です