篠原涼子「民衆の敵」