山田孝之菅田将暉「dele」狂宴!注目の2018夏ドラマの気になるあらすじも

 

こんにちは!ユイトです。

 

6月に入り、ドラマ界では既に夏ドラマの告知が続々と発表されていますね。

 

もうすぐ梅雨時期に突入するので、気分は憂鬱になりがちですが、どうやらそんな気分も吹っ飛ばすスタイリッシュドラマが始まりそうですよ・・。

 

このイントロをとりあえず聞いて下さい。ゾクっとしますから。

 

 

本田孝好さんのオリジナル原案と脚本、そして話題のイケメンW主演

 

 

夏ドラマの中でも最も注目されているのが、山田孝之と菅田将暉の2人がW主演の「dele」です。

                   

もう、この2人が主演というだけで、お腹いっぱいな感じですが・・・(笑)

 

原作なしのオリジナル作品となっており、原案と脚本家に小説「ストレイヤーズ・クロニクル」の本多孝好さんや、ドラマ「SP」や「BORDER」シリーズの金城一紀さんをはじめ。

 

瀧本智行さん、青島武さん、渡辺雄介さん、徳永富彦さんと豪華な顔ぶれとなっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

山田孝之×菅田将暉狂宴開始!気になるあらすじは・・・

 

 

ドラマタイトルである「dele」ですが、校正用語で「削除」を意味します。

 

故人のパソコンに残されたデータをデジタル遺品と言いますが、そのまま残っていると不都合が生じる場合そのデータを内密に抹消する作業を行うのが山田孝之さんとなっています。

 

そして、下半身麻痺で車いす生活を送っている山田さんに替わって外回りや裏のお仕事を請け負っているのが菅田将暉さんです。

 

 

この菅田さんもまた想像を絶する過去を秘めているそうなのですが、物語が進んでいくごとにきっとこの話も明るみになってくるんだと思います。

 

 

この2人がデジタル遺品を抹消する中で、データの中にある隠された真相や様々な問題に巻き込まれていく様子が描かれたドラマになります。

 

 

「生と死」「記憶と記録」をめぐる連作ミステリー。

 

 

かっこいいフレーズですね~。

 

ん~なんだかめっちゃこのドラマ面白そうです。

 

きっと観ればたちまちドハマりし、僕の記憶はdeleteされずいつまでも脳内に刻まれ続けることでしょう!

 

deleのテーマ「デジタル遺産」の意味

 

 

故人がデジタル機器やインターネット上に残した様々な情報のことを言います。

 

具体的に言うとパソコン、スマホなどに保存したままの写真、動画、文章など。

 

インターネットバンキングの口座や株券、ほかにSNSやブログの記事なども含まれます。

 

適切な扱いがわからないまま、ハードディスクのデータを消去せずに売却したりすると、思いもよらないトラブルが飛び込んでくるなど、放っておくと高いリスクを負う遺産のことを言うみたいですね!

 

それをインターネットを駆使し未然に消去することで問題を解決しようっていうのがこのドラマのスリル満点のオモシロイところなんです。

 

 

デジタルな世界での駆け引き

 

 

そう言えば、世の中は今、クラッカーの脅威に襲われています。

 

そして、それに対抗するホワイトハッカーが表舞台に最近現れてきましたよね。

 

 

「dele」の仕事って・・・

 

本当に未来の仕事になるのかもね・・・。

 

 

紙媒体での保存とデータ保存のメリット、デメリット

 

 

昔は何でも紙媒体で保存していましたが、現代ではほとんどをデータで保存しています。

 

紙だと置き場所に困るし無くしてしまう、といったデメリットもありましたが、データになっても置き場所に困ることは無くなっても、保存した場所を忘れたり誤って消去してしまったりと紙であってもデータであってもメリット、デメリットはそれぞれあります。

 

その中でも「不要なデータを消去出来ない」という問題をこのドラマで取り上げています。

 

人が亡くなると、昔は個人の記録したもの(紙媒体)を全て消去すれば終わりだったことが、現代ではデータ管理になっているので消去するのも大変です。

 

素人が消去したところで完全には消去できないだろうし消したつもりが消えていなくて漏洩事件につながったりすることもよく聞きますよね?!

 

そんなときのためのお仕事なのかと思います。

 

 

とても現代的な問題を提示しているドラマだと思いました。

 

 

僕自身も「デジタル遺品」という言葉自体初めて耳にしました。

 

亡くなった方の最期に残したデータということは、その人の人生そのものなのではないでしょうか。そのデータを抹消するということは並大抵の覚悟では出来ませんね。

 

でもその役を山田孝之さんがするんです。とてもはまり役ですね!

 

 

ドラマ公開までにこんな裏話が・・・

 

 

W主演の山田孝之さんと菅田将暉さんですが、今年4月に共同で開設したツイッターで「山田菅田、なんかやるみたいよ!!」とつぶやいていたようで、ファンからも前々から注目されていた作品だったようです。

 

今年の4月から開設されたTwitter「菅田山田」がツイート数10万人超え、Instagram「菅田山田」がフォロワー8万人超えだとか・・・。

 

さすがですね!でも、実はこのドラマのための開設だったみたいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

僕がもし突然亡くなったら、僕の遺品は誰に整理してもらうんだろうかと考えたことがありました。

 

いえね、やっぱり他人見られて恥ずかしいものもあるじゃないですか(笑)

 

でも、それも専門的に整理してくれる業者が存在するんですね。

 

そんなことも今回初めて知りました。

 

このドラマを見て、僕の人生について考えさせられそうです。

 

「dele」公開がすごく待ち遠しいですね!

 

7月よりテレビ朝日系にて、金曜夜11時から放送予定となります。

 

もう主演の2人を見るだけでも価値があるようなドラマになりそうですが、是非一度ご覧ください。

 

 

ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

 

ユイト
最後に、ドラマ好きな僕はdeleが無料で視聴できるU-NEXTの魅力を読者様にぜひお伝えしたいと思っているので、もし良かったら以下の記事も読んでみてくださいね~。めちゃくちゃ熱いですよ!

 

 

 

良かったらこちらもどうぞ。クリックしたらぶっ飛びます。

 

 

 

 

 

 

 

徹底比較!おすすめしたい動画配信サービス【厳選!】

【おすすめのポイント!】

1.圧倒的な品揃え!

.人気ドラマが充実

3.最新ドラマの配信がスピーディー

4.無料お試しキャンペーン展開中!

 

 

FOD ★★★★

 

①月額888円でフジテレビの名作ドラマが見放題
映画やアニメ、雑誌、マンガも楽しめる
③電子書籍はポイント20%還元
毎月1,300ポイントがゲットできる
初回1か月無料

 

U-NEXT ★★★★☆

 

9万本以上の動画が見放題
②毎月1,200ポイントもらえる(1pt=1円)
③無料でアカウントが4つ使える
④スマホやタブレットにダウンロードできる
31日間無料体験ができる

 

Hulu ★★★☆☆

 

①月額933円で利用できる
②すべての作品が見放題
③スマホやタブレットにダウンロードできる
テレビでも観れる
2週間無料体験ができる

 

「最近なんかつまらないなぁ。ワクワクしてないかも。」と思った読者様だとしたら、VODを試す価値あると思います!

なぜかって言うと、かつてそう思っていた僕はVODを始めたその日から劇的に楽しい毎日に変われたからです。

あらゆる最新の動画や雑誌がわずか数百円で見放題だからです。これは僕の中で革命でした。

僕がVODで人生が劇的に変わった日

それからというもの、この素晴らしいサービスに魅了された僕はいろんなVODを徹底的に調べ、使ってみました。その結果、今はこの3つをおススメしています。サービスがそれぞれ違うので読者様にとってどれが合っているか見てみてください!きっとこの中からだと必ず魅力的なものが見つかると思います♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です